2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

香里奈さん主演のドラマ、【結婚式の前日に】は7話もまたええエピソードでございましたね。は~何度も言うようで恐縮ですが、どーしてこーも火曜にだけ見たいドラマが集中するのでしょうか。体がいくつあっても足りません。以下簡単なネタバレのあらすじです結婚式の前日にのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


とはいうものの、前半はかなりイラッとさせられてしまいました。今回はなんとあの真菜が、祝鮨に一人で乗り込んできたのです!


悠一さんに留学の話があるのをご存知ですか?留学は悠一さんだけではなく、お母様の夢でもありました。それをひとみさんのせいで諦めさせられてしまった。どうか、悠一さんを自由にしてあげてください!!


おばさんがあそこにいたら、ゼッタイ警察呼んでます結婚式の前日にの真菜がサイテー(`・ω・´)。まったくいったい何の権利があって、親戚でも何でもない赤の他人の家に乗り込んで来て、あんなことが言えるのでしょうか


単に自分が好きだという理由だけであそこまで図々しくできるその図太い神経がまず信じられません。しかも悠一本人が、

留学よりひとみの方が大事だ

って何度も言っているのに、どうしてあの人じゃなきゃだめなの?としか言えないこの女は、もはやア〇としか思えません。(


しかも言うに事欠いてこの真菜は悠一にこんなことまでのたまったのです


どうせあの人はすぐにいなくなるんでしょう?だったら私でいいじゃない!?それで医者の妻になるつもりか( `ー´)ノ


自分を好きになってほしいじゃなくて、もうすぐ死ぬ人間を選ぶくらいなら他の誰でもいいじゃないかと言うような腐りきった人間は、誰からも選ばれやしませんよ。悠一も、

ひとみは決して死なない。僕は奇跡を信じている科学よりも奇跡を信じる( `ー´)ノ

だけじゃなくて、こう言ってやればよかったんですよ


他人の死を願うような人間を好きになることは決してない。万万が一、ひとみに何かあったとしても、この世に女が真菜ひとりになったとしても、自分が真菜を選ぶことは金輪際ないだろう!!結婚式の前日にの悠一が優しすぎ(;´・ω・)ってね。


まあ、あの手の人間はきっとそんなことを言われたら、自殺未遂でもしかねませんし、悠一は優しいからそんなことは言えんでしょうが。も~本当にたちが悪いでござるよ


また今回は、この真菜に加えて響子までが瞳を呼び出しこれと同じことを口にしてしまいます


悠一は私の希望だったのにあなたがすべてをぶち壊した。あなたなんかいなければよかったのに!!


これが医者の妻、そして母の言う言葉でしょうか


でもこれは悠一がちゃ~んと聞いていたので助かりました。悠一が激怒した様子を見て、ようやく響子が自分の過ちに気づいたからです


その昔、悠一は体の弱い子供だったのだそうです。それを何とか丈夫にしたくてあれこれ気遣った響子は、ある日悠一に、悠一が好きな昆虫を飼うよう勧めたのだとか


それで初めて飼ったのはスズムシだったそうです。とてもきれいな声で鳴いていたスズムシはでも、翌日には動かなくなっていたそうです。それを見て泣いていた悠一に、響子はこう教えてくれたそうです響子もホントはイイ人だったのね~(^0_0^)


命あるものは必ずいなくなってしまう。でも、生きている間、必ず何かを残してくれる。スズムシは美しい声で鳴いて悠一を楽しませてくれた。失ったものを嘆くのではなく、与えてもらったことに感謝して慈しむことが大切だ。


こんなに素晴らしいお母さんが、あんな「鬼婆」に変身したのを誰よりも悲しんでいたのは悠一本人だったかもしれませんね。まさに可奈子の言うように、母親は子供のためなら仏にも悪魔にもなれるというところでしょうか


悠一が、入院中の子どもたちにこう語っていたのを聞いた響子はようやく本来(?)の響子に戻り、ひとみに心からの謝罪をして、悠一を頼むと言ってくれたのは何よりでした


そして悠一の言葉は、どんなに信じようとしてもついつい不安に駆られてしまうひとみにも大いに勇気を与えました


今自分には心から愛する人がいて、彼女から抱えきれないほどの幸せを与えられている。だから皆も必ず誰かを幸せにしている。僕もそうありたいと願っている。


今回ひとみは、放射線治療を乗り越えて退院し、休職中でありながらも「仕事」がしたいと病院で子供たちと触れ合うボランティアをしていました。


生ある限り何か人のために尽くしたい、社会貢献がしたい、愛する人を幸せにしたいひとみの気持ちが痛いほどよく分かる


響子もいつかきっと、悠一がこんな素晴らしい女性に巡り合えたことを喜べる日が来る、と信じたいです結婚式の前日には本当に良いドラマです♪


でも病気の方は攻撃の手を緩めてはくれなかったようです。放射線も化学治療も奏功せぬばかりか、腫瘍の周りに浮腫もできてしまったそうです。今回ひとみはボランティアを通して、同じ病で婚約者との別れを余儀なくされたという桐山徹(柳下大)と知り合っていますが、この桐山の腫瘍も手術適応外で、予後があまり良くないようです。


できれば奇跡が起きてほしいですけど、もしそうでなかったとしても、可奈子がひとみの父とその最期の時をともに過ごせて幸せだったと語ったように、悠一もまた自信を持ってそう言えるよう、残された日々を精一杯輝かせて生きてほしいと切に切に願います。結婚式の前日には続きもとっても待ち遠しいですひとみ、悠一、頑張れ!


結婚式の前日にが待ち遠しい(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.