このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

私の人生の春の日
 家族モノ・ホームドラマ

私の人生の春の日 あらすじと感想 第1話 最悪の出会い

私の人生の春の日のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 私の人生の春の日 あらすじと感想、キャスト一覧


私の人生の春の日】~カム・ウソンさん&スヨンさん(少女時代)主演のラブストーリー~の先行放送を見てみました。これはなかなか可愛くて素敵なドラマになりそうですっかり気に入っちゃいました。やっぱりアタイはカム・ウソンさんがかなり好きかも。久しぶりに、ミステリーと時代劇以外の韓ドラが楽しめそうで嬉しい限りでござりまする私の人生の春の日のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


毎週土日の放送だということなので、ゆっくり一話ずつ語っていけるといいな。以下とりあえずは第1話のネタバレあらすじです


まずヒロインは、ヘギル病院で働く臨床栄養士のイ・ボミ(スヨン)。でもこの病院は、ボミの両親であるイ・ヒョクス(クォン・ヘヒョ)とチョ・ミョンヒ(シム・ヘジン)が経営しているみたいでしたね。とはいえ、実権を握っているのは理事長のミョンヒであり、ヒョクスは院長とは名ばかりの影の薄い存在のようでしたが。VIP=ドバイの富豪を連れてきた男性(イ・ギヨン)の方が、よほどエラソーでしたよね


今では誰よりも元気で仕事熱心なボミですけれど、5年前には済州島で心臓の移植手術を受けたようです。そのドナーが誰なのか、ボミはもちろん両親も知らないようでしたが、どうやら今、このヘギル病院で冠動脈バイパス手術の権威と呼ばれている心臓専門医のカン・ドンウク(イ・ジュニョク)だけは、その職業柄ドナーを知っていたようです。しかもドンウクの義姉みたいでしたね。そのドンウクはボミの婚約者でもあるそうです。


その義姉というのがスジョンという女性らしく、その夫、つまりはドンウクの兄がカン・ドンハ(カム・ウソン)で、ドンハはある日偶然ボミと出会うことになります。入院中のハルモニ(キム・ジヨン)が、コムタンが食べたいと言ったため、ボミが早速ハヌラオンという精肉店に出かけたところ、そこにいた気難しい「アジョシ」が、このドンハだったのです。


店では単なるおじさんにしか見えなかったドンハだけれど、その後のスーツ姿や予告を見る限りでは、どうやらそこの社長のようでしたよね。この出会いもスジョンが引き合わせた運命だったのかもしれません。でも「制限付きの安売り」を主張するドンハと、たくさん手に入れたいボミはここで大喧嘩をしてしまいます。まさに「最悪の出会い」です


その後、自分に心臓をくれた人物が牛島の人間だとだけは知っていたらしいボミが、皆に内緒で牛島に出かけると、その日はボミが心臓を貰った日、つまりはスジョンが亡くなった日だったらしく、黒いスーツに身を包んだドンハは、そのスジョンが死んだ海を眺めながら妻を偲んでいたようでした


そこでドンハが酒瓶を持っているのを見たボミは、またしてもドンハに食って掛かってしまいます。酔っぱらって海に瓶を捨てるなんてもってのほかだわっ!!でもその相手が「失礼な肉屋のアジョシ」だということには全く気付いてないようです


ドンハから瓶を取り上げてぷんぷん怒りながら歩いてくると、そこでふたりの姉弟がアイスクリームを売っている姿を目にしました。彼らの姿に訳も無く涙ぐむボミ私の人生の春の日の「プルンとパダ」可愛い可愛い子供たち


この姉弟はドンハとスジョンの子どもたちで、姉はプルン(=青い、ヒョン・スンミン~サムセン夢みるサムセン)で弟はパダ(=海、キル・ジョンウ)と言うそうです。何とも素敵な名前ですが、彼らの祖母は

「青い海が娘(スジョン)を呑み込んだ

と嘆くのだとか。まだ幼い子供たちには何の罪もないでしょうに。ボミが彼らに心惹かれて涙したのも、スジョンのなせる業に違いありません


そこでボミは、プルンが少し出血しているのを目にし、自分が来ていたセーターで腰の部分を覆ってくれます


ここに遅れてやってきて3人が一緒にいることを咎めたドンハは、今度はプルンがその足を蹴飛ばして叱ってくれました。ボミもまた、母親がいないなら、父親が気遣ってあげなくては、と説教します。女の子は体を温かくしておかなくちゃね


その後ボミは、心臓の提供者のために作ってきた「ご馳走」を広げ、海辺で感謝を捧げていたところ、ドンハが、ボミが自殺をしようとしているのではと勘違いして声を掛けたばっかりに、足を滑らせて海に落ちてしまいます


ドンハが、なかなか浮かび上がってこないボミに気づいてボミを助けに海に入ると、それと同時に、海の底からボミを押し上げる手が伸びてきました。どうやら亡きスジョンが、ボミを助けてくれたようです


何とかボミを岸に連れ帰ったドンハが、必死で人工呼吸をしたのが何とも痛々しかったですね。ドンハもまた、ボミとスジョンを重ねてしまっていたようです。


なんとか息を吹き返したものの、今度は波が高くて船が出なくなったため、ボミは結局ドンハの家に厄介になることになりました。どうやらドンハはこの島ではかなりの名士のようでしたね。どこへ行ってもドンハに会うことになったのには大笑いです


スジョンのドレスを借りて着たボミの姿に驚くドンハ。この辺がまた何とも切なくてイイ雰囲気です余程愛していたのねえ(;´・ω・)
私の人生の春の日のボミがまた可愛いんだ(≧▽≦)


一方で、このスジョンはドンウクの憧れの人でもあったようでした。兄嫁と義弟という関係だったのが、その憧れの兄嫁の心臓を貰ったボミと今では婚約しているというからには、こちらもまた、ボミの中にスジョンの面影を見たことは決して否定できぬのでしょう


また、ペギル病院のスタッフらしいペ・ジウォン(チャン・シニョン~ユン・ソリ@黄金の帝国)もドンウクに気があるようでしたね。キャストがキャストだけに、この辺はあまりドロッとしないでくれるとよいのですが


韓ドラでは本当に久しぶりにしっとり&心温まるラブストーリーが楽しめそうで嬉しいです私の人生の春の日が楽しみ(^◇^)。「私の人生の春の日」は12月5日(午前8時から)の本放送が楽しみです


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は私の人生の春の日のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング