このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

遺産争族
 家族モノ・ホームドラマ

遺産争族 あらすじと感想 第1話 いや~面白かった!

向井理さん主演の【遺産争族】を恐る恐る覗いてみました


タイトルからしてものすご~くドロドロしたドラマじゃないかと心配し遺産争族が面白かった( *´艸`)、もしそうだったら即止めようと思っていたのですけれど、いや~これが実に面白くて、この感想を書くにあたって「コメディに分類しようかどうしようかと真剣に悩んでしまったほどです遺産争族のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


最近は、せっかくのキャスティングがもったいない~と思われるドラマが多い中、これは見事に当たりましたね。あの俳優陣だからこそのこの可笑しさでしょう。もちろん脚本(井上由美子氏)も良いのでしょうが


またどうやら「まことにご愁傷さまが決まり文句らしいナレーションを担当している高畑淳子さんが実におどろ可笑しくて楽しめまする


役者目当てで一応覗いてみようとは思っていたけど、こ~んなに面白いとはまったく期待していませんでした。日本の(一応)ホームドラマで、ここまでゲラゲラ笑えそうなのは久しくなかったかもしれません。今から続きがものすごぉ~く楽しみです


以下、そんな実に面白くなりそうな「遺産争族」の簡単ネタバレあらすじを、これまた実に個性豊かな登場人物の紹介をメインにあっさりまとめさせていただきまする遺産争族の登場人物とキャストも紹介します♪


まず、主人公の佐藤育生(向井理)は大学病院勤務の研修医で、年収はまだ340万円プラス当直代だそう。育生は母の華子(岸本加世子)に女手一つで育てられました。育生の父、(光石研)は、育生が幼い頃、借金を作った挙句、母に暴力を振るって家を出ていったそうです。育生はその時、金がないにもかかわらず、母を治療してくれた医師に憧れて、自分も医師になったのだとか


そんな育生ですから、今でもまだ、貧しく恵まれない人々の役に立ちたいという理想を決して忘れていません。いずれは海外で(たぶん国境なき医師団の一員として)働きたいという夢を持っていたようです


その育生がある時患者の家族=河村 楓(榮倉奈々)と恋に落ちました。楓はバツイチで、有名な葬儀屋=カワムラメモリアル社長、河村恒三(岸部一徳)の一人娘で、もう二度と結婚などしないと懲りていたのに、育生と出会って心底から温かい家庭を築きたいと考えたそうです。今は乗馬クラブでインストラクターをしていたようです。


そしてこの河村一家がまた実に可笑しかったのですよね~。いや、設定は

「まれに見る欲深家族

らしいのですけど、皆がその欲望を心の中にひた隠し?表面上は笑顔を浮かべている様が、決しておどろおどろしくなくて、実に滑稽なのでござる


その代表が、河村家の首領(ドン)で、育生の患者だった龍太郎(伊東四朗)でした


龍太郎は本来糖尿病で育生の勤務する入院していたのですが、治療が終わって退院が決まった嬉しさのあまり、部下でコバンザメの吉沢貴志(渡辺いっけい)に「大福」の差し入れを命じたところ、実にうまそうに頬張っていた現場を看護師に見つかりそうになって慌てたショックで、一過性の頻脈性心房細動が生じ、あわや脳梗塞を起こしかけたのを、当直の育生に助けてもらったそうです。


長女=陽子(余貴美子)の夫で入婿の恒三には厳しくても、孫の楓には甘い龍太郎ですから、楓から育生を紹介されると、即、育生が気に入ったようで、あくまでも秘密裏に

「遺言状を書き換える」

と言いだしました。龍太郎は妻が亡くなった時点で遺言書を書き、自分の部屋の奥にこれまたひっそりと隠されていた古色蒼然とした金庫に、山のような札束とともに閉まっていたようなのですが、そこに育生も相続人として書き加えるつもりのようなのです


その龍太郎に命じられて吉沢が手配した新しい弁護士の金沢利子(真飛聖)の自己紹介にも大笑いでした。山で利子が付くと読むそうですよん


龍太郎には他にふたりの娘がいます。若くして未亡人となり、その後はカワムラメモリアルで常務として働いている矢幡月子(室井滋)と、まだ独身らしいその妹の河村凛子(板谷由夏)です。月子には、やはりカワムラメモリアルで働いているらしい正春(鈴木浩介)という息子がいます。どうやら正春は楓が好きだったようですね?


もちろん、この「叔母」たちは楓の結婚が自分たちの遺産を減らすことになろうなどとはまだ考えていないようです。そもそも、これまで(いうほど)金の苦労をしてこなかったため、龍太郎の遺産について考えたのも、今回の大福騒ぎで龍太郎が重体に陥った時が初めてだったようです。凛子がざっと試算したところによると、遺産の額は少なく見積もっても10億、相続税を差し引いてもひとり頭約2億になる計算だとか


ただひとり、一人娘の楓の「再婚」に猛反対だったのは、実はかなりのケチらしい父の恒三でしたが、これを邪魔するために付けた条件

医者を辞めて河村家の婿に入る

を、育生が後者の半分だけ承諾したことで(医者は辞めない)、その目論見は外れてしまいます。育生の母で、保険外交員の華子は、手塩にかけて育てた育生を手放したくなかったようですが、育生は育生なりの考えがあって入婿になると決めたのだとか


どうやら来週はその「考え」が大きな波紋を呼ぶようです。果たして育生は何を企んでいるのでしょうか?それに対し、あのうるさい叔母さまたちはどう対抗してくるのでしょうか?たとえ婿に出したとはいえ、華子もまだまだ黙っていなさそうです遺産争族が面白い(*^^)v


顔合わせの席で、恒三の無礼な申し出に怒った華子が、テーブルにあったパンを「20年前のブランド」らしいバッグに入れて持ち帰ったのには驚きました。でも、あれぐらいの根性がないと、女手一つで息子を医大になど入れられませんものね


「よく言えば非常に人間臭い、悪く言うなら背筋が凍るほど欲深い一族の婿」

になった育生は果たして本当に

「争う家族=争族の森に投げ込まれた子羊

なのでしょうか?育生の思惑はいかに?


遺産争族」は今後の展開がとっても楽しみでござりまする


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は遺産争族のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

ドラマ、みました。
なんか面白そうですよね。
婿入りした主人公がいい人なのか、曲者なのか、義理父との関係がどうなっていくのか楽しみです。
楽しみですね
ゆうきさん、

ブログをご利用いただきましてありがとうございます♪

「遺産争族」~続きもとっても楽しみですね(^^)/。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング