このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ぼんくら
 時代劇・歴史モノ

ぼんくら2 あらすじと感想 第1話 哀しき再会

ぼんくらのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ぼんくら あらすじと登場人物一覧


宮部みゆき氏原作、岸谷五朗さん主演の木曜時代劇【ぼんくら2】が始まりました


シーズン1に引き続き、相変わらず、否ますます?ぼんくらな平四郎や、こちらはますます賢く育った弓之助におでこ、うへえが口癖の小平次に、シッカリ者の志乃、と懐かしい面々に会えてとっても楽しかったです


また内容の方も、さすがに「ぼんくら2はミステリー色が濃くなったと番宣されていただけあって、おばさん好みの展開になりそうだったのも楽しみです。シーズン1では正直なところ何度か肩透かしを食らってしまったので~でもそれを上回る人情劇が楽しかったのですが、その点も充実してくれたらもう何も言うことはありませぬ


で、そのミステリー部分はしょっぱなから驚きの展開が待っていました。なんとなんと、佐吉の産みの母=(小西真奈美)が何者かに殺されたというのです!?以下、簡単なネタバレのあらすじですぼんくら2のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ある日、懐かしい佐吉が平四郎を訪ねてきました。佐吉はあの後、お恵(村川絵梨)という女性と所帯を持っていたようです。以前登場した「おみつ」でなかったのにはホッとしました。佐吉は、自分とお恵の仲を取り持ってくれた、これまた賢く粋なカラスの官九郎が、ついに死んだことを知らせに来たのだそうです


それでは官九郎の墓参りを、と後日、弓之助がおでこを誘って佐吉の家を訪れて、これまた相変わらずな長助とも旧交を温めていたところに驚きの一報がもたらされます。なんと佐吉が人殺しのかどで捕まったというのです!?


それもその相手は、幼い頃に佐吉を捨てて男と出奔したと言われていた葵だったというから驚きです(シーズン1では佐藤江梨子さんでしたよね)。どうやら葵は、その後もずっと総右衛門に囲われていたらしいのですけど、それが今回、何者かに手拭いで絞殺されてしまったようです。


なぜかその現場に居合わせた佐吉が、まだ温かい(死んだばかりの)葵の側で腰を抜かすようにしていたため、葵のダンナの正体を知らず、ここ3年ほど葵の世話をしてきたという女中のお六(西尾まり)に下手人だと間違えられて、近くにいた下っ引きの杢太郎(丸川敬之)にふんじばられてしまったそうです


あいつは決して人を殺すような人間じゃない!


息せききって走ってきた弓之助から事情を聞いた平四郎は、早速かごを呼んで現場の芋洗坂に駆けつけますが、佐吉を捕まえた杢太郎は、八助親分(螢雪次朗)の命令だと言って、平四郎を佐吉に近づけてくれません。そこで平四郎が機転を利かせ、弓之助を、

佐吉の弟の弓太郎

と偽って、佐吉に心配するなと告げさせたのはなかなかでしたね。しかも弓之助は芝居が上手く、ちゃっかり湯冷ましまでもらって、それを、捕まってから飲まず食わずでいたらしい佐吉に飲ませてくれたのもグ~


一方の平四郎は八助が止めるのも聞かず、ずかずかと葵の家に上がり込み、葵に関して自分は誰よりも訳知りだと言って、カマをかけてはあれこれと聞きだしました。どうやら総右衛門は、葵をその屋敷に住まわせるにあたり、定町廻り同心である佐伯錠之助(嶋田久作)に金子を渡し、色々便宜を図ってもらっていたようです


その佐伯は今回、佐吉をどこにも逃がさず、この事は他言無用だとキツク口止めしていたようです。葵を殺した手ぬぐいは、佐吉の物ではなかったと百も承知しておきながら。とはいえ、葵に捨てられたことになっている佐吉には、一応、葵を殺す動機があると思われても致し方ありません。


~その葵が住んでいた屋敷は近所では有名な「化け物屋敷」で子供を取って食らう子盗り鬼が出るとの噂も気になるところです。これはまたここに皆を近づけぬための「嘘」でしょうか~


葵の訃報は当然湊屋にも届いていたようです。とりあえずは一報をと駆けつけたらしい政五郎は、湊屋のイケメン番頭=房吉から「お礼」を貰っていたようでした。この知らせを湊屋にもたらしたのは、他ならぬ久兵衛だったらしいのにも驚きです。久兵衛はことあるごとに葵の面倒を見ていたに違いありませんね。


平四郎が指摘した通り、総右衛門がもっと早く佐吉に真相を話して葵に会わせていたら、佐吉が下手人に間違われることなど無くて済んだでしょうに。どうやら佐吉が、妻のお恵のことも眼中に入らず、何やら悩んでいたらしいのは、この葵のことを知ったからだったのでしょうか


そのほかでは、鉄瓶長屋から幸兵衛長屋に移り、相変わらず煮物屋を続けていたお徳に、ライバルの「おかず屋」が出現していたそうなのですが、その女将が貯めこんだ小判を持って夜逃げしてしまったこと、弓之助の従姉にあたるおとよ(大森絢音)に縁談が持ち上がり、悩んでいたことも付け加えておきまする


特に前者は、女将が夜逃げしたことで残された小女たちを、面倒見の良いお徳が放っておけるはずはありませんから、その辺の展開も楽しくなりそうです


ぼんくら2」は相変わらず期待を裏切らない楽しいドラマになりそうですね。続きもとっても楽しみですぼんくら2も期待通り( *´艸`)


 
今度の原作は「日暮らし」だそうです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はぼんくらのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング