このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

チョン・ドジョン(鄭道伝)
 時代劇・歴史モノ

チョン・ドジョン(鄭道伝) あらすじと感想 第48話 松軒居士の便りに嬉し泣き

チョン・ドジョン(鄭道伝)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: チョン・ドジョン(鄭道伝)全50話 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ、【チョン・ドジョン鄭道伝)】は48話もまた大感動のエピソードでしたチョン・ドジョンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。もはやこの「チョン・ドジョン」はおばさんの中で、大王世宗と同じレベルに達しつつありまする。まだ確定できないのは、最後がどうなるか分からんからですが、この分ならそう期待を裏切られることはないだろうとはかなり期待しておりまする


以下早速ネタバレです鄭道伝のネタバレです♪


前回のドジョンの提案に対し、朝廷ではまたしてもその意見が二分してしまいました。ドジョンは「遼東征伐」とはいえ、ほとんど警備が手薄な今は、空の土地を手に入れるようなものだと主張しますが、チョ・ジュンらは、明を刺激して全面戦争になったらどうするのだと譲りません


それもドジョンはちゃんと計算済みです。朱元璋(洪武帝)は齢70にして病に臥せっているそうで、まだ幼い世子を巡って明もまた混乱しているというのです。実際に洪武帝は71歳で死亡しているそうです。彼らは絶対に遼河の東を渡らない


またドジョンは、もし遼東をこのままにしておけば、今同化政策を進めている女真族がいつまたその地を抑えて朝鮮の脅威にならないとも限らぬと憂えていたそうです。当時は女真族が2つに分かれていたそうなのですが、それがいつ統合されて朝鮮に牙をむくか分からないというのです


今、彼らに尊敬されているイ・ソンゲが王のうちに同化政策を進めれば、辺境に住む彼らが明への盾になってくれる、と踏んだようです。それほど女真族は勇猛果敢な民族なのです。


ナム・ウン同様単純なおばさんは、このドジョンの素晴らしい考えにすっかり感嘆してしまったのに、肝心のソンゲはドジョンをたしなめたばかりか、明を刺激せぬよう、しばらくは東北面で大人しくしているよう命じてきます。これは王命だ


遼東征伐どころか「左遷」されてしまったドジョンですが、その東北面でも軍事訓練を欠かしません。しかも、それこそがソンゲの願いだと言うのです。そしてそれが当たっていたのが実に感動的でしたね~


ソンゲは、ドジョンの左遷をいいことに、軍事訓練を中止しようとしたチョ・ジュンに対し、ドジョンが考案した「陣法訓練」をナム・ウンに任せるよう命じました。確かに軍権はドジョンからジュンに移したが、ナム・ウンの言い分も尊重すべきだとジュンを説得したのです。これこそまさに

「聞いて耐えて包み込む君主

でござりまするね


それに比べて、その訓練に同席した年若い世子に嫌みを言って、軍旗を私兵のものから官軍(三軍府)用のそれに変えようとしないバンウォンたち王子の子供じみた振る舞いにはホトホト呆れはてました


が、そこになんとイ・ソンゲ自らやってきて、今後は自分が指揮を執ると言い放ちますソンゲ、その言葉を待ってたよ~(≧▽≦)。そう、ソンゲもまたすべてを計算していたのです


その後、東北面にいるドジョンのもとへ一通の手紙が届きました「松軒居士」という人物からです。これは(著作権的に)いかんと思いながらも、ついつい全文書き留めずにはいられません


三峰よ。身分など関係なく、手紙を書きたくなった。
面白くない王の役をして病で王妃まで失い、しばらく失意のどん底にいた。

だが三峰が持ち出した遼東の話を聞いてはっと目が覚め、やる気がみなぎった。

だがあんな重大なことを皆の前で話すとは。
今後のために涙をこらえて三峰を東北面に左遷した。

ジランに聞いたが、三峰もまた東北面で軍事訓練を行い、城郭を築いているそうだな。

まるで私の気持ちに気づいていたかのように。

三峰よ。そろそろ帰ってきなさい。
私と力を合わせて遼東を征伐するぞ。
憎き朱元璋の足をへし折ってやろう。

辺境は寂しいだろうと思って酒を送った。
昔三峰の家に持っていった琥珀(ホバク)酒だ。

酒を飲んで元気を出しなさい。

遠く離れた漢陽にいる一生の友 松軒より。


松軒とはイ・ソンゲの堂号だそうです。この台詞もイイんですが、ジックリ優しく語りかけるようなソンゲの話し方にも泣かされましたよねソンゲの訛りがまた味わいがあってええんだす( *´艸`)。これを読んで男泣きに無くドジョンの姿を見ただけでも、これまで見てきた甲斐があったというものですソンゲとドジョンの友情が素晴らしくて泣けてくる(;O;)


ソンゲはその言葉通り、生涯の友を迎える準備を始めました。チョ・ジュンにも「遼東征伐」を宣言し、ドジョンを迎える準備をするよう命じます。都に戻ってきたドジョンはそんなジュンに、今でも反対するなら勇退しろと勧めていました。


その上でドジョンはソンゲの許可を取り、バンウォンたちを捕まえに行きます。バンウォンはちょうど皆に「挙兵の意を告げていたところでしたが、間一髪で間に合いました


無駄な抵抗は止めなさい!!


あ~もうここで終わってくれてもいいんですけどね~そういう訳には参りません


チョン・ドジョンは明日の放送が待ち遠しくてなりませぬ鄭道伝が面白い(^^)/


鄭道傳 DVD-BOX1鄭道傳 <チョン・ドジョン> DVD-BOX3鄭道傳 <チョン・ドジョン> DVD-BOX4鄭道傳〈チョン・ドジョン〉DVD-BOX5

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はチョン・ドジョン(鄭道伝)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング