このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

おかしの家
 家族モノ・ホームドラマ

おかしの家 あらすじと感想 第4話 痛み

オダギリジョーさん主演の【おかしの家】は4話もまたなんとも切ないエピソードでした。前回もそうでしたが、今回もまた、子どもの頃には気づけなかった、大人になって初めて気づく「痛み」についてです。以下簡単なネタバレのあらすじですangel-heart


これまでも、太郎がおかしの家こと「さくらや」の将来を憂え、明子おばあちゃんを心配していたことは明らかでしたが、今回は新たに、いつものほほんとして見えた金田と、年下に混じって暇つぶしをしていたかに見えた島崎の「痛み」も明らかになりました


まず金田は、ああ見えて5年ぐらい会社の営業をしていたことがあったのだそうです。毎日毎日客に頭を下げ、上司からは「今の若い奴は甘い」と馬鹿にされ続けていた金田は「生まれてきた意味」を考えるほど落ち込んでしまったそうです


大変だったのねえ、剛君、ひとりきりで寂しかったでしょ?


金田の話を聞いた明子がそう声を掛けてくれたのを、金田本人が驚いていたのが新鮮でした


ああ、この子はこれまで一度も、こうして自分の言葉に真剣に耳を傾けてくれる人がいなかったのか、とつくづくそう感じたからです。誰かひとりでも良いから親身になってくれる大人が近くにいてくれたら、あるいは、会社を辞めずに済む道もあったかもしれませんのに


その金田は今回、太郎と三枝が、めずらしく大真面目で世界情勢や社会問題に頭を悩ませていたのを見て、つい、もっと卑近なワイドショーネタを披露したところ、これをことごとく馬鹿にされてしまったことでブチ切れてしまいます


自分達だって、もっと深刻で差し迫ったシビアな現実が目の前にあるでしょう?


それから目を反らせているくせに、エラソーに社会情勢など語っている方があまっちょろい、(どうせ本気で取り組むことなどできず、すぐに逃げ出すのだから)と「図星を指された太郎」は激怒し、金田を殴ってしまいます


自己嫌悪に陥った太郎が「知恵熱」を出したのがまた可笑しかったですね。そんな太郎を看病しながら、明子が金田に電話をするよう促します。どちらも同じように「悩み」を抱えているのだから、お互いを傷つけあってはいけないと


金田の言うように、目の前の問題をどう解決したらよいか分からず、イライラしてしまったと謝る太郎に、金田もまたぶってくれてありがとうと答えたのがまた良かったですね


一方、もうひとり大きな問題を抱えているのは島崎です。


銭湯への客足はぱったり途絶え、ついに銀行からの融資も断られてしまったようです。これまたもはや「現実逃避」をしている訳には行かなさそうです。銭湯が無くなってしまうのは得も言われぬ寂しさがありますが、太郎も三枝もどうすることもできません


また、そこまで切羽詰ってはいないものの、礼子のところも実は深刻です


今回礼子は過労で倒れてしまうのですが、もし礼子に何かあったら、春馬はひとりきりになってしまうのです。それはまた太郎も同じことなのですが、春馬はまだまだ子どもですから、寂しいだけで済まされる問題ではありません。その辺のことも含めて、礼子は太郎に回答を迫っているのですけどねえ


やはり太郎もそろそろ腹をくくらなければならぬかもしれませんね。何も大ごとにしなくても、身内だけで式を挙げ、籍を入れてふたりも一緒にさくらやで暮らすようにするだけでも、どちらも少しは心強くなるだろうに


が、来週はそんな太郎の前に元カノ?が出現するようで、礼子の心中たるや穏やかならぬものになりそうですおかしの家は続きもとっても楽しみです



RCサクセション「空がまた暗くなる」~この歌がまたすごくいい


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はおかしの家のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング