このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ぼんくら
 時代劇・歴史モノ

ぼんくら2 あらすじと感想 第4話 穏やかなる死体

ぼんくらのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ぼんくら あらすじと登場人物一覧


ぼんくら2】の第4話は「穏やかなる死体」です。ドラマとしては「葵殺しの犯人を突き止めるという実に深刻なテーマのはずなのですが、それを緩和するかのような楽しいシーンが目立ったエピソードでしたね。以下早速ネタバレですぼんくら2のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずは、葵の遺体を、副題となった「穏やかなる死体」と指摘したのは、ああ見えて結構な(木刀の)使い手でもあるらしい弓之助です。弓之助は、もし葵殺しの犯人が葵に恨みを持つ者だったとしたなら、殺害現場がもっと荒らされていても良いはずだと推理したのだそうです


ここで小平次を葵に見立ててその首を絞め、実証見聞した時がまた笑えましたね~。小平次は、首を絞められていると言うのに、それをふりほどこうともせず、必死に股間を抑えていたのです。そんな下世話な点に注目してしまったのはおばさんだけでございましょうか


葵の遺体(着衣)はもちろんのこと、遺体のあった部屋の衣桁に掛けられていた白菊の着物にも何の乱れも無かったそうです。そんな「穏やかなる死体」が生まれたのは、もしかしたら、犯人には元々葵を殺す動機は無く、しかも葵とも親しかったのが、偶然、殺さなければならない羽目に陥ったからではなかろうか


こうなるとやはり怪しくなってくるのは手習い所の師匠の晴香ですよね。あの甘い香りも、晴香のつけていた匂い袋のもののようです。これもまた弓之助が嗅ぎ付けて、否、突き止めています。それによると、部屋の中で一番香りが強かったのは、畳の上だそうですよん


その弓之助が、最近頻繁に「おでこ」と出かけるという理由もまた良かったな。おでこは、政五郎に世話になっているのを恩義に感じ、その手下(てか)として、事件が無い時にもあちこちで昔の話を聞いては記憶し、今後の「捕り物」に役立てたいと、地道な聞き込みを行っていたのだそうです。あの年でそこまで考えているとは、何とも可愛くて健気な心掛けでございまするね


が、情報量が多くなるとさすがのおでこにも記憶を引き出すのが難しくなるらしいことから、弓之助は、誰からどんな話を聞いてそれがいつ頃のことだったのかという目録を作る、いわゆるデータベース化しようと申し出たのだそうです


また中には相手が子供だからと話も聞かずに乱暴を働く輩もいるそうで、そんな時にも弓之助の「剣道の腕」が役立つのだとか。ふたりともまだ幼いのに大したもんだと褒めた平四郎も嬉しそうでしたよね


その平四郎の「おもてなし」も期待通りで実に楽しかったですね~。平四郎は「屋根船」を借り切って、お徳と彦一の作ったご馳走を振る舞ったのですが、佐伯はこれまで

何事も、見て見ぬふりをするたびに美味いものを食べてきた

というだけあって、出された器が石和屋の物であるとか、その割には味が濃い目だとか、出された料理が「名月椀だとかうんちくを語ったのには大笑いでした


肝心の味は「美味だったそうで、それには、一通りの料理から、土産に持たせたという「栗餡の茶巾絞りまで精魂込めてこさえ、前の晩は緊張のあまり眠れなかったらしいお徳も一安心でしたでしょうし、平四郎は

「委細承知=何でも好きになさるがよい」

の一言で、ようやくホッとしたようです。余計なことは一切言わず、訥々と語る佐伯を真似て

「な る ほ ど」

と言ったその横顔のがいつもより長く感じられたのはおばさんだけではありますまい。その佐伯も、佐吉は無実だろうが、総右衛門が「身内(おふじ)」を庇って、佐吉が下手人ということで納めてしまったのだろうと推測していたようです


また、その総右衛門と久兵衛が前回演出したという「子盗り鬼」は、なんと、プロの手によるものだったことも今回判明いたしました。彼らは昔、両国辺りで評判を取った「手妻(手品)と幻術使いの一座」なのだそうです。


この一座を気に入った総右衛門は、何年も彼らの後ろ盾をしていたのだそうです。それで今回駆り出されたという訳ですけど、葵は、今回のことが無くても彼らに一芝居打たせようと考えていたそうです。その相手はおふじですかね~やはり


でも、いくら真に迫っていたとはいえ、あくまでも一時の「芝居」だったはずのこの鬼が、今回もまた登場したのはなぜなのでしょうか。何でも今回、ひとりの幼女=おはつが行方不明になって大騒ぎになったところ、その後杢太郎がおはつを見つけた時にはその首に絞められた跡があり、近くには鬼の姿(影)も見えたのだとか


必死でおはつを捜した上、葵の屋敷には本当に鬼が出るから子供を近づけちゃなんねえと本気で心配してくれる杢太郎もまたなかなかですよね。管轄違いとは言え、この杢太郎とも今後の長いお付き合いをお願いしたい気分でござる


次回はいよいよ平四郎が総右衛門から話を聞くことになるようです。ものものしく葵の屋敷にやってきた総右衛門が、いったい何を(白々しく)語ろうというのか、ここはシッカリ見極めねばなりますまい本物の悪党はおふじじゃなくて湊屋総右衛門だ!(`・ω・´)


ぼんくら2は次回がますます楽しみですねぼんくら2が面白い(^^)/


 
今度の原作は「日暮らし」だそうです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はぼんくらのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング