このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

スリーデイズ あらすじと感想 第7&8話 「フィクサー」の歪んだ欲望

スリーデイズ~愛と正義~のあらすじと感想、登場人物はこちらからご覧いただけます: スリーデイズ~愛と正義~ネタバレと感想、登場人物一覧


パク・ユチョンさん主演の韓国ドラマ、【スリーデイズ~愛と正義~】は、7話「動き出したフィクサー」と8話「信じられる者」を見終わりました。毎週、実際に見るまでは我慢して半分だけ見ようとも思うんですが、いざ見始めると止められませんし、展開が早くて面白いので2時間があっという間に過ぎてしまいます。以下早速ネタバレですスリーデイズ~愛と正義のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず、前回「自殺」に見せかけて殺されたクォン・ジェヨンですが、殺したのはキム・ドジンの部下ではなかったことが判明しました。彼を殺したのはなんと、秘書室長のシン・ギュジンだったのです


このギュジンは、現大統領=イ・ドンフィ政権を作ったのは自分だと己の功績を自負していたようで、それがスキャンダルまみれになって頓挫してしまうのがどうやら許せなかったようなのです


テギョンより一歩先にジェヨンを訪ねたギュジンは、ジェヨンが持っていた「機密文書98」のオリジナルを手に入れてジェヨンを突き落とすと、ジェヨンのパソコンで彼の遺書までねつ造したそうです。時間的にあの場所での作成は無理でしょうから、パソコンだけ持ち出して後で作ったのでしょうか


またジェヨンが、その機密文書98のコピーを官邸に送ったと語っていたことから、ギュジンは部下に命じてこれを阻止し、寸でのところで中身を「偽の遺書」と差し替えさせていたようです。その部下を演じていたのがキム・ユンテさん(チョ・ヨンギュ@チョン・ドジョン)だったようなので、まず間違いないと思われます


~ということは、このコピーはまだギュジンが隠し持っているということでしょうか


あの目の細い部下から、ジェヨンが何者かに先に殺されたと聞いたドジンは、早速監視カメラの映像に細工をさせて捜査を妨害させると同時に、その人物が秘書室長のシン・ギュジンだったと確認します。


これでギュジンの野心を嗅ぎつけたドジンは、直接ギュジンに取引を持ちかけてきました。ギュジンはドンフィが、過去の罪を告白しないと諦めてくれれば、今回の大統領狙撃事件および過去のヤンシン里の事件はすべてクォン・ジェヨンとハム・ボンスらの犯行として真相を隠蔽するつもりだったのですけど、ドンフィが断固として譲らなかったため、ドジンの誘いに乗ってしまいます。


国会ではドンフィに対する「弾劾訴追案」が提出されてしまったため、その任務を代行することになった「総理」を、ドジンとともにうまく言いくるめたギュジンは、もはやフィクサーではなく表舞台に出るつもりらしい~ドンフィに取って代わろうと考えているようです


が、ここでチャヨンが、ジェヨンが送った郵便物の領収書から、その重さが250gあったことに気づいていたので、早晩、遺書はジェヨンが送ったものではない、と気づくはずです


でもドンフィはこのチャヨンを疑っていたようです。個人的に、この人の報告がいつも明確でないため毎回イラッとさせられてはいますが(領収書がありました、じゃなくて、何かを郵送したようです、でしょ)、チャヨンがギュジンの仲間になる線はありそうでなさそうな気がします。まだ分かりませんけど


一方、ギュジンから機密文書98のオリジナルを手に入れたドジンは、ついにドジンが黒幕だと気づいて押しかけて来たテギョンの前で、これを燃やしてしまいます


その上、ふふん、でもまだあのコピーがどこかにあるはずだものね~とほくそ笑んでいたおばさんの楽しみもあっけなく崩されてしまいます。テギョンは、自宅のPCのパスワードをいとも簡単に突き止めて、父ギジュンの書いた報告書を全文読むことに成功したのです


~98年の2月6日だから980206とはちと安易すぎるパスワードでしたね。しかもファイルの保存場所は相変わらずドライブEで外付けだったようなのに、誰もその媒体を盗んでいかなかったのだろうか、とついつい突っ込まずにいられません。がこれはこの辺で忘れることにいたしまする


尊敬していた父と命懸けで守ってきた大統領の思わぬ不正にショックを受け、一旦は警護官を辞めようとしていたテギョンでしたが、一警察官でありながら、ギジュンの事故死とその真相の隠蔽に大いに憤慨し、真相究明を諦めないボウォンの姿に勇気づけられ、再び職務に復帰します


またこれは、ドンフィがテギョンにギジュンの志を話してくれたことも大きかったことでしょう。ギジュンは息子の前で胸を張れる存在でいたかったから、16年もの間孤軍奮闘し、同志を集めながら真相を究明し続けたのだと


前回、このギジュンが「金の運び屋」をしたという話がどうにも解せなかったのですけど、やはりそこにも裏があったようです。ギジュンは自分の運ぶ金が賄賂だとは夢にも思わず、食糧支援資金だと思い込まされていたのだそうです。その後に起きたヤンシン里事件と繋がっていたとは夢にも思わなかったようです。


それが、ある時、思いもよらぬ人物から真相を打ち明けられたそうです。その人物というのが、前回の報告書にもあった北朝鮮の「リ少佐」ことリ・チョルギュ(チャン・ドンジク)でした。このチョルギュは粛正により死刑になったと公表されていましたが、実際には生きていて、韓国に潜伏していたのだそうです


そのチョルギュはヤンシン里事件の起きた98年(まだ寒い時期)に、中国の南京でギジュンに接触してきたそうです。大々的な粛正が始まるから助けてほしい、頼れるのはギジュンだけだと、当時の偵察局の情報と引き換えに、助けを求めてきたそうです。


その情報というのが「ヤンシン里事件の真相」でした。ギジュンが延辺に運んだ金は1000万ドルだけだったそうで、それはファルコンから北に渡された「前金」だったのだそうですが、ギジュンはまったく寝耳に水だったのだとか。


そこにはテギョンも同行していたらしく、幼いテギョンもその時の記憶がかすかに残っていたようです。ギジュンは激しくチョルギュに食って掛かっていたそう~まさかそんなことが!?


以前の話なども合わせると、ドンフィ自身は、ギジュンほど何も知らなかったわけではなかったけれど、おそらくは不運な事故とでも聞かされ、自分もまた(自分に都合が悪いことは)深く追求しなかったのでしょうね。が、その後、自分の護衛官=テギョンの父として紹介されたギジュンから、ヤンシン里事件の真相を明かされたドンフィは、その後もずっとギジュンに励まされ続けてきたと思われます


その真相を明かすために、多くの同志や、護衛官ら、そして無関係な人々をも死に至らしめたり、苦しめたりすることになってしまったが、自分は大統領だから、真実を隠したままにはしておけないと覚悟を決めたドンフィが頼もしかったですよね。悪事を犯してしまったことは取り返しがつきませんが、今彼にできる最大の償いこそ、真相を告白して罪に服すことなのです


そしてそんなドンフィが大統領としての役目を果たすまでは、なんとしてもテギョンにドンフィを守ってもらわねばなりませぬテギョン負けるな( `ー´)ノ!あんな卑怯で卑劣なドジンなどに負けてたまるものですかっ!!も~スリーデイズのドジンが憎たらしくてたまらんっ!(`・ω・´)


その後、もうひとり諦めない正義漢=ボウォンが粘り強くギジュンの事故当時の携帯通話記録を調べてくれたことがきっかけで、事態が急展開していきます。そこにあった不在着信の番号は、仁川のモーテル「ロサ」の近くにある公衆電話の物だったことが判明したのです


早速現場に赴いたボウォンが、自分の携帯からではなく、その公衆電話からテギョンに電話したのがまたナイスでしたね~。そこでボウォンを拉致した人物こそリ・チョルギュだったのですけど、ボウォンからの電話を受けて駆けつけてきたテギョンは、着信と同じ公衆電話の受話器が外れていたことや、近くに通話記録のレポートが落ちていたことから、そのモーテルが怪しいと睨み、チョルギュと再会することになります。


そのチョルギュも、おそらくドンフィらのニュースを聞いていたのか、単独でドジンに接触していたそうです。ヤンシン里事件を起こす前、98年の1月に北京で行われた南北経済協力会談の後に非公式に開かれた会談で、北の要人=人民武力部偵察局参謀長のファン・ギョンジュン将軍とドジンたちが会食した際の写真を、ドジンに届けてきたのです。


驚いたドジンが即座に監視カメラの映像を確認させたところ、それが死んだと思って安心していたチョルギュの仕業だったことが判明しました。この時のドジンの驚き怒った顔が実に痛快でやんしたね


テギョンはチョルギュの協力を得て、またしてもあの暗号を使ってドンフィに接触を図り、チョルギュを証人に呼んで記者会見を開くよう算段しますが、それをドジンも素早く察し、会見が行われる場所の警護計画書を盗み出すよう、ギュジンに命じてきます


ギュジンが計画書を手に入れようとしていたところに、問題のイ・チャヨンがやってきました。チャヨンは淡々と、それは持ちだし禁止だと語り、ギュジンはこれは二人だけの秘密にしてほしいと答えていたのですが、これは果たして何を意味しているのか、というところでしょうね。ドンフィが仄めかしたように、チャヨンにもまた寝返る素養があるのか、それとも、テギョンの言うように、チャヨンは信頼できるのか


テギョンがチョルギュを車に乗せて会見場にやってくると、ドジンの部下たちが待ち構えたように彼らを取り囲みましたが、ここは「すり替え」に気づいた方も多かったのではないでしょうか。チョルギュを装っていた人物は、帽子を目深にかぶって決して顔を上げようとはしなかったのですけど、見え隠れする鼻の形がスッキリしていてチョルギュのそれではありませんでしたからね


そう、テギョンは既にこれを予想しており、途中でチョルギュと護衛官をすり替えていたのですよくやった(^^)/。だからこそ、あんなにもたもたと時間を稼いでいたのですよね~。ここはむはははは、まんまと騙された!!と大喜びです


しかもテギョンはここにチェ・ジフン特別検事を新たな証人として呼び寄せて、ドジンがチョルギュを買収して黙らせようとしていた会話をすべて聞かせていたのです。こんなに心強いことはありませぬ


でも、何せまだ8話ですし、これが上手くいくとは思えません。またしても何か邪魔が入るにきまってますよね~そうなってこそ(ドラマとしては)ますます盛り上がる訳ですし


予告では、ドジンが第二のヤンシン里事件を計画しているような話も聞こえていました


一方で、これまで、警護室と秘書室の両方に「裏切り者」が出たわけですけど、いつも大統領にピッタリ張りついている、(ユン・ソヒョン演じる警護官を初めとする)随行チーム、それに警護本部長のキム・サンヒ(アン・ギルガン)は、少なくとも今のところ、確実に信頼が置けそうなのは頼もしい限りです


いやいやますます面白くなってきましたね~スリーデイズ~愛と正義~は続きが今から待ち遠しくてなりませんスリーデイズが面白い(^^)/


スリーデイズ~愛と正義~ DVD&Blu-ray SET1(特典映像ディスク&オリジナルサウンドトラックCD付き)スリーデイズ~愛と正義~ DVD&Blu-ray SET2(特典映像ディスク&劇場版DVD付き)
これは是非ノーカット版も放送してほしい♪


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はスリーデイズ~愛と正義~のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング