このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

下町ロケット
 池井戸潤原作

下町ロケット あらすじと感想 第3話 ミイラ取りがミイラに!

下町ロケットのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 池井戸潤氏原作ドラマ あらすじ一覧


阿部寛さん主演の【下町ロケット】は3話もまた面白かったですね~。ミイラ取りがミイラになってしまったのには大喜びです。以下早速ネタバレです下町ロケットのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回はなんと、帝国重工で最も恐るべき敵と思われていた財前が、佃製作所と航平の虜になってしまいました。経緯(あらすじ)はこうです。またしても暑苦しく長々しいです


佃製作所に56億もの和解金が入ることとなり、もはやバルブシステム譲渡は望めないと覚悟した財前は、特許使用契約も視野に入れるしかないかと腹をくくりました。


が、航平は譲渡でも使用契約でもなく、

「部品供給」

をさせてほしいと言いだします。航平は佃製作所のバルブシステムを帝国重工のロケットに使わせることで、長年抱いてきた夢を実現させようとしているのです


財前とともに佃製作所を訪れた帝国重工の富山の台詞、

「この規模の会社に「天下の帝国重工」が要求する水準の部品が作れるはずがない!

との無礼極まりない発言に対する航平のこの答えがまた痛快でした


お忘れなく。うちは帝国さんより先にあのバルブシステムを開発したんですよ


でもこの提案に驚いたのは財前たちばかりではありません。佃製作所内部からも反対の声が挙がりました


特許を使えば、楽をして儲けることができるのに、なぜ今さら部品供給など考えるのか!もし万が一、我々が供給した部品のせいで事故に遭ったなどと言いがかりをつけられたらどうするつもりなのか!?


これが、年を食った社員、いや失礼、年配者の口から出る言葉ならまだ納得もできますが、若手社員の意見だと言うのが何とも情けない限りでござる。それだけ今の若者は安定志向が強い、冒険を避ける傾向にあるという皮肉でしょうか。それだけ社会が不安定だと言うことなのでしょうけれど。


また今回は、以前のような「営業」と「製造・開発」の対立ではなかったという点にも注目しました。今言った、安定志向の結果、ということももちろんですが、どうやら佃製作所の中でも、担当している製品ごとに、社員たちの思い入れの深さが違うようなのです


例えば、以前激しく航平に食って掛かっていた営業の唐木田は、営業部の中でも第二部部長をしているそうで、その第二部が、どうやら、ずっと

「死蔵特許」

と呼ばれてきたバルブシステムの担当にあたるようなのです。逆に言えば、だからこそ以前は、そんな役にも立たないようなものばかり大事にせず、もっと売れる物を作れと皮肉を言っていたのですね~


が、今回はその死んでお蔵入りしていたはずの役たたず=バルブシステムにようやく日の目が当たり、天下の帝国重工が特許を譲ってほしい、もしくは使わせてほしいと頭を下げているところに、

いやいや、自分達で作ったものを供給させてほしい

と、いわば対等に渡り合おうとしている訳です。これは、自分達の作った製品に「誇りと自信」がなければ決してできないことです。


経理の殿村もそうでしたが、今度はこの営業の唐木田もまた、いい年して「モノづくり」にこだわる航平を評価してくれているのが、なんだか自分のことのように嬉しかったおばさんです下町ロケットが面白い(^^)/。おばさんは職人大好き人間なのです


佃製作所はメーカーなんだ。作ってこそ意味がある。俺たちみたいな中小企業が、あの帝国重工相手に大型水素エンジンのバルブシステムを供給できたらスゴイと思わないか!?この情熱こそが生甲斐でしょう♪


赤の他人のおばさんでさえ、胸が熱くなる興奮を抑えられないというのに、航平と同じ技術畑、同じ職人であるはずの若手、特に技術開発部の真野賢作(山崎育三郎)が、金のことばかり言うのが最初はとっても耳障りでした。56億もの金が入ったのなら、それを社員に還元すると言う発想はないのか!?


彼らとともに航平を非難していた江原春樹(和田聡宏)は営業第一部の係長だそうです。


真野はこれまでずっとステラエンジンの開発に携わって来たそうなのです。ナカシマとの訴訟が終わり、これでようやく正々堂々とステラで勝負ができると思った矢先、バルブシステムに力を入れると言われたことが、よほど面白くなかったようです。


真野は、これ以上自分を評価してくれないなら、他社に移ると引き抜きにも応じる構えを見せていましたが、これら、いわゆる

内部対立

を耳にした財前が、佃製作所に乗り込んできたことで事態は大きく変わっていきます


財前は、部下の富山から、航平が昔のロケット打ち上げ失敗の原因を作った張本人だと聞かされて、部品供給などもってのほかだと考えていたのです。それなのに、社内がそれほど混乱しているにも関わらず、図々しく部品供給を提案してきた航平に腹を立て、大いに意見しようとしていたようです。


それというのも、財前の実家もまた中小企業だったそうです。財前の父は当時プラスチックに固執していたため、社員から総スカンを食った挙句に会社を潰してしまったようで、そんな父に強い反感を抱いていた財前は、航平もまた父と同じで、大風呂敷を広げているだけだと心の中で軽蔑していたようなのです


そんな財前の心中などまったく知らない航平は、財前が、部品供給を検討するにしても、実際にその部品の性能を目にしなければ話にならぬと思った、と考えたらしく、財前の突然の来訪にも嫌な顔一つ見せず、会社中でこの訪問を歓迎しました


営業や経理から始まったこの「会社訪問」に戸惑いが隠せないのは、むしろ、財前の方だったというのがまた楽しかったですね~


営業第一部部長で、航平のことを理解してくれているツーさんこと津野薫(中本賢)はもちろんのこと、いつもは強面の殿村も笑顔で航平のジョークに答えたばかりでなく、本来なら「ルーチンワーク」で不満がたまると思われがちな生産部門でも、皆が親しげに社長に声を掛けてきます


年配の社員が若手を呼んで、コイツはなかなか覚えが早いと嬉しそうに航平に紹介するのを見た財前は、いつも父や会社に対する不平が絶えることの無かった実家の工場との違いに内心愕然としていたようです


そして肝心の技術開発部にやってきた時、財前はついに本題を切り出しました。おたくの技術開発部は大丈夫なのですか?


でも航平はまったく意に介することなく、これまた笑顔で財前を中に案内します。この変わらない悠然とした態度こそが、航平の、自分の会社=佃製作所とその社員たちに対する信頼の証だったのです。


1つの不安要素も見逃すまいと、鷹のような目をした財前に対し、淡々といつも通りの仕事をこなす社員たち。財前はそこで、材料を溶接および研磨するたびに洗浄するという「クリーンルーム」のレベルが5だと聞いて驚き、物によっては1日中洗っていることもあると聞いて心底感嘆していました


少しでも粗悪なものがあったら大事故につながりかねないとは航平がが自分の失敗から学んだことです


また財前は、試作品が手作業で作られていたことにも驚きが隠せません。その財前に、手作業をすると考えるヒントが生まれる、と嬉しそうに説明する航平の姿がまた実に楽しそうでしたね。コンピューターより手作業の方が融通が利く、より性能の高い製品が作れるし、失敗も少ない、結果的には作業効率を上げることにつながる人間への信頼感がたまらん( *´艸`)


これには疑問を隠せない財前に「試してみますかと挑むように答えた航平ですが、たまたまその日技術者が休みで手が足りなかったことから、航平はその代わりを真野に務めるよう命じました。彼は若いが素晴らしい技術者です


が、真野は何せ、今回の話には反対ですから、応じようとしません


だったら自分がやる、いやいや社長には無理だから私が下町ロケット~山崎と航平の絆がイイ!、と山崎が争っていたところ(この時点で既に微笑ましい)、その真野が自分がやると申し出てくれます。真野もまた、職人、否、技術者魂を大いに刺激されたのですね~。ここで

機械より人間の方が精度の高い物を作れる

と見せてやれることがどんなに誇らしいことか、おばさんがここでグダグダ言うまでもないでしょう


その結果を待つ間、財前は津野から7年前の打ち上げ失敗は航平のせいだけではなかったのに、誰かが責任を取らなければならなかったから、その誰かに航平がなっただけだ、と打ち明けられました。社長はちょっと変わってはいるが、立派な研究者であり技術者です。


もちろん人間対コンピューター対決の軍配は、人間に上がりました。その内容も、まったく比べ物にならぬほど、手作業の方が優れていたそうです。研磨率が高ければ高いほど乱反射が少なくなるそうですが、手作業によるそれは、ほとんど乱反射が見られなかったそうです


バルブの漏れを止めるには、この精度が必要です~と誇らしげに語るのは、航平とともに佃製作所に骨をうずめる覚悟の山崎です。


ロケットを正確かつ安全に飛ばすには、この熟練工の技術が必要不可欠だ。それが我が社、佃製作所の技術です。その技術の結晶が、このバルブシステムです


実際の製品とマニュアルを読んでまたしても驚愕する財前。5600秒の連続作動試験に成功したとは!?とんでもない数字だ!


~5600秒は93分。本来ならその10分の1、10分ほど作動すれば合格とされているようですね。以前皆が歓喜していた実験がこれだったのですね~きっと


これは帝国重工以上のバルブシステムだ!


ついにそう認めた財前に、航平がこう語って聞かせたのがまた良かった


穴を開ける、削る、研磨する~技術がいくら進歩しても、それがものづくりの基本だと私は思います。


佃製作所は、その点では決して誰にも負けはしないと言うのが佃航平の誇りなのです。そのためにも「チャレンジ」は欠かせない。ロケットの部品作りには最高の信頼性が要求される。そのような研究は、他のどんな生産活動にも必ず生きてくるはずだから


挑戦すればどんな難問にも必ず答えは見つかるはずだ~私はそう信じているのです


自分が父親の後を継いでいたら、実家の工場もまたこのような会社になれたのだろうかと思うほど、こうしてすっかりミイラ取りがミイラになった財前ですが、他のメンバーはそうはいかないようです。でも今後どんな難問が立ちはだかろうと、この航平や佃製作所なら絶対に負けない、と今なら心の底から確信できます


~前回の予告にあった利菜の1億の話は、友人の家の会社が倒産したから金を貸してやってほしいと言う話だったようです。でも航平はこれをキッパリ断っています。その1億、そして和解金の56億は航平自身の金ではないのですから当然でやんすね高3にもなってそんなことも分からんとはびっくりぽんだす(;´・ω・)


下町ロケットは続きもとっても楽しみですね下町ロケットが楽しみ(^^)/


下町ロケット (小学館文庫)
これは(ドラマを見終えたら)是非読んでみなくちゃ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は下町ロケットのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

こんばんはー
おっしゃる通りいくら社長とは言え会社のお金を一億も勝手に動かせるわけもなく😅 まぁ万が一娘の為に融通しても友達関係は壊れちゃいますよねー。莉菜には一緒その友達は頭が上がらない訳ですから… 航平の判断は正解かなーと。
財前の、食いつき凄かったですねぇー😄
来週は帝国重工のエンジニアとの対決が見ものですねー😁 あんなに威張ってたのに、実験のシーンでは帝国重工の社員が、驚愕してるシーンがありましたねー。
財前もいいですよね♪
ヒデさん、こんにちは~♪
下町ロケットは今週もまた楽しかったですね~。

そうそう1億円貸せにはびっくりぽんでした(笑。

今回は財前が目立ってましたよね~すっかり気に入っちまいました(笑。
来週はまたもめそうですけど、「技術力」でねじ伏せたいですね( `ー´)ノ。

「驚愕シーン」、楽しみですね~( *´艸`)。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング