2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

オダギリジョーさん主演の【おかしの家】も見始めました。これがまた何とも素敵なドラマでしたね~。もう、胃袋ならぬ直感ですっかり気に入っちゃいましたおかしの家のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


全体的な雰囲気も、なんとな~く間延びしたような、でも実はシッカリ計算された間に展開される会話も、おばさんが大好きなジャンルなのですおかしの家がイイ雰囲気♪。1話30分と短いですし、この拙い文章力でどこまでこの魅力を語れるかははなはだ疑問ではありまするがとにかくイイ雰囲気のドラマだったことをお伝えしたくてこうして筆を執りました。これはもう、実際に見ていただくしか手はありませぬ


すっごく良かったから、とにかく見て!おかしの家が超おすすめっ!!

で終わってもいいぐらいです


でもさすがにそういう訳にも行かんので、一応簡単なあらすじと登場人物をまとめておきまする


主人公の桜井太郎(オダギリジョー)は、まだ小さい頃に両親亡き後育ててくれた祖父母の駄菓子屋=さくらやを手伝っています


両親を失った太郎が、部屋にあった古い時計が刻む秒針の音を聞いて、この上祖父母までいなくなったらどうしようと夜中に泣きじゃくっていると、

「時が進まぬように

時計に布をかぶせてくれた優しい祖父は数年前に亡くなったものの、その祖父が祖母の明子(八千草薫)がずっと守ってきた店を何とか残そうと太郎なりに頑張っていますが、何せ子どもが相手の店ですし、毎月3万円だという売り上げを伸ばすことはまったく期待できそうにありません


それで太郎は、夜8時には工事現場へアルバイトに出かけています。申し訳ないと思う一方、やはり孫の気持ちが嬉しくてならない明子は、いつもこれに合わせておにぎりを作って持たせているようでした


ごめんね。これぐらいしかできなくて。
やっぱりね、このお店は閉めた方がいいと思うのよ。太郎に無理をさせてまで続けるつもりはないから。
おじいちゃんが生きていたら同じことを言うと思うわ。


明子はそういうものの、その祖父が、時計の音が聞こえなくなればもう大丈夫(=時は進まず、誰も死なない)と言ったのに、やっぱり大丈夫じゃなくて、じいちゃんは死んでしまったのだから、と、太郎は今自分にできる精一杯の祖母孝行をせずにはいられません


「あの子は本当にイイ子なの


久しぶりに駄菓子屋にやってきた、太郎の幼馴染の木村礼子(尾野真千子)に明子はしみじみそう言いました。事情を聞いた礼子もまた感激したように太郎を見つめ、

あんたはホント、いいやつ、昔っからいいやつ

と繰り返しますが、これを聞いた太郎は、まずい、礼子はきっと俺に惚れてしまう、と心配します


それは、さくらやの裏庭にいつもたむろしているらしい太郎の仲間たちも同意見なのには大笑いです


おまえ、ホントのこと言った方がいいぞこの4人の会話もまた面白い( *´艸`)


そうアドバイスしたのは近くで銭湯を経営しているらしい島崎明(嶋田久作)です。なんと太郎のバイト代は、そのほぼ半分が風俗関係に消えていくのだそうです


礼子はきっと「無自覚的なる駆け引き」を仕掛けてくると語ったのは、脚本家志望の三枝弘樹(勝地涼)で、この予想は見事に当たってしまいます。シングルマザーだという礼子は息子の春馬を連れてやってきたのです。これには太郎の後輩らしい金田剛(前野朋哉)も心配そうでしたね


実際も礼子は太郎にかなり気があるようでしたが、シングルマザーはアイドル同様、恋愛は厳禁だと自分に言い聞かせていました。それでも、昔とちっとも変わらずに「エンガチョーを連発する太郎には、ちょっとだけ寄りかかりたくなってしまったのかもしれませんよねオノマチさんがまたイイ雰囲気だ~( *´艸`)


その後太郎は、大人になって「時計」は死とは無関係だと百も承知していながら、店を売ろう、自分ももう長くはないのだからとしきりに促す祖母の「時」を止めたくて、音のしない時計を買ってきたようですばあちゃん子の太郎が優しい。これを太郎は、自分が悩んだ時と同じ年頃の礼子の息子の春馬にくれてやると礼子に渡していました


これまた何とも言えないほのぼのとした雰囲気が漂っていますおかしの家が楽しみ( *´艸`)


次回はここに藤原竜也さんも加わるようです。また何とも面白い展開になりそうですね~。おかしの家は続きもとっても楽しみでござりまするキャスティングもばっちりです( `ー´)ノ



RCサクセション「空がまた暗くなる」~この歌がまたすごくいい

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.