このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

刑事フォイル(Foyle's War)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

刑事フォイル(Foyle's war)あらすじと感想 第13話 軍事演習(前編)

刑事フォイルFoyle's War)のあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: 刑事フォイル(Foyle's War)あらすじと登場人物一覧


刑事フォイルFoyle's war】の13話は「軍事演習(前編)」です。英語の副題は「War Games」(戦争ゲーム)で、これまたエラク込み入っていてかつユーモアもタップリと、実に面白いエピソードでございました。とりあえずは、いつも通り、登場人物の紹介を中心にネタバレのあらすじをまとめておきまする刑事フォイルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


時は1940年の10月。エンパイア&ヨーロピアン食品(Empire & European Foods~以下E&Eと省略)という会社で秘密の役員会が開かれました。ここの会長はSir レジナルド・ウォーカー(Ian Redford)という貴族ですが、どうやら会社ぐるみでナチスと癒着=取引しているようです


「チェンバレンがミュンヘンから持ち帰った書簡より価値がある」と語ったその言葉から察するに、レジナルドの息子のサイモン(Laurence Fox)がスイスから持ち帰ったのはナチスとの契約書なのでしょう。チェンバレンとは当時のイギリスの首相=ネヴィル・チェンバレンであり、その持ち帰った書簡とは、ヒトラーとの英独首脳会談の結果(物別れ)を指してのことでしょうから。


This agreement will make Empire & European Foods the largest processor of non-mineral fats and oils in Europe both during the war and after it. It doesn't even matter who wins. We can't lose.
この契約によりE&Eはヨーロッパ最大の油脂加工会社になれる。たとえどちらが勝ったとしても我々が負けは無くなった


あの契約書にいったい何が書いてあるのか、思わず全部読みたくなる衝動を抑えられなかったおばさんですが、残念ながらドイツ語で書かれていたらしく、理解できなかったのが悔しい限りでござりまする


レジナルドはこの会議を開くにあたり、人選にはかなり気を使ったそうで、いつもの秘書は同席させず、アグネス・ブラウン(Caroline Faber)という個人秘書に記録を取らせましたが、このアグネスこそスパイだったらしく、サイモンが契約書を持ち帰ったことを仲間に連絡していたのを聞かれ、(たぶん)18Fのオフィスから突き落とされて殺されてしまいます


このアグネスの仲間というのが、どうやらドイツ人らしいスティーブン・ベック(Alan Howard)という弁護士のようでしたね。ベックは何とフォイルの旧友でもあるそうで、その口ぶりからは、1935年35年前にイギリスに移住して以来ずっとイギリスを愛していたらしいことが伺えました。ベックはフォイルと釣りをしている最中にこう語っていたのです


A pint. The fishing. The evening light.
There are things about this country I'd always miss if I had to leave.

もし今イギリスを去ることになったら、ビールと釣りと夕暮れの光を恋しく思うことだろう


予告からも、ウォーカー親子がナチスに心酔している様子が見て取れたことから、彼らを見張っているベックの仲間はイギリス軍情報部なのでしょうか。それは、このベックの同志らしい女性=ヒルダ・ピアース(Ellie Haddington)が、ベックが教会のパイプオルガンでバッハのカンタータ(BWV 147, Jesu, Joy of Man's Desiring)を弾いていたのを聞いて、

German music!(ドイツの音楽!)

と咎めるように指摘していたことからも明白でしょう。ベックが言うようにそれがどんなに素晴らしい音楽(The greatest music in the worldでも称えることすらできなくなるのが戦争というものなのですだから戦争は決してしてはならんのだす


ピアースはベックにイギリスを去る時が来たと命じましたが、ベックは、知人の娘のアグネスに任務を負かせてしまったことを悔い、この片を付けるまでは出国できないと断りました。


そのベックは、何とかしてこの契約書を手に入れようと、自分が以前弁護して便宜を図ってやった金庫破りのハリー・マーカム(Luke de Woolfson)にその際の恩を売って、レジナルド・ウォーカー邸に忍び込むよう命じます。


ハリーは以前、クラーク(Darren Tighe)とコナー(Tom Fisher)という仲間と組んで盗みを働いていたのに、自分だけ捕まって(破格の求刑とは言え)3か月も服役し、ようやく2カ月前に出所したばかりだったので、もう二度と盗みはしないと心に誓っていたようなのですけど、ベックから、自分の頼みを断るのは得策ではないと脅されて、やむなくウォーカー邸に忍び込みます。それにベックは、どうせ奴らは警察には通報できない、と高をくくっていたようです。


番犬には眠り薬の入った肉を与え、アメリカ製の頑丈な金庫を苦もなく開けたハリーは、中に入っていた契約書を見つけ、他にも何か(箱のような物)盗んだらしいのですが、その盗みの最中にした物音に気付かれて、途中で逃げ帰ってきてしまいます。その際ハリーは、サイモンに散弾銃で肩を撃たれてしまったようです


必死で逃げるハリーの姿は防空監視員によって目撃&通報されたため、この事件はベックの予想に反して警察の知るところとなってしまいました。ウォーカー邸では、これはベックの予想通り、被害届を出さなかったのに、です


この矛盾がフォイルのレーダーに引っかからぬはずがありませんよね。今回は「軍事演習のレフリーを命じられて何かと忙しかったフォイルは、その勘を披露する暇がありませんでしたが、それはきっと後編で明らかにされることと思います


この「軍事演習」もまたなかなか楽しかったですね~。戦争に備えての訓練なのですから、楽しいなどと言っては甚だ不謹慎なのでしょうけど国防市民軍(Home Guard)と正規軍(The regular army)で敵味方に扮して戦った、否正確に言うと戦おうとしたのが、いかにも皮肉が利いていて実に面白かったのです


国防市民軍を率いたのは、この連絡委員を務めているハートコート准将(Brigadier Harcourt~Christopher Benjamin)で、正規軍のリーダーは、今回初登場のデブリン大尉(Richard Wills-Cotton)です。


このデブリンは、以前ポール・ミルナーが来る前にフォイルの部下として働いていたそうです。戦争で失明しかけたものの何とかこれを免れ、今では第7機甲師団(the Seventh Armoured Division)にいるのだとか。前述したハリーを逮捕したのはこのデブリンだったそうです


このデブリンが、さすがにフォイルと働いていただけあって実に頭が切れるため

「訓練中は邪魔だからすべての車両を通行止めにしろ

などと非現実的な訓練を想定していたハートコートとは違い、戦う前にハートコートを含む国防市民軍の全てを捕まえてしまったのには大笑いでした。デブリンは味方に敵、つまりは国防市民軍の服装をさせていたため、ハートコートには見分けがつかなかったのです


余計なことは言わず、大人しくレフリーだけしていればいいと命じられていたフォイルが、これには実に楽しそうでござったねお茶目なフォイルが大好き( *´艸`)


そしてこの軍事演習は楽しいばかりではなく、ウォーカー邸の所有地で行われていたことも忘れてはなりません。しかも国防市民軍には、E&Eの役員であり、最初の秘密会議にも出席を認められていたフィルビー(Tim Preece)やハリー、そしてクラークやコナーも参加していたのです


そのフィルビーが、ここでハリーひとりを皆から引き離し、「特別任務」を命じていたのも気になるところです。なぜならハリーはその後、何者かに銃で撃たれ殺されてしまったからですハリー無念(;´・ω・)


ハリーの妹のルーシー(Emily Blunt)が言うには、ハリーは盗んだ物を「働き者で信用できる友」に預けていたそうなのですが、真相のほどは分かりません。ハリーがまた盗みを始めたと知って一緒にやろうと誘いをかけてきたクラークとコナーはそれに該当しないだろうし、仲間にならないというだけの理由はハリーを殺す動機にはちと弱い気がします。ここはやはり、ベックもしくはウォーカー親子が怪しいと見た方が無難ですよね


このウォーカー邸にはレジナルドの後妻だというアリス(Sarah Winman)がいたことも忘れずに付け加えておかねばなりますまい。今はウォーカー親子の悪事を一切知らされていないような口ぶりで、犯罪とは無関係な様に思えても、この「刑事フォイル」ではそういう人物こそ実は怪しいのですから


とはいえ、今回はまったく怪しくなさそうに見えて実際も怪しくない可愛いドロボーたちもとっても楽しかったですね。戦時下で資源不足の中、子どもたちが率先して紙や貴金属などを集めて(盗んで)回っているのだそうです。でもいくら愛国心が高じてのことでも、黙って持ってくるのはいかんですよね


フォイルがこの子どもたち=ブライアン(Charlie G. Hawkins)やティム(Barney Clark)の見張りをサムに命じたシーンもまた楽しかった


Captain Stewart. You've just been promoted. Keep an eye on them.
スチュワート大尉(サム)。たった今君は大尉に昇格だ。彼らから目を離すな


それからはサムが「資源回収隊長として子どもたちを「訓練」する様子がまた実に可愛かったなあ


隊長:
I'm sure you'll all agree salvage collection is just as hard work as Home Guard manoeuvres.
資源回収は軍事演習と同じくらいキツイ仕事だ



It's harderこまっしゃくれで可愛い.
もっとキツイよ!


隊長:
Absolutely.(その通り)


そしてそのキツイ仕事の後にはちゃ~んとバン(bun 小型の丸いパン)とレモネードが用意されていたのがまた微笑ましかった。隊長自らパクついてましたし


回を重ねるにつれ、ますます面白くなっていく刑事フォイル、続きが待ち遠しくてなりませぬ刑事フォイルが楽しい(≧▽≦)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は刑事フォイル(Foyle's War)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング