このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

あさが来た
 NHK朝の連続テレビ小説

あさが来た あらすじと感想 第7週 だんな様の秘密

あさが来たのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: あさが来た あらすじと感想一覧 全26週156話


NHK連続テレビ小説の【あさが来た】の第7週は「だんな様の秘密」です。期待通り、本当に楽しいエピソードでしたね。以下早速ネタバレですあさが来たのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


おばさんはこれを週に一度、土曜にまとめて見ているのですけど、ついつい今週だけは、今か今か、と、あさがいつ、

得意の相撲で荒くれ男を投げ飛ばすのか

を待ち望まずにはいられませんでしたあさが来たが楽しすぎ(≧▽≦)。その「お楽しみ」は最後の最後、土曜だったのですね~昨日はまとめて大喜びでした。そこにいたるまでの経緯(あらすじ)はこうだす


まず、亀助とともにやってきたあさを案内していたのは、あさが買った「蔵野炭鉱」の支配人=宮部源吉(梶原善)だったそうです。この男がまた何とも煮え切らない男でして、後にあさから「風見鶏」と呼ばれています。


せっかく炭鉱に着いたというのに、人っ子一人見えないのを不思議に思ったあさは、飯場の中から声がしたのでその扉をどんどんと叩いた挙句、これを倒してしまいました。すると中には、むさくるしい男どもがたむろしているではありませんか。


坑夫たちの棟梁である「親分=次郎作」(山崎銀之丞)を初めとする男どもは口をそろえてこう言います。おなごが来るとは笑止千万、話になるはずがない、話をしたかったら旦那をよこせ、と。


なんでだす?なんでおなごとは話せぇへんのだす?


あさは今回の件を任されるにあたり、正吉から加野屋の手ぬぐいと風呂敷を預かってきていました。正吉は、現地に行くのはひとりでも、皆の気持ちが一緒だと、あさを励ましてくれたのです


以前、加野屋を訪ねてきた櫛田そえの言葉が蘇りますね。女性がここまでの大仕事を任せてもらえるのは本当に恵まれていることだ、世間ではまだまだ女性は認められていない、と。特に、九州の坑夫たちは、炭鉱で命懸けの仕事をしていることに、かつ、九州男児であることに強い誇りを持っていたため、

おんなごときに仕切られてたまるか

という意識が強かったのでしょう。


最初は、何とか働いてもらおうと平身低頭のあさでしたけど、そのうち、むくむくとその負けん気が頭をもたげてきます。毎日毎日仕事もせずに、相手が女だと言うだけで「金にもならぬおしゃべり」に時間を費やす坑夫たちに、心底腹が立ってきたのです。その上、あさをよこした正吉や信之助のことも「腰抜け」呼ばわりされて大人しくしていられるあさではありません


「お父様や旦那様を悪く言うのは許しませんっ!!


これで坑夫たちが襲い掛かってきたのを止めた亀助や宮部が邪魔でしたね~止めるな亀助っ!。あ~あそこにうめがいたら、一緒に戦ってくれただろうにあさが来たのうめもいい味出してます( `ー´)ノ


そこであさは一転実力行使に出ることにしました。自分も坑道に入って山のことを勉強し、皆を見返してやろうと思ったようです。


が、提灯を持って炭鉱に入っていくあさを見た次郎作は、大慌てで飛んできてあさを連れ戻します


こん馬鹿がっ!!


あさを殴った次郎作は、石炭は「燃える石」であり、その石炭に囲まれた穴に提灯など持って入ったら火だるまになってもおかしくない、それだけではなく土砂崩れや鉄砲水で人が死ぬことも少なくない、

炭鉱はいつだって死と隣り合わせっちゅうことだ!!何もわからんと勝手なことをするな!

とあさを怒鳴りつけました。彼らが細心の注意を払っている証拠に、飯場にもたくさんのカナリヤがいましたものね。


が、その目にまで浮かべて叱ってくれた次郎作の気持ちを理解しないあさではありません。あさは即座に素直に次郎作に謝り、その次郎作に言われた通り「山の神様」にも深々と頭を下げました。


新次郎への手紙の中でも、あさは、自分がどれほど世間知らずの子どもだったかを深く反省しています。でもだからと言ってそこで諦めるあさでは決してありませんあさが来たのあさは決して諦めない( `ー´)ノ


自分を本気で叱ってくれた次郎作への「信頼」が生まれたらしいあさは、もう一度だけ皆と話をさせてほしいと頼みました。が、それでも皆の態度がまったく変わらなかったため、あさはついにブチ切れてしまいます黙って聞いてりゃいい気になって!


この卑怯者!!おなごやから言うて初めから見下して。大体あんたら、いったい誰から生まれてきた思たはりますのや!おなごや言うて、なめたらあきまへんで!!

うちは、あんたらとまともな話し合いがでけへん限り、決して大阪へは帰りまへん!!男も女もお互い助け合うてええ世の中作らん事にはどないなりますねん、この石頭っ!!


これに腹を立てた坑夫たちがあさに襲い掛かったところで、友厚から授けられ、大切に加野屋の風呂敷に包んで袂に入れておいたピストルが暴発してしまいます


あさに襲い掛かった坑夫たちはもちろんのこと、それを止めようとしていた次郎作もこれには腰を抜かしてしまいました。まさかピストルまで持参していようとは思いもよらなかったからです。


あれで撃ち殺されてはたまらない、仕方ないから働こうか


坑夫たちにそんな諦めムードが漂ってきたその頃、なんとまあ、新次郎が大層立派な駕籠に乗ってやってきました


ここで、ずっと新次郎を恋しがっていたはずのあさの第一声が「もったいない」だったのにも大笑いでしたが、坑夫たちが、

あんな気の強いおなごの手綱を握った上にピストルまで持たせた旦那

が、どんな強面なのかを見に行こうとやってきたのに、肝心の新次郎が

「蚊に食われた」「駕籠代などわてのお三味一竿より安い

とごねている姿にびっくりぽんだったのは本当に楽しかった坑夫が新次郎の優男ぶりにびっくりぽん♪


「どげんにも読めん男じゃのう


でもその新次郎があさに語って聞かせた言葉がまた実によかったのでござる。どこぞの誰かさんにも聞かせてやりたかったですね~


相手負かしたろう思て武器持つやろ?そしたら相手はそれに負けんようにもっと強い武器持って、そしたらこっちはもっともっと強い武器を、って。

こら(これが)、太古の昔からアホの男の考えるこっちゃ


あさにはあさの「柔らかいほっぺ大福のようなほっぺだすのようなあさなりのやり方がある。そのほっぺを触るだけで「敵わんなあと思わされるのと同じ、おなごのやらかいよさを活かせ、と。それは、あさの祖父の忠政と同じ考えだったそうです


このピストルに関しては、次郎作の妻でシッカリ者のカズ(富田靖子)からも亭主を殺さないでほしいと懇願されてしまっています


そこであさは翌日皆に頭を下げ、もう二度とピストルは使わないと約束しました。あさは、石炭がどれほど素晴らしいものなのかを改めて皆に語って聞かせ、石炭こそが日本の将来を支えるという誇りを持って働いてほしいと演説します。これにはほとんどの坑夫が感動してくれたというのに、それでもまだひねくれ者がヤジを飛ばすのを止めません


さ~てここからが本番でした待ってました!(≧▽≦)。あさはついに「勝負しよう」と申し出たのです


着物の裾をめくって「相撲を取ろう簡単に負けるつもりはあらしまへん。京都では女大関と呼ばれていましたと言いだしたあさに、坑夫たちはこぞってその相手に名乗り出ますが、おんなを倒して何が面白いのかと次郎作が皆をたしなめたため、宮部にその白羽の矢が立てられてしまいます


望むところだす!!


何度も何度も俵に足をかけて残ったあさには、カズや新次郎のみならず、次郎作までも応援の檄を飛ばしてしまいました


ガンバリ!奥さん、負けたらつまらんっ!!そうちゃ奥さん!こん炭鉱が懸かっとンとぞ!頑張らなたいっ!!次郎作とカズ夫婦がまたいい♪


へぇっ!!


皆の声援を受けて渾身の力を込めたあさがついに宮部を投げ飛ばした時には拍手喝采でございました


下手投げで白岡あさの勝ち~っ!!

実はあさよりずっとお裁縫が得意らしい独身生活の長い亀助も、心の底から嬉しそうでござったね


こうしてようやく皆から認められたあさは、それでもしばらく炭鉱に残ることになったようです。着物が汚れるところには一生行きたくなかったはずの新次郎も裾が汚れた~こんなところに3日とおられん、これでやっと安心してまた駕籠で大阪に戻っていきました


また今回はこの新次郎の「秘密」も明かされています。ねっからの怠け者じゃないとは思ってましたが、そんな過去があったとはこれまたびっくりぽんでした


20年前、新次郎の幼馴染の父親で加野屋の大番頭だった人物が、のれん分けをしてもらった後にばくちに手を出し、資金繰りに困った挙句、妻と子どもを捨てて逃げてしまったのだそうです。もちろん妻子もついには行方不明になったそうです。


その際正吉は(以前の忠興同様)一切金を貸そうとしなかったそうですが、新次郎はそれで

「金の恐ろしさ

を思い知り、両替屋という金貸しをしている実家の家業がホトホト嫌になったのだとか。それでも「金」のためだけじゃなく、あくまでも実家と「旦那様」のために奔走するあさの気持ちは分かってもらえて何よりでした


、もしかしたらその「幼馴染」が炭鉱にいたのではないか?(長塚圭史)との勘繰りは、ミステリー好きなおばさんの実にはた迷惑な先読みでございましょうか


一方、もう2年もの間行方をくらませていた惣兵衛も、ようやく戻ってまいりました。賭場に出入りしているとの噂を聞きつけた友厚がこれをはつに知らせ、はつが自らそこへ乗り込んで行き、惣兵衛の手を引いて逃げてきたのです


惣兵衛は、自分のせいで「不幸」になったはつが不憫でならず、それなのに、誰にも気を遣わずにのびのびと暮らせる貧乏暮らしを心の底から楽しんだ自分を許せずに、雲隠れしてしまったそうです


「今のうちがあの家にいた時より不幸に見えますか?


貧しさ即ち不幸ではないとニッコリ笑ったはつは、友厚や以前の惣兵衛が言った通り、まさにあさにそっくりですね


よのがそんなはつをいたく気に入り、藍之助ともども加野屋に引き取ろうとした魂胆はミエミエでした。何度藍之助と教えても(新次郎の「新」を取って)「新之助」と呼ぶほどですから


加野屋のお姑さんも、それはそれで難しいらしいとははつの読み通りでござりまする。影でこそこそ画策されるより、面と向かって嫌みを言われる方がまだ分かりやすくてマシかもしれません


その他では、どうやら雁助とうめがお似合い?かもしれんこと、亀助はふゆが気に入っていたのに、そのふゆは秘かに新次郎に思いを寄せてしまったかもしれんこと、などが、ちょっとしたびっくりぽんでございました


来週もまた悲喜こもごもになりそうな「あさが来た」は続きもとっても楽しみですねあさが来たが楽しすぎ(^◇^)



こちらが原案になるようです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はあさが来たのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング