このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

アンダー・ザ・ドーム(Under the Dome)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

アンダー・ザ・ドーム3 あらすじ 第5~10話 アラスカ ほか

アンダー・ザ・ドームのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: アンダー・ザ・ドーム あらすじと登場人物、キャスト一覧


アンダー・ザ・ドーム3の第5話は「アラスカ」(Alaska)です。見れば見るほど止めたくなる気持ちが強くなるばかりです。以下簡単なネタバレです


でも今回は半分ぐらいまではなかなか面白かったです。というのも、アクタイオン社とクリスティーンの関係が明らかになり、彼らの行動には一応の理由があるように(途中までは)思えたからです


ビッグジムからクリスティーンと卵のビデオの話を聞いて早速確認に行ったジュリアですが、その動画を収めたカメラが何者かに盗まれてしまいました。そこでアクタイオン社のアジトへ行って証拠を探そうとしたところをマーストンに見つかってしまったため、手っ取り早くそのマーストンから事情を聞くことになります。彼らのファイルの中にあった

「アラスカ」

で、いったい何があったのか?と。


25年前、アラスカで考古学的探査を行っていたあるチームが、隕石でできたクレーター内で、卵の欠片と思われる断片を発見したのだそうです。その欠片は電気を放出し、そのエネルギーは強烈であるにもかかわらず、まったくの無害であることが判明したそうです。


欠片でこれほどのエネルギーを発するなら、無傷の卵ならどれほどの未来が開けるかと色めきだったのもつかの間、欠片に触れた科学者たちは、その中にある何かに影響されてすっかり変わってしまったそうです。(Whatever was inside that egg altered their behavior


なんとリーダーが飛び降り自殺を図ると、助手たちも皆後に続いたのだそうです。彼らを解剖した結果、その細胞は地球上の生物のそれではなかったらしい


あ~それでクリスティーンの影が既にエイリアンと化していたのですね~。でも、もし卵を触っただけで「感染」するなら、既にジュリアも、他の「選ばれた4人」もとっくに何度も触っているんですが、その件に関してはどう説明するのでしょうか。「選ばれた者」だからしなかったん


とまあ細かい検証(≒揚げ足取り)はさておき、ここでマーストンが、「最初に卵を触った人間=リーダー」を突き止めなければならぬと言ったので、一緒にそのリーダー=クリスティーンを捜しに行くのかと思いきや、ジュリアはその言葉通りクリスティーンを脅して彼らに引き渡したものの、ビッグジムはそのまま閉じ込められてしまいます。


そのビッグジムが、今やすっかり相棒となったワンコのインディ(♂)を助けるために、卵を壊してしまったと白状したのには泣かされました。個人的に、今このドラマの中でまともなのはビッグジムだけに見えることがしばしばあるんですよね~こんな日が来ることになろうとは思いも寄りませんでしたが


一方、クリスティーンとエヴァを庇ってジュリアと喧嘩をしたバービーは、そのエヴァが嘘をついているらしいことを知り、今度はエヴァを罵ります。エヴァもいい加減、自分がアクタイオン社から派遣されたと白状すればよいものを、またしてもクリスティーンに洗脳されて、言いくるめられてしまうのです。その洗脳に使われたのがあのオキシトンらしいです


何でも、クリスティーンが言うには、ビッグジムが卵を割ったため、ドームのエネルギーが弱まっているのだそうです。その結果、ドームの「羊水」(amniotic fluid)と例えられていたオキシトンも減り続けているらしいです。そしてそのエヴァは、卵が彼女にライフ・フォースを与えたため、バービーの子供を産む存在へと細胞レベルが変化しているのだとか~ってバービーっていったい何者やねん


また、今回いきなり登場のアメジストは、今朝1つ死に、さらに1つ死にかけているのだそうです


いや~自分に理解不能なことを文章にするのはストレス溜まりまくりですね。もはや最初の決意はどこへやら~次回辺りでギブアップするかもしれませんです


頼みの綱のバービーも、クリスティーンに騙されてピートを疑い、そのピートも同時にクリスティーンからバービーへの憎悪を植え付けられたため、ふたりは激しく殴り合いをしてしまいます。バービーを庇ったエヴァがひどくやられたのに怒ったバービーは結局ピートを殺してしまったのかもしれません


アビーのおかげでせっかく正気に返りそうだったサムも、クリスティーンにアビーを殺されてしまいます。


今(感染した住民の中で)唯一まともなのは、正気に戻ったノリーとジョーだけです。そのノリーも、クリスティーンに従うよう無理強いしたハンターを振り払った、それが屋根の上だったためハンターが大けがを負ったことで、皆から非難の目で見られてしまったようです。


あ~書けば書くほど虚しさがこみ上げてきます。一応最終回まで見ることは見る予定ですが、あらすじを書くのはもう、その最終回が終わるまで諦めるかもしれませぬ


どう考えても、この流れで最後が納得のいくものになるとは思えませんのアンダーザドーム3がつまらなすぎ(;´・ω・)このストレスを来年まで引きずるなんてとてもとても耐えられません。楽しむためのドラマを見て、ストレス溜めるのは愚の骨頂ですからね


と、大きな決意をしたところで終わらせていただきまする。そんな決意が覆るほど面白くなる日が来るといいんですけどね~まず無いな(;´・ω・)



~とはいえ続きが気にならんわけではないので「続き」以降に、ちとメモだけしたためておきまする(備忘録用)


第6話:
サムが、アビーを殺したのはクリスティーンだと知って、クリスティーンをナイフで刺すも、しぶといクリスティーンは死なず、ジュニアに助けられてまたしても「繭」の中へ。

屋根から落ちたハンターは麻痺決定となり、ハンターだけに痛み止めを使う訳にはいかぬと言われ、自ら殺してくれと嘆願。エヴァがこれを実行しようとしたのを見たノリーとジョーが助けるも、ハンターには逆に恨まれてしまう。


第7話:
ドームの外にピンクの星が降ってきた。これは「隕石」であり、世界(それともアメリカだけ?それともまた幻想??)は滅亡の危機に陥ってしまう。ドームにいることを呪っていたのに、ドームにいたために命拾いをしたチェスターズミルの人々。

とはいえ、ノリーとジョー、そしてビッグジムとジュリアにサム、そしてかろうじてバービー以外はすっかりクリスティーンの崇拝者となり、自分の意志を失って、そんな事を考える余裕はまずなさそう。が、ハンターは「痛み」のおかげで我に返る。

これを見たノリーは「強い感情」こそがクリスティーンに対抗する手段だと息巻くが?


第8話:
隕石は幻影だったことが判明。ハンターはアクティオンの新ハンターことリリーとの接触に成功し、アクティオンから爆弾を送らせ、その爆弾で洞窟を爆破するが、そのせいでノリーの母キャロラインが死んでしまう。が、死ぬ直前に「人間らしさ」を取り戻す。サムとバービーはすっかり洗脳されてしまった。


第9話:
エヴァがバービーと関係した翌日に妊娠し、その数日後には出産を迎えるそうで、そのために12人の女性が選ばれた。この妊娠のおかげで新しいアメジストが産まれた模様(??)。ジュリアは必死にバービーを取り戻そうと奔走し、最後の最後にはどうやら正気に戻った様子? どうやらクリスティーンに必要とされているらしいジョーは、サムに騙されて拉致されてしまう。

またアクティオンの社長はバービーの父ではなくヘクターであることが判明し、その黒幕は政府だという話。


第10話:
ヘクターは、親友でともに「卵」の研究をしていたパトリック(Paul McCrane~Eriq La SalleとはER以来の共演か)が「感染」したことから、彼を救おうとして、マーストンにその治療法を研究させていたのだそう。後はクリスティーンの遺伝子を手に入れればそれが完成するというところまで行っていたが、ビッグジムがマーストンを殺したことで中断してしまった。

ビッグジムは自分がクリスティーンの遺伝子を手に入れる代わりに、チェスターズミルの皆をも治療するようヘクターと取引するが、ヘクターの本心はドームを守ることにあるらしい。ヘクターはあの赤い扉を爆破し、誰もドーム内に入れぬよう背水の陣を敷いてきたのだ。どうやら「軍」に追われているらしいが?

この秘密を知るのはパトリックの娘のリリーだけだが、そのリリーも、パトリックが実はまだ生きており、あちらの世界に置き去りにされたことは知らない様子。ハンターは、リリーがその存在すら知らなかった「秘密のフォルダー」を開くことに成功し、ケースに閉じ込められたパトリックの映像を目にしている。

一方、クリスティーンはドームが石灰化する前にドームを壊そうとしていると聞いたジョーは、ドームが石灰化したらドーム内に空気が入らなくなって皆窒息してしまうと、ここは彼らに協力する決意をする。サムの口笛(の波長もしくはリズム)にアメジストが反応していたことから、どうやらドーム爆破のヒントを得たようだが。

12人の若い女性=生贄の精気を吸い取ったエヴァは臨月を迎えた模様(女性たちは皆死んで穴に埋められた)。そのエヴァを見たバービーは、再び彼らに取り込まれてしまうのか?ジュニアは、バービーがジュリアを殺したというのは嘘だと疑っていたが?



これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はアンダー・ザ・ドーム(Under the Dome)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

わかりませんでした。
はじめまして。いつも楽しく読ませていただいております。

深読みや推理もおもしろく共感いたします。

ただ、「アンダー・ザ・ドーム」…最近はわけがわからず、こちらでわたしのわからないことが解明されているかと思っていましたが、やはりわたしと同じように、荒唐無稽な展開にがっかりな感じなのですね。

最初のわくわくがなくなってきて、本当に残念です。
同感です(;´・ω・)
mitsukiさん、はじめまして^^
いつもブログをご利用いただいていたとのことありがとうございます♪

アンダーザドーム3はもうお手上げ状態です(苦笑。
最近の展開は本当にひどすぎますよね~。

そうそう、何とかお得意の妄想でも繰り広げたいところなれど、
自分の頭ではもう付いていけそうにありません(^^ゞ。

また何か面白そうな展開があれば書くかもしれませんけど、
後は惰性で一応最後まで見るか~になりそうです。

私も、mitsukiさん同様、最初は本当に楽しんで見ていただけに、
とても残念に思っていましたよ~。
お声掛け頂きましてありがとうございましたv-254

また何か面白いドラマをご一緒できたらよいですね(^_-)。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング