2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

錦戸亮さん主演の金曜ナイトドラマ、【サムライせんせい】は5話もまたとっても楽しかったですね~。今回はどうやら意外な事実が判明?したようでしたし。以下早速ネタバレですサムライせんせいのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回はなんと、これまでずっと半平太や龍馬に理解を示してくれていた佐伯こそ過去から来た人物かもしれんことが判明したのでありまする。もちろん、佐伯には寅之助と晴香という孫がおりますから、現代での生活もかなり長かったことと思われますが、どうやら佐伯はその昔、土佐藩の鎧兜を身に着けて神里村にタイムスリップしてきたようなのです


しかもその甲冑には「土佐柏」の家紋があったことから、どうも山内家の者らしい。これで山内容堂では当たり前すぎて面白くないので、いっそのこと、土佐藩初代藩主の山内一豊ではいかがでしょうか。幕末より戦国時代に近い方が、甲冑着ててもそう不自然ではありませんし


神里村に伝わるという怪談

神里の村乱れし時、漆黒の武者現れ、血の裁きを下す

というのも、案外、この佐伯が村に出現した時の様子を指しているのかもしれませんね


佐伯は以前、小学校の校長をしていたそうなのですが、その際佐伯はこの土佐藩の甲冑を学校に寄付したのだそうです。しかも佐伯はこの事を龍馬と半平太に知られまいとしていたのも怪しいですよね。何せふたりは、

この鎧兜は過去から来た土佐藩の人間が身に着けてきたものに違いない

とほぼ確信していたのですから。


今回ふたりは、理央の娘の優菜(岩崎春果)が、学校で「漆黒の武者」を見たと言って皆から嘘つき呼ばわりされていたことを知り、早速その正体を確かめに行ったのです。そこで、どうやら幽霊嫌いらしい半平太が、やたらと怖がる姿がまた実に可笑しかったですね~。天下の武市半平太にも怖いものがあったのですね


でも確かに、学校って、よくある内臓模型はもちろんのこと、音楽室の歴代音楽家たちの肖像画とか、よく見ると怖い物ばかりですものね。半平太が必死になって

「暗くなる前には絶対帰るぞ!!

と断言するのも無理からぬことです


その件のネタバレは、次期村長を目指していた校長が、学校の金を使い込んだのを隠すため、ひとりの教師に命じて甲冑の偽物を3Dプリンターで作成させていたのが優菜に見つかってしまい、それを隠そうとした教師が、鎧兜をまとって優菜を脅かしただけなのだそうです


偽物を飾って本物を古美術商に売り飛ばすなんて、言語道断でございまするね。しかも、その罪が明るみに出ると、校長はすべての責任をその教師に押し付けようとしたのですから。これを否定すれば今度は優菜が嘘つきのままですし


今回この証拠を見つけてきたのは龍馬でしたが、それがすべて口から出まかせのハッタリだったというのも大笑いでした。龍馬は校長が鎧兜を売った店の主人から証言を得たと言ったけれど、龍馬はその店を特定できていた訳ではなく、

「たぶんそうだろう

とあたりを付けてカマをかけただけなのだそうです


所詮交渉なんてみんなハッタリだよ。長崎で、グラバーから軍艦と7300挺の銃を買い付けた時はシビレたねっ!!


そう得意げにした話=龍馬の幕末の武勇伝をもっと聞きたかったのはおばさんだけでございましょうか


そんなまさに「希代の詐欺師」の龍馬を見て呆れる半平太がまたイイんですよね~。おまんはそんなことをしちょったのか!


こんな「せんせい」がいてくれたら、子どもたちがまっすぐに育つのも頷けますね。今回の武市のこの言葉もけだし名言でございました


真実を偽ってでも物事を丸く収めようとするなんて、いつから日本人はそんなに腐ったがじゃ!どんな事情であれ日の本を担う子供らの前で嘘をついてはならぬ!わしら大人は手本とならねばならぬ!波風を立ててでも真実と向き合え!!


半平太にこう言われた晴香が、ようやくセクハラ上司が伸ばしてきた手をむんずと掴んでやり込めた姿は気安くお尻に触るなっ!(`・ω・´)、優菜もちゃんと見ていましたよ


毎回半平太が、当たり前のことを当たり前に行動&発言してくれる姿が何とも心地よいドラマでござるサムライせんせいは続きもとっても楽しみですねサムライせんせいが面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.