このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

サイレーン
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

サイレーン あらすじと感想 第6話 ようやくこれからが本番ですね

サイレーン】もよ~やく6話で、しかも最後の最後に来て動き出してくれました。あれがなかったら今週は黙っているつもりでしたが、こうなっては黙ってばかりもいられませぬ。以下早速ネタバレですサイレーンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回ようやくカラが夕貴を襲ってくれました。な~んて言うと、夕貴がカラに襲われたことを喜んでいるようで、自分でもかなり不謹慎のように思えますが、でもそうでもしない限り、人のイイ夕貴が騙されてばかりで、どーにも腹が立ってならなかったのです。

猪熊夕貴が善人(マ〇ケ)すぎて腹が立つ!(`・ω・´)


案の定、今回もまた里見はカラにまんまと騙されて、ホテルに呼び出されて襲われたのに、これをあらかじめカラがチビデカに通報していたため、逆に暴行犯として捕まってしまいます。カラは、里見が高槻のことを突き止めたことから、レナに辿り着き、そのレナの携帯を使って里見をホテルに呼び出したのです


その上カラは渡にも「警官のストーカー」に付きまとわれているとこぼし、渡ひとりに警察へ行かせ、千歳に通報させました。あの風体で、狙われている恋人はキャバ嬢だと言ったことから、千歳は相手にしませんでしたが、里見が捕まったこと受けて、ついに、里見を疑ってしまいます


あの話は本当だったのか。まさかおまえがストーカーとは


ここに来ると、里見が極秘で捜査を進めていたのが何とも悔しい限りですよね


が、里見自身のことよりも「警察のメンツ」を気にした課長の安藤によって、この件は極秘にされることになりました。カラも里見を訴えないと言ったそうです。この辺もまたいかにも恩着せがましくて腹立たしいです


でももっと腹立たしかったのは、夕貴が、ずっと付き合ってきた里見ではなくカラを信じてしまったことです。いくら嫉妬があるとはいえ、これでは里見があまりにも可哀想でしたよね。たとえ皆が疑っても、夕貴だけは信じてやらなくちゃあかんでしょうがサイレーンの里見が可哀想(;O;)


私たち、もう終わりよ!


ふたりの破局を確信したカラは、これで里見に邪魔されること無く夕貴を殺せるとほくそ笑みます。カラは、高槻の事件の資料があると嘘をつき、夕貴を渡の別荘に呼び出しました。これを誰にも知られたくないとカラが言ったため、夕貴がまたそれを真に受けて、誰にも言わずに出かけてしまいます


ここでまた夕貴がマヌケに騙されて翻弄されていたらブチ切れそうでしたけど、カラもまたそろそろ限界に来ていたのか、即、ゴルフクラブで夕貴を殴り倒しました。() さすがの夕貴も気を失う瞬間、ようやく里見が正しかったと思ってくれたことでしょう


一方の里見は、レナに頼んで、カラの昔からの客=舞川(石井正則)から、カラの母校は栄西高等学校かもしれないと聞きだします。予告では、そこにちゃんと「橘カラ」の写真があったようでしたよね。ほぉ~橘カラは偽名じゃなかったんですね~


でも、これは触れてはいかんとこかもしれんけど、当時のカラはどう見ても今のカラのまんまでしたよね?ということはあれかな、逆に言うと今のカラは

「偽物のカラ=整形をして橘カラに似せた他の誰か」

なのかもしれませんね。そうでなければ、今までの「整形」の話がまったく無駄になりますもの


おぉ~ようやくこれでまた盛り上がってまいりましたサイレーンは続きもとっても楽しみですねサイレーン、カラをやっつけろ!。夕貴、里見が助けに行くまで里見を信じて待っててね~っ!サイレーンはいよいよ7話から本番だす


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はサイレーンのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング