2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

スリーデイズ~愛と正義~のあらすじと感想、登場人物はこちらからご覧いただけます: スリーデイズ~愛と正義~ネタバレと感想、登場人物一覧


パク・ユチョンさん主演の韓国ドラマ、【スリーデイズ~愛と正義~】は5話「信念が揺らぐとき」と6話「仕掛けられた罠」を見終わりました。以下早速ネタバレですスリーデイズのあらすじ行きますよ(^^)/


前回、このドラマの最大のカギを握る「機密文書98」は、ヤンジン里事件の報告書だったことが判明しました。そこには、アメリカのファルコン社が、韓国軍に新型ヘリを売るために南北間の緊張をより高めようと画策し、当時顧問を務めていたイ・ドンフィにこの任務を与えたことが書いてあったそうです


ドンフィは、軍の強硬派や国家情報院の職員と連携し、北の人民武力部に属していたリ少佐と延辺で接触を図り、彼に1億ドルを渡して、ヤンジン里に北の偵察隊を送るよう要求したのだとか。どうやらその金を渡した人物が、当時経済学の教授をしている傍ら、15年に渡って秘密要員をしていたらしいギジュンだったようです。(でもまだ確定はしていません)


ドンフィはその時、今回ようやく表舞台に姿を現したジェシングループの会長=キム・ドジン(チェ・ウォニョン)に、北の潜水艦は一瞬南に姿を見せるだけで決して韓国人に危害を加えないこと、そしてこの役目が終わったら、ファルコンの犬を辞める、という条件を出していたようです。


が、結果は報告書通り、多数の犠牲者が出てしまいました。ファルコン社はこれで3兆ウォンものヘリの販売に成功し、ドンフィは50億ウォン相当の報酬を受け取り、その金で資産運用会社を設立して莫大な富を得たのだそうです。


この報告は概ね間違っていなかったようですが、その首謀者がドンフィとギジュンらだけに特定されたというのはドジンたちのねつ造だったようです。おそらくドジンは、検察の手がドンフィに伸びたことをきっかけに、自分達の悪事が暴かれる前に、罪のすべてをドンフィに背負わせようと画策したと思われます。ドンフィが真相を明かすと決意したのが先でしょうか


その手段に使われたのが「機密文書98」でした。ドジンは、実際にギジュンが作成したのとほぼ同じ内容の報告書を作成し、そのコピーを、ドンフィを調べていたチェ・ジフン特別検事と、ヤンジン里事件で事態の収拾にあたった第3特戦旅団で大勢の仲間を失ったハム・ボンスに渡したようです。実際に彼らにこれを手渡したのは、当時ボンスの上官だったクォン・ジェヨン(チョン・ウォンジュン)~合同参謀本部の現議長です。


これでドンフィへの怒りが炸裂したボンスは、旅団で一緒に戦ったファン・ユンジェを仲間に引き込み、ドンフィ殺害を企てたようです。例のEMP弾は、ジェシングループの軍事武器研究所だというフォース・ワンが作成したことも明らかになりました。これは実際にEMP弾をその目で見たボウォンが、FOという文字を覚えていたことが決め手となりました


大統領警護という職務に誇りを持ち、命懸けで任務を全うしてきたボンスが、その大統領が鬼畜のような人間だったと誤解して、可愛い部下のテギョンを殺してまでもその命を断とうとしたのに、それが真の黒幕に利用されただけだったとは、何とも気の毒な話でござるテギョンが可哀想すぎやん(;O;)


しかも、ボンスは、テギョンとボウォンが懸命に逃がそうとしたドンフィを追ってきて、再びドンフィに銃口を向けたため、以前そのボンスから

「一瞬のためらいが命取り。ためらわずに敵を撃ってVIPを守れ!

と教えられてきたテギョンは、その教えを忠実に守ってボンスを射殺してしまうのです。その上、その後に、ボンスはただ利用されていただけだったと知らされてスリーデイズのテギョンは踏んだり蹴ったり(>_<)


が、そのボンスを利用した黒幕のひとり、クォン・ジェヨンもまた、口封じのため、EMP弾窃盗の濡れ衣まで着せられて、ドジンの部下に自殺に見せかけて殺されてしまったようです。ジェヨンのことを知ったテギョンがまたしても、警護室より先にジェヨンの部屋に行っていたのですが、これでまた疑われるということはないのでしょうね


また、ギジュンが事故に遭う前に用意した本物のレポート、

「真実をすべて記した機密文書98」

は、このジェヨンが所持していたようなのですが?本物と偽物の違いは、本物は、表紙にギジュンの血がベッタリとついていることです。


また、ボンスの仲間として捕えられたファン・ユンジェも、同じくドジンの部下に頸動脈を切られて殺されてしまいました。この部下はふたりいるようで、ひとりは右手にトカゲの刺青があり、もうひとりは目が細い男です。というか、自分的には印象が薄すぎてどう形容してよいか分かりませぬ


父に死なれたばかりだというのに、自分が兄のように慕い、心から尊敬していた上司に裏切られた上、その手で彼を殺してしまったという、何ともひどい悲劇に襲われているテギョンをまさにいいとこなし(;O;)何くれとなく気を配り&温かく見守り励ましてくれるボウォンが何とも心強い限りですね。このボウォンが、ドジンの部下に撃たれた際、ちゃんと防弾チョッキを着ていて本当に良かったです


と、今回はこんな感じだったでしょうか


はたして「黒幕」はドンフィの思惑通り、追い込まれて「ワラ」を掴む~自ら罠にかかるってことかな~のでしょうか?


スリーデイズ~愛と正義~は続きもとっても楽しみですスリーデイズが面白い(^^)/


スリーデイズ~愛と正義~ DVD&Blu-ray SET1(特典映像ディスク&オリジナルサウンドトラックCD付き)スリーデイズ~愛と正義~ DVD&Blu-ray SET2(特典映像ディスク&劇場版DVD付き)
これは是非ノーカット版も放送してほしい♪


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.