このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

刑事フォイル(Foyle's War)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

刑事フォイル(Foyle's war)あらすじと感想 第10話 50隻の軍艦(後編)

刑事フォイルFoyle's War)のあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: 刑事フォイル(Foyle's War)あらすじと登場人物一覧


刑事フォイルFoyle's war】の10話は「50隻の軍艦(後編)」(Fifty Ships)です。いや~これまた実に面白かったですね~。おばさんの妄想はことごとく外れてしまったものの、ちょっとした小ネタ?も見つけていつも以上に大満足です。以下早速ネタバレですkaeru3


まず、義勇消防隊による窃盗事件ですが、こちらはスパイとは何の関係も無かったようで()、単なる、でも実に卑劣な犯罪だったようです。敵国に襲われた同胞から、その上財産を奪うなどもってのほかです。あの東日本大震災、そして原発事故の後にも同じような犯罪が起きたことはまだ記憶に新しいし腹立たしいところです


また彼らが「金属製」の物ばかり狙ったのは、(消防に使う水を溜めた)タンクの中に隠しておくためだったようです。They were waterproof.


そうそう、時計も金属なのになぜ盗まんのかな~とは不思議だったのでござるよ。当時はwaterproofの時計などありませんでしたものね


フォイルとポールがヘンリーを尋問するにあたり、これは死刑もありうると通告したのが痛快でした。ヘンリーは自分の犯した罪の深さをまったく自覚してなかったようで、心底から驚いていたようです。戦争は人間の価値観まで狂わせてしまうのでしょうか


でも、同じ戦時下でも、その「価値観」を失わなかった≒being reasonably civilised(十分に文明化されていた)のは、前回スパイとして捕まった、自称オランダ人のハンス・マイヤーでした。


He asked me if I investigated murder in a time of war.
たとえ戦時中でも、殺人の捜査はするのか?と尋ねた


ハンスはやはり、Uボートに乗ってやってきたドイツ人のスパイだったそうなのですが、岸からの合図を頼りに岸辺にボートを漕いでいた際、2発の銃声を聞いたのだそうです。


岸辺に人の気配がし、一発の銃声と同時にガラスの割れる音がして、男の呻き声がした。その後そこには二人の男の姿が見えた。ひとりは跪き、もうひとりは立っていた。2発目の銃声が聞こえた~立っていた男が跪いていた男を撃ち、男は走り去った

そう証言してくれました


ハンスはフォイルにこれを教える代わりに、故郷にいる母に別れの言葉を告げてほしいと頼みます。母はもう80を過ぎているから、戦争が終わるまで生きていないかもしれないが、それでも必ず伝えると約束してほしい。これもまた、フォイルがハンスを信じたように、ハンスもまたフォイルの誠実な人柄を確信したからにほかなりません。しかもハンスは別れ際に

Auf Wiederseh´n (アウフ・ヴィーダーゼン)

とドイツ語でフォイルに別れを告げています。ここで敢えて言い訳をせず、フォイルに母国語を使ったのは、フォイルへの敬愛と信頼の証としか思えません


フォイルは、その期待通り、確かに伝えると約束しますが、それがまさかあんな手段に打って出るとは思いも寄りませんでしたこれまたびっくりぽんや!。なんと、このハンス・メイヤーは、ロムニー岬に建つ2軒のうちの1軒に住むレドマンド医師の妻=イヴの従兄弟だったのだそうです!


ドイツ軍から連絡を受けたイヴは、ただ従兄弟のハンスを助けたくて、沖にいるUボートに合図を送ったそうです。これは立派なスパイ活動に値しますが、あくまでも殺人事件を捜査しているフォイルは真相を追求しようとせず、あくまでも「推理」(真実)を告げるに留めました。ただ、ハンスの母に伝言を伝えてやってほしい、と


これを聞いたレドマンドは、妻の犯行を確信し、自分のメンツもあるため公にはしないものの、今後はイヴと一切関わりを持たないと宣言します。存在しないかのように生きろとは、何とも酷い言いぐさです


そして、そのハンスが証言した「二人の男」は、リチャード・ハンターとハワード・ペイジでした。すなわち、リチャードはハワードに殺されたということです


この事実は、フォイルが二人の母校であるオックスフォードを訪ね、ふたりとも同じ研究に興味があったことを突き止めたおかげでした。また、ハワードが肌身離さず持っていたという古くて大きなカギについていた「歯車」が、

「シンクロメッシュ・ギヤボックス」

だと指摘したサムのお手柄でもあります。シンクロメッシュ・ギヤボックスは、ハワードが発明した特許とされていましたが、本当にこれを発明したのは、リチャードだったのだそうです。ハワードは、リチャードをうまく言いくるめ、アメリカで特許を取って巨万の富を手に入れたのだとか


いくら怒ってももう海外のことだと諦めていたリチャードも、そのハワードがイギリスに来ると聞いて黙っていられなくなります。息子のケンが、航空学校に行く金すらないのは、何もかもハワードが元凶なのです


が、ハワードは、人の発明を横取りするような破廉恥な男ですから、当然聞く耳など持ちません。怒ったリチャードは、最初、ハワードを殺そうとしますが、どうしても撃つことができず、あらぬ方向を撃ってしまったのがガラスを割ったのが一発目、そしてやるせなさに跪き、泣きながらすべてを暴露すると喚いていたリチャードを、ハワードが何のためらいもなく撃ち殺したのが2発目の銃声です


ここまで分かっていたのに、今回フォイルはハワードを逮捕することができませんでした。副題の「50隻の軍艦」が理由です。やはりこれは「駆逐艦基地協定」(Destroyers for Bases Agreement)を指していたようで、アメリカはこの時イギリスに50隻の軍艦を譲ると約束していたのですが、その立役者がハワードだったのだそうです


今もし真実が明らかになれば、この話は立ち消えになる、当然、アメリカ参戦の話も無くなってしまうから、と説明をしたのは、ハワードの秘書を名乗っていたビショップです。どうやら彼は軍の情報部の人間で、フォイルより階級も上だったようです。でもだからと言って、夜の空襲を避けて車で寝泊まりしていたというコリンを拉致するとはこれまた常軌を逸しています


あなたには以前も邪魔をされた(ドイツ人の女の話でやんすね)が、今回はそうはいかないと主張するビショップですが、フォイルは決して諦めませんでした


ここからがまたなかなか面白かったのでござる


まずフォイルはビショップに、もう一度「goodbye」を言いにハワードに会いに行くと告げ、今まさに飛行機に乗り込もうとしていたページを呼び止めました


ハワードは、フォイルが「しばしの別れ」(Only temporary)だと言ったのを負け惜しみだと嘲笑います(You sound like a sore loser)。


で、この後なんですが、字幕には「これが戦争だ。こういうもんだ」としかありませんでしたけど、実際にハワードはこんな嫌みを言ったのです


You know what the French say? C'est la guerre.
こんな時フランス人がなんていうか知ってるか?これが戦争だ(仕方ない)


これは多分、フランス人の口癖=C'est la vie をもじって口にしたに違いありません。それが人生ってもんさ、と。


が、フォイルは一応これには「Precisely, Mr Paige. It's the war」と繰り返しておいて、終わらない戦争はないと反撃しましたAnd no war has lasted forever and neither will this. これも同じだ、と


And when it does, Mr Paige, you will still be a thief, a liar, and a murderer, and I will not have forgotten. And wherever you are, I will find you.
1年経とうが10年経とうが、あなたは相変わらず泥棒で嘘つきで人殺しだ。私は決して忘れない。どこに居ようと見つけ出す。


証拠のシンクロメッシュ・ギヤボックスを見せられたハワードの顔ったらありませんでしたね~。裁きを免れたわけじゃなく保留にされただけだ


Au revoir.


ハワードが先に使ったフランス語で「さようなら」と言ったフォイルがあまりにもステキすぎて、ついついエリザベスの気持ちも分かるな~と思わずにはいられませんでした。エリザベスとフォイルはその昔、互いに愛し合って結婚まで誓った仲なのに、エリザベスの父親が、「たかが警官の息子」との結婚を反対したため、別れを余儀なくされたのだそうです


エリザベスはずっと後悔していたそうですが、フォイルは亡きロザリンドと一緒になれてとても幸福だったようなのがせめてもの救いでござるね。しかもものすごい美人でしたし


さて、そのフォイルの家には今度からサムが居候するようです。案の定ポールの家を即追い出されたサムは、リバーズに無理矢理頼み込んで、ずっと牢屋に寝泊まりしていたようなのです。それをついにフォイルに見つかり、結果的には家に呼んでもらえたのは何よりでした。ふふ、サムはよほど鶏のワイン煮(coq au vin)が得意なのですね


やっぱり刑事フォイルは楽しいですね~続きもう~んと待ち遠しいですsmile


~見逃した方、またもう一度見たいのに録画を消してしまった方(笑)に朗報です。今週の水・木の午後4時00分から(2話連続)刑事フォイルが再放送されることになりました。是非この機会をお見逃し無いように


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は刑事フォイル(Foyle's War)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング