2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

前回、松坂桃李さん、木村文乃さん主演の【サイレーン】と書いたけれど、ここにきて、橘カラを演じる菜々緒さんの存在も大きくなってきましたね~。前回は正直申し上げて単なるサイコパスにしか見えなかったんですが、今回は、同じ悪女でも

「奥行きのある悪女

の要素が感じられて、思わず引き込まれてしまいました。やはりですね~悪女が登場するドラマはその悪女が魅力的じゃないとまったく面白くありません。逆に言うと、

悪女が魅力的ならドラマもダンゼン面白くなってくる

こと間違いなしです。それに、そこかしこに挟んであるコメディ要素も楽しいです


またこれは前回の1話でも感じたことですが、里見と夕貴が、捜一を目指す刑事でありながら、どちらもまだ純粋な若者だという設定が、心に闇を抱えたカラと好対照でまた面白い


以下、そんな独特な魅力を持ったサイレーン第2話の簡単なネタバレのあらすじですサイレーンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回里見は「自殺」(を装って殺された)した乃花の通っていた整形外科に聞きこみに行くよう命じられました。乃花が、自殺した1週間後に予約を入れていたことが明らかになったからです。


そこで院長の月本圭(要潤)に会った里見は、月本に見覚えがあるような気がしましたが、何も思い出せません。実は里見、以前橘カラと最初に会ったカラオケ屋で、月本がカラを追いかけていたところを目撃していたのです


その後里見は、飲み会を理由にカラの店へ行きました。またしてもトイレで酔いつぶれていた里見は、カラに軽々と抱き起されることとなり、その見事な腕力に驚きを隠せません


そうこうするうち、里見はようやく月本を思い出しました。それと同時に、夕貴から、カラもまた整形していると聞かされたことを思いだします


もしかしたら、橘カラもこの月本の患者だったのではないか?


里見は早速非番の日に月本のクリニックを張りこみますが、その日は定休日だったため、患者が来るはずもありません。仕方なく周りをうろついていたその里見の前に、カラを助手席に乗せた月本の車が現れました。


最初に死んだキャバ嬢と橘カラ、そのカラと月本、その月本と乃花、乃花と、顔をめった刺しにして殺された女性、皆が繋がっていることに改めて不審を抱いた里見は、もう一度口実を作って月本に会いに行きます。指名手配犯が整形した場合のアドバイスが欲しいと頼んだようです。


そこで里見は、「知りあいのカラ」が月本クリニックの患者ではないかと探りを入れましたが、月本は知らないとをつきます。この嘘で里見は確信しました~月本は何かを知っているに違いない!黒幕は月本なのではないか?と里見がカラを疑い始めた♪


その後、里見と夕貴の管轄内で通り魔事件が発生しました。次々と市民を襲っていたその男=江津(岡田義徳)の前に、騒ぎを聞きつけてやってきたカラが立ちはだかりますここはちょっと素敵どしたな( *´艸`)。どうやらカラはこの事件を機に、夕貴の「正義感」を試そうとしていたようなのです


本来なら簡単に倒せるはずの江津にわざと捕まったふりをしたカラは、これに対して夕貴がどんな反応に出るかを観察します。夕貴は、カラを離して自分を人質にするよう、装備を外して説得を試みますが、そこに


捜一を狙って夕貴にライバル意識むき出しのチビ刑事=速水翔(北山宏光)


が意気込んで乗り込んできたため、江津は逆上し、カラを刺そうとしてしまいます


でもそんな攻撃にやられるカラではありません。カラは素早く、ナイフを突き出した江津の腕をねじり上げ、その隙に夕貴がナイフにとびかかって江津は確保されました。それなのに、自分の手柄だと思い込んでいる速水がいかにもマヌケでござったね


無事犯人が逮捕できたと喜ぶ面々に対し、夕貴だけはひとり浮かない顏です。自分は説得に失敗した、人質がカラじゃなかったら、とっくに刺されてしまった、と後悔しきりの夕貴なのです。夕貴は幼い頃から、その正義感に突き動かされては弱者を守ってきたそうで、養父の猪熊からはこの性質を大いに褒められていたのだそうです


今回も夕貴は、通り魔の江津が、皆を殺して自分も死ぬと息巻いていたのをこう叱り飛ばしています


死ぬだと?甘えるな!償えっ!!その通りだっ!


わざわざここで夕貴の少女時代の回想シーンが出たところを見ると、やはりカラとはその頃からの知りあいなのでしょう。カラはきっと苛める側ではなく、苛めに遭って夕貴に庇ってもらっていた少女に違いありません。今回月本が、カラは20代にしか見えないと語っていたのもその布石でございましょう


そしてそのカラは、月本に何か頼みごとをするつもりのようです。その月本には他人には言えない「趣味」があり、その趣味絡みで「商品」を引っ掛けるためにカラに協力を求めていたようなのですが?商品というのは整形を希望する患者のことを指しているのでしょうか?


予告ではまたいろんな情報が流されていたようですが、多すぎて妄想するのを諦めました。続きは次回を見てからで十分楽しめそうでござる。あれこれ見どころがいっぱいのサイレーンは、続きもとっても楽しみですサイレーンが面白い('ω')ノ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.