このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

サムライせんせい
 歴史ファンタジー

サムライせんせい あらすじと感想 第1話 150年前の日本人に大注目

錦戸亮さん主演の金曜ナイトドラマ、【サムライせんせい】も始まりました。これでようやく(個人的に)今季スタート予定のドラマを全部見たことになりまする。この「サムライせんせい」も、予想通りなかなか面白そうでしたね


あらすじはとっても簡単です~一言でいうと、150年前、幕末、勤王派の志士として有名だった武市半平太が切腹を命じられたその直後、現代の日本にタイムスリップしてきた、というものです


最初半平太は、目に見えるものすべてが「異国の物」にしか見えず、大いに戸惑っていたようです。特に半平太はその「異国」に関するあらゆるものを日本に入れぬよう、排除する戦(尊王攘夷)の先頭に立っていた人物ですから尚更でしょう。


黒く光る車は「漆塗り」であり、焼きそばが黒いのは鍋が泥だらけだから、という解釈には大笑いでしたね


それでも、唯一半平太の言い分を信じ、温かく迎え入れてくれた佐伯真人(森本レオ)から、今自分がいるのは150年後の日本だったと聞かされた後は、車が「国産」だと聞かされれば、日本でもこのような利器が生まれたのか、とそこは素直に感激していたようです。焼きそばは、論より証拠で、実際に食してその絶妙な旨さに感動しきりだったようです


と、本人は何とか適応できても、周りは当然~佐伯以外は~半平太の言うことなどまったく信じてはくれません。佐伯以外でまともに話を聞いてくれたのは、佐伯が自宅で開いている塾に学びに来ていた子供たちだけです。佐伯は

子どもは昔も今も変わりません

と、武市に子供たちを預けて出かけてしまいます。


何でも理詰めで考えようとする大人と違い、ごく自然に半平太を受け入れた子供たちの中で、ふたりだけ、勉強をせずにスマホでゲームに夢中になっている子たちがいました。当然、潔癖で実直な半平太がこんな「怠け者」を許せるはずもなく、ふたりはその場を出ていくよう命じられてしまいます。


驚くどころか、むしろ喜んで出ていった子供たちはその後「秘密基地」へ行くのですが、そこでバッタリ、殺人容疑で指名手配されいてた橋本(渋谷謙人)に見つかり、捕まってしまいます


子どもが戻ってこないことに気づいた親が騒ぎ出し、素性の分からない半平太に子供を預けた佐伯が責められるのを見た半平太は、見ず知らずの自分にかけてくれた佐伯の恩義に報いるため、必ずや子供たちを見つけ出す、と誓います。半平太は「コンビニ」で、殺気を放つ橋本に会っていたから尚更です。


今のところ、ストーリー自体はそれほど目新しくはないのですけど150年前の日本人、しかもバリバリの尊王攘夷派だった武市半平太が今の日本を見たらどんな風に感じるのか、を想像するのが楽しくなっていきそうです。特に半平太は、今の日本人が失ってしまった大切な物~昔の日本人なら誰もが持っていた美徳を思い出させてくれそうです礼儀や義理人情ですな


現に半平太は、現代に生きる若者たちを見て、

自分が150年前に命を懸けて守ろうとした日本の将来=体たらく

に愕然としていたようでした。こんな腑抜けを作るために、俺たちは命懸けで戦っていたのか!?


よく言えば一本気ですが、悪く言うと融通の利かなそうな半平太が果たしてこの時代に生きていけるのだろうか、と疑問ではありますが、それを救ってくれるのが「子どもたち」なのでしょう


また、この半平太以外にも現代にタイムスリップした人物がいるようです。それがおそらく坂本龍馬(神木隆之介)のようでしたね。こちらは、さすがに融通が利きすぎる性格そのまま、既に思い切り現代社会に順応していたようなのも笑えます


ここでふと思ったのですけどね、実情はどうあれ、少なくともこれまでおばさんが見てきたタイムスリップ物には、過去から現在にやってきたパターンが少ないことに気づきました。それはきっと現代から過去へタイムスリップする作品の方が、

「現代に生きる視聴者にとって感情移入がしやすい

からだと思われますが(単に自分が見てないだけかもしれませんが)、逆に言うと、過去に生きた人間の価値観を体感するには、今回のこの「サムライせんせい」のように、過去からくるパターンの方がより効果的ではないでしょうか。そんな風に思ったのは、ひとえに、錦戸さん演じる「武市半平太」の実直さや戸惑いがとてもリアルに感じられたからでしょうかサムライせんせいのあらすじと感想です


おばさんが武市半平太に抱いているイメージは、5年前に大河ドラマで見た「龍馬伝」に登場したキャラクター(大森南朋さん)なのですけど、顔は全然違いますが、イメージ的には今回の錦戸さんとそう大差がありません


人望厚く多くの同志から慕われていた半平太ですが、その一方で、尊王攘夷に掛ける情熱は誰よりも激しく、歯向かうものは情け容赦なく殺した暗殺者としても知られています。そんな半平太が、もし、現代の日本にやってきたら、決して平静ではいられないことは想像に難くありません。だからこそ、佐伯はすぐに半平太に事情を説明したのでしょうね~なんとかこの事態を受け入れて、乗り越えていってほしいと


最初は半平太を「変態」だと罵っていた晴香(比嘉愛未)もそのうち変わっていくのでしょうね。でも個人的には、歴史どころか勉強にはほとんど縁がないらしい、

「タケチハンペーター

を連呼していたスナックのママ?、篠原理央(石田ニコル)の方が気に入りましたが。いや~可愛いハンペーター♪


今後は、この不器用な半平太が現代にどのように順応していくのか、しないのか、そこに龍馬はどうかかわってくるのか、に注目していきたいと思います。もちろん、子どもたちとの交流や、タイムスリップ物には欠かせないコメディ要素も楽しみにしておりまする。「サムライせんせい」は続きもとっても楽しみですサムライせんせいも楽しみ♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はサムライせんせいのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング