2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

錦戸亮さん主演の金曜ナイトドラマ、【サムライせんせい】は2話も面白かったですね~。ドラマでは「異邦人」(≒変人)扱いされていた半平太ですが、おばさんには半平太の主張が最も正当に聞こえてしまい、彼こそまともな日本人だと思えてなりませんでした。元々時代劇が好きだからでしょうか。以下簡単なネタバレのあらすじですサムライせんせいのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずは前回に引き続き、半平太は指名手配を受けた殺人犯の橋本と対峙することになりました錦戸さんは立ち姿も凛々しいですね~♪。最初は子供を人質に取る卑怯な輩と思っていたのが、少し話を聞いたところ、橋本は理不尽な上司の行動に腹を立てて、殺してしまったのだというではありませんか?


そうか、それなら自分にも覚えがある。おぬしもまた現在の体制に背反して謀反を起こしたのじゃな?


と、自分が吉田東洋を手に掛けた時のことを思い出し、橋本の心境に理解を示す半平太です


上の者に楯突く気構え、大いに結構!大義を果たすためには目の前の障壁を力ずくで消すことも時には必要じゃからな見直したぜよ( `ー´)ノ。まさかこの時代にそのような気概のある男がおったとは


ひとりで感激する半平太がまた可笑しかったですね~。日の本も捨てたものではないな


が、当然橋本にはそんな「志」などない訳ですから、半平太は狂人扱いされてしまいます。俺はムカつくやつをぶっ殺しただけだから!大義とか時代とか関係ねえし。金もねえし仕事もねえし、つまんねえし。だったらムカつく奴をぶっ殺してた方が面白くねえ?


怒った半平太はゲラゲラ笑いだした橋本を怒鳴りつけました。何が可笑しいっ!!


若い者が何の目的も無く、日々ダラダラと無為に生き、自分の欲望だけで生きちょる。ちっとは気概のあるやつがおったと思うたが、単なるいきがっちゅうだけの小悪党か!


言っても聞かぬなら腕にものを言わせるしかないと、半平太は近くにあった棒を拾って身構えますした


またこの橋本が実に卑怯で姑息な男でして、すぐに子供たちに危害を加えようとするのですが、半平太はそんな橋本を再び怒鳴りつけて挑発します。


童を盾にとって虚勢を張るとは情けないのう。殺すならわしにせえ!!卑怯者めっ!


その気迫に恐れをなした橋本が、これまた近くにあったスプレー缶を投げつけてきたのがまた実に腹立たしかったですね。ま、でも、幕末江戸三大道場の1つとして有名な士学館で、塾頭の桃井春蔵から鏡心明智流の免許皆伝を授かったペータ先輩、もとい、武市半平太に敵うはずもありませんサムライせんせいの見どころ♪


あっさりあっけなくやられてしまった橋本を、素人だてらに挑んできたのは褒めてやる、と半平太がいうのも頷けます


また今回半平太は、晴香が上司の小宮山からセクハラを受けているのを目にし、最初はこれを晴香の「思惑」なのだと誤解してしまいます。多分晴香が面と向かって怒ったり、あからさまに嫌そうな顔をしなかったから、そう思い込んでしまったのでしょう。


が、それを晴香に指摘したところ、晴香と理央から大いに抗議されてしまいます。今は就職難の時代だから、セクハラをされても黙って耐えるしかないのだというのです。


これを聞いた半平太が一転、キリリと鉢巻きにタスキをかけて、役所に乗り込んで行ったのがまた素敵でござった


おまん、日ごろから晴香殿の尻を撫でているそうだな。あいさつじゃと?あいさつは頭を下げるもんじゃっ!!何をぬかすっ!

何年経っても腐れ役人は日本から消えておらんがか。上士は下士をものとも思わず、下士の娘と分かれば、まるで女郎の如く扱い好き放題。どれほどのものが涙を流したか。身分の違いを盾におなごを辱める~おまんがやってるのは最低の行為ぜよっ!!

万死に値するっ!!


その通りだっ!!セクハラオヤジを許すなっ!


大げさだと反論する小宮山には、晴香がどれほど傷ついているのか分からんのか、おまんには人の心が分からんのか、と畳みかけます。半平太自身は、晴香の「ぶら」が何を意味するか分からず、手で触って匂いまで嗅いでしまったことを深く深く反省し、晴香が望むなら、腹掻っ捌いてもお詫びする、と頭を下げたほどですのに。ふふ「乳隠し」には恐れ入りました


これを聞いていた晴香はようやく、半平太の誠意を感じ取ってくれたようです。口ではまだまだ否定していましたけどね。


今の時代はあなたのように感情だけで動ける時代じゃないのよきれいごとだけじゃ生きていけない


でも、文明は発達したのに、正しいことが正しいとまかり通らなない、いまだに150年前と変わらず理不尽を強いられてしまう今の時代だからこそ、半平太のこの正義感が何とも心地よいのも事実でしょう


その半平太が、殺人犯から子供たちを救うことが「天命」だったと思い込み、無事彼らを救い出した暁には元の世界に戻れると喜び勇んで皆に別れを告げたというのに、それが大きな勘違いだったため、ひとりこっそり戻ってきて理央の店で働いていたのもまた楽しかったですね。

面目ない


でも子供たちからはすっかり慕われて、それがご母堂様たちにも知られることとなったため、半平太は正式に佐伯の塾の講師として働くことになったようです。現在と過去の接点はこの村だから、ここに留まった方がよいとは佐伯のアドバイスです


その佐伯、どうやら1年前にも半平太と同じ行き倒れを助けたそうです。皆から「ホームレス」に間違えられていたその人物こそ、半平太同様150年前からやってきた坂本龍馬だったのだそうです!?


今では楢崎と名乗ってジャーナリストになっていた龍馬は、突如現れた「サムライ」を不審に思ってこの村に再びやってきたのですが、相手が本物の半平太だと知って大喜びです。龍馬が眼鏡を外して前髪を上げると、ようやくそれが龍馬だと気づいた半平太も、ようやく見知った顔(友人)に出会えて実に嬉しそうでした。いつも(時代劇を見ていて)思うんですが、昔の人は、人の顔を見分ける能力が現代人より劣っていたに違いありません


ちなみにふたりが互いを「アザ」(龍馬)、「アギ」(半平太)と呼んでいたのは、龍馬の顔がホクロ(アザ)だらけで、半平太の顎(アギ)が角ばっていたからなのだそうですよん


これでようやく龍馬と半平太が揃いましたね~。来週は富子(に似た女性で谷村美月さんの二役か?)も登場するようです。「サムライせんせい」は次回もとっても楽しみですねサムライせんせいが面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.