2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

NHKドラマ10の【デザイナーベイビー - 速水刑事、産休前の難事件 -】の7話は「公開捜査」です。これまたなかなか見ごたえのあるエピソードでしたね。以下早速ネタバレですデザイナーベイビーのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず気になっていた山原ですが、やはりこの山原が皆本と一緒にデザイナーベイビーを作ったことは間違いないようです。元々山原を城南大学付属病院に呼んだのも皆本だったのだそうです。山原は、皆本が顕微授精の受精率を上げたくて受けた講義の講師をしていたらしいのですが、その圧倒的な集中力に感動した皆本が、崎山に山原を推薦したのだとか。


今回皆本は、一連の事件の黒幕が、あたかも山原であるかのように告白しました。皆本からノゾミの居場所を聞き出した山原が、すぐにその場所に行ってノゾミを連れ出して行方をくらましたからです。


皆本がノゾミを預けていたのは、やはり城南大学附属病院で人工授精をした患者だったようです。皆本はその患者の家に、山原の凍結卵子も隠していました。山原はノゾミを連れて行く際、この凍結卵子を全て破棄してしまったようです。後にこの様子を見た皆本は、山原が自分に「宣戦布告」をしたと悟ったようです。


その上、唯一真実を知る崎山は、前回注入したプロタミンのせいで血栓が悪化して死亡してしまいます。ヘパリンを投与していた上でのこの急変を怪しんだ須佐見が調べたところ、これを中和する働きのプロタミンの数が合わないことが判明し、プロタミンを持ち出したのは山原だということが明らかになります。山原は皆本の脅されただけですが、肝心の山原がいないため、真相を明かしようがありません。


ノゾミは山原にとっては「大切な作品」だから、誰にも渡したくなかったに違いない


皆が皆本の話を信じる中、ただ一人悠里だけは怪訝そうでした。確かに山原は生殖技術には優れているかもしれないけれど、否、優れているからこそ、誰よりもその限界を痛感していたことも事実だからです。山原は以前、人が生まれるのは神の業であり、人間は決して神にはなれないと語っていたからです


そんな山原が、いくら自分が遺伝子を操作したとはいえ、ノゾミという「人間」を作品だなどと考えるはずがない自分の子どものように思っているはず


また今回は、ノゾミに施されたのは、HLAの操作だけではないことも判明しました。ノゾミの父、近森博は、遺伝性進行性の神経変性疾患を患っているのだそうです。それで脚が不自由だったのですね。この病が発症すると最初は体の末端から徐々にしびれが出て、最終的には寝たきりで動けなくなるのだとか。


この病気は50%の確率で子供に遺伝するらしく、博は優子がノゾミを妊娠するにあたり、「着床前診断」を申請したらしいのに、この病気が発症するのは40代以降だという理由から、これが却下されてしまったのだそうです


が、どうしても諦められなかった博は、ひそかに山原や皆本に頼んで「ゲノム編集」をしてもらったのでしょう。これによって難病を持たない受精卵が作れるそうです。あるいは逆に、皆本が博を唆し、山原に「編集」させたのかもしれませんが


それが違法かどうかは別として、博は、単に息子の新を救う道具としてしかノゾミを見ていない優子とは違って、ノゾミが40代以降も健康で生きられるよう願いを込めていたのです


一方、警察の対応に業を煮やした優子は、ネットでノゾミ、あらための誘拐を公表し、情報提供を呼びかけました。警察は必死でこれを止めようとしましたが、なぜか悠里がこの配信を許可してしまいます。その際優子は、その映像の中で

「タイムリミットは2日」

だと語っていますが、これは決して望のタイムリミットではなく、新の移植の期限なのです


山原が望を連れ去ったことは、既にあちこちの監視カメラの映像から明かになっていましたが、悠里は、山原が犯人なら、もう姿を見せることはないだろうと推理したようです。山原とコンタクトを取るには「ゆさぶり」が必要だと考えたそう。


そしてこの悠里の作戦は見事に奏功していきます


世間の反響を受け、優子は再度、今度は夫婦で記者会見を開くことになりました。その会見に際し、悠里もまた再度、今度は博を揺さぶります


あなたの本当の気持ちを語ってください


そして博はその期待通り、ついにすべてを告白してしまいます。あの子は戻らないほうがいい。その後に起きることが恐ろしい。あの子を移植に使うなんて耐えられない!


これを聞いていたマスコミ各社が一斉に質問を浴びせかけました。移植ってどういうことですか!?臓器売買でもするつもりか?何のための会見だ!


私たちの息子は白血病だ。今危険な状態にあって望の骨髄液を待っている。私たちはむすこのために望を授かった。


移植をするために子供を作るなど許されない!それでも親か!?人間かっ!


この非難に逆切れする優子です


親だからした。他に方法があるなら教えてほしい!!移植をしないってことは新を助けないこと。そんなことは許さない!!これの何が悪いの!? 望は私が産んだの。私が母親よ!産んだ子をどうするかは私が決める!!この優子が信じられんわ~(;´・ω・)


会見場でこの話を聞いていた悠里が、ついに我慢しきれなくなりました。母親なら何をしても許されるんですか?子どもの体を好きに使ってもいいんですか?悠里、もっと言ってやれ!


いいのよ。そのために産んだのだから。望は必ず取り返す!


やはり正気の沙汰とは思えません


テレビでこの様子を見ていた山原も、ついに耐えきれなくなったようで悠里と話したいと警察に連絡してきました


予告ではどうやら、山原がどこかに立てこもっているように見えましたが?


このドラマはあくまでもフィクションでしょうけれど、実際の生殖医療を考えた時、それを実現するにあたり、いったいどこに「線引き」をすべきなのかと考えると、やはりそこは人間が立ち入るべき領域ではない、と思わずにはいられません


将来難病を抱えることが分かっていて、その難病を防ぐ手立てがあるのに、なにもしてはいけないのか、難病に苦しむ我が子のために、他人は無理だから、やはり我が子をその犠牲にしても良いのか。つくづく考えさせられる問題です


デザイナーベイビーはいよいよ来週が最終回ですデザイナーベイビーが面白い(^^)/


デザイナーベイビー〔上〕 (ハヤカワ文庫JA)デザイナーベイビー〔下〕 (ハヤカワ文庫JA)
これは小説も面白そうかも


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.