このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

スリーデイズ あらすじと感想 第13&14話 警護官の凛々しさに目を奪われっ放し♪

スリーデイズ~愛と正義~のあらすじと感想、登場人物はこちらからご覧いただけます: スリーデイズ~愛と正義~ネタバレと感想、登場人物一覧


パク・ユチョンさん主演の韓国ドラマ、【スリーデイズ~愛と正義~】は、13話「本当のターゲット」と14話「最後の警護」を見終わりました。これがまた実にカッコよかったですね~。最近はテギョンら警護官の活躍に目が奪われっ放しでござる。それだけにもう誰一人として死んでほしくありません


また今回は、ずっと信じたかった人が、やはり信ずるに足る人物だったこと、そして逆に、一目見た時からあいつが怪しい、とつい思わずにはいられなかった人物が、やはり怪しかったことでも大満足のおばさんでした。それだけ韓ドラ視聴歴が長くなった証でござるね。以下簡単なネタバレのあらすじですスリーデイズのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


体育館でドジンと対峙していたドンフィが何者かに狙われている気配がすると、テギョンが真っ先にこれに気づいてすぐに指示を出しました。これに応えた警護官が、皆一斉にドンフィを守るため集まってきたのがまた実に素敵でしたね~。まさに一瞬のためらいもなく、祖国のリーダーを守ろうとするあの姿には胸を打たれてしまいますスリーデイズの警護官たちが素敵過ぎ(≧▽≦)


が、これはドジンの思わせぶりで、今回狙われていたのはチャヨンだったことが判明します。そこには偶然ボウォンも見舞いに来ていたため、テギョンの大切なふたりが魔の手にかかってしまいますその分キム・ドジンが憎たらしすぎ(`・ω・´)


それに気づいたテギョンが何とかボウォンだけは救出に間に合いますが、チャヨンは検察側の眼鏡をかけたスパイ=オ・ヨンミン(ミン・ソンウク)に拉致されてしまいます。


そしてドジンは卑怯にもチャヨンを人質にして、テギョンに仲間に加わるよう脅してきました。が、テギョンはまったく揺るぎません。ドジンが、チャヨンが死んだらテギョンのせいだとうそぶいても動じません。もしチャヨンが死んだら、俺がお前を殺してやる!!


その後テギョンは、ジェシングループの駐車場に停めてあった車の多くが、同じガソリンスタンドを利用していることに気づきました。これすなわち、彼らがそのスタンドの近くに頻繁に通っている証でしょう


もしかしたらチャヨンがそこに監禁されているのではないか、と思ったのですが、残念ながらそうではなく、テギョンが辿り着いた場所はジェシンの犯罪のアジトのようでした。これまで彼らが犯した犯罪の証拠資料がすべて残されていたのが発見されます


これを検察に連絡する一方で、これらの資料をくまなく調べていたテギョンは、その中に1つだけまだ何の事件も起きていない場所があることを突き止めました。それが劇場の図面でした。テギョンは早速そのことをキム・サンヒ警護本部長に連絡しますが、サンヒはこれを聞かなかったかのように、随行部員にこう指示します


VIP(大統領)が外出する。行き先はシティーマックス(劇場)だ


ここはまさかまさかでしたよね~スリーデイズの裏切り者は誰だ?。ずっとドンフィ=大統領を命懸けで守ってきたキム・サンヒ警護本部長が、よもやの裏切りか!?と思う一方、これはきっと思わせぶりに違いないアン・ギルガンは裏切り者じゃないっ!、真犯人はきっとあの男だ!!と心底ヤキモキさせられましたスリーデイズのネタバレです♪。これで1週待つんじゃなくて本当に良かったです


案の定、サンヒはドンフィの決意に抗えなかっただけでした。ドンフィはこれ以上の犠牲者を出すことに耐えられず、自分が死ぬ代わりに皆を助けてくれとドジンと取引したのです。ドンフィはこの決意をビデオに収めたものを、テギョンの家に泊まっていたボウォンに託し、テギョンに渡してほしいと頼みました


ハン・テギョン警護官は他人を守るばかりで自分は二の次だ。突っ走るあまり大事なことを見落としがちなのが心配だ。ユン・ボウォン巡査が側についてハン・テギョン警護官を守ってくれ


ドンフィの覚悟のほどを知ったテギョンは、即刻シティーマックスに駆けつけます。そこでスナイパーに狙われていたドンフィを体当たりで救った! と思いきや、その時の銃声は、ドンフィではなく、ドンフィを狙ったスナイパーに向けられた物であったことが判明します。スナイパーはなんとSATにそのこめかみを一発で撃ち抜かれて息絶えていたのです


そうそう、シティーマックスの中でひとり行方をくらませたドンフィが向かうドア番号が分かっているなら、なぜ、そこを狙い撃ちできる場所も捜さんのか脇が甘いっ!!、ちとヤキモキさせられていました。まあ、これを同時にマークするのは難しいのかも、と諦めていたところ、実はドンフィとサンヒが既にこれも全て計算済みだったことには大喜びです


でも面白くないのはテギョンですよね。本気でドンフィが狙われていると信じて駆けずり回っていたことももちろんですが、ドンフィを危険にさらし、万が一のことがあったらどうするのだ、と怒る気持ちも当然です。でも、ドンフィの決意があまりにも固かったため、これが、サンヒがその意志を尊重した上でのベストの選択だったのです


こういうシーンを見るにつけ、ああ、このドラマがたったの16回で終わるのはヒジョーにもったいない、と思わずにはいられません。テギョンやボウォンなどの主要人物は言うに及ばず、こうしたサンヒや他の警護官たち、裏切り者として亡くなったハム・ボンスらさえも、その過去をもっと見たかった、と思わずにいられませんスリーデイズを群像劇にしてほしかった(;´・ω・)。日本だとこの辺をスピンオフで描くという手があるけれど、韓国にはないんでしょうかねえ。残念至極でござりまする


と愚痴はさておき、これでついにテギョンたちはドジンを逮捕することができました。ドジンは、ドンフィが殺されるのを直接見たいと言って、シティーマックスに詰めてきていたからです。もちろんそれだけでは状況証拠にしかなりませんが、ドンフィはドジンとの通話をすべて録音していたのだとか


一方、ドジンに監禁されていたチャヨンは、そのドジンがチャヨンを脅すために持ってきて部屋に置いていったナイフを使って、手足を拘束されていた縄をほどき、通報することに成功します


あそこはでも、あれだけ用心深いドジンがナイフを置いていったのには何か他の訳があるのか、などと勘繰らずにはいられませんでした。ああ見えてチャヨンもまた警護室の一員なのに、ナイフを置いていくなんてねえ。ま、結果はざ〇あみろ、でしたが


チャヨンからの電話を受けたのはボウォンで、そのボウォンは、警察は信用できないからと検察=チェ・ジフンに通報したのはさすがでしたね。この際既にオ・ヨンミンは行方をくらました後ですから、とりあえずは安心です。


ジフンが部下を連れてジェシン本社に乗り込んできたのには驚きました。そう、なんとドジンはチャヨンを自分のすぐそばに監禁していたのです!なんと図々しい男だ!と憤る反面、ジェシンの社員の阻止をものともせず、乗り込んできたジフンが凛々しすぎて、ここは思わず見惚れてしまいましたハゲ=イ・ジェヨンがカッコいい~(≧▽≦)


~自他ともに認めるおっさん好きなおばさんとしては、アン・ギルガンさんといい、イ・ジェヨンさんといい、いつも悪役が多いところのこのカッコよさにはもう惚れ惚れさせられておりまするアン・ギルガンも素敵過ぎ(≧▽≦)


そしてチャヨンは、ドジンが警護室の人間と電話をしていたことにも気づいています。ドラマでは、それがあたかもキム・サンヒであるかのように思わせぶりされていたのですが、そうではなくて、実際には他にふたりの「裏切り者」がいたことが明らかになります


そのひとりは、今までどこにいたんか?というような影の薄~い随行秘書で、もうひとりも、顔を見てもさっぱり印象に残らぬような通信チーム長のイ・ドンソンでした。とはいうものの、名前が出るくらいだからそうなんか、と思っていたら案の定、これは単なる隠れ蓑で、裏切り者は他にいたことが判明しますやっぱりあいつだったか( `ー´)ノ


そもそも、このドンソンが裏切り者と見なされた理由は、シティーマックスでドンフィが狙われる直前に交わされたドジンとの通話記録でした。その時警護室に残っていた人間は限られており、通話に使われた電話のある部屋の一番近くにいた人間は「幹部会議」を開いていた3名~そのうちのひとりが、緊急にドジンと連絡を取る必要が生じたため、その部屋の電話を使ったに違いないと推理したのは、警護室にひとり残って犯人探しをしていたテギョンです


この推理は見事に的を射ていました。幹部会議に出席していたうちのひとり、CP長のムン・ソンミン(キム・ジョンハク)は、その時席を外したのはドンソンだと答えましたが、実際に席を外したのはソンミン自身だったのです。ソンミンはそこで、VIPと一緒に対テロチームも出動したと聞かされ、慌ててドジンに連絡をしたのです


裏切り者がソンミンだとサンヒが気づいたちょうどその頃、ドンフィは既に大統領を辞任する覚悟を決め、その最後の訪問先にヤンジン里を選び、16年前、図らずも自らが引き起こしてしまった惨事の犠牲になった人々が祀られていた慰霊碑に心からの謝罪を捧げていた所でした


大統領が危ないっ!!


ドジンはソンミンにまたしてもEMP弾を使うよう命じていたようです。サンヒの命令で一斉にドンフィの周りに集まり、身を挺して悪漢からドンフィを守ろうとする警護官たちの姿がまた実に感動的で泣けてきます


もちろんテギョンも急いで駆けつけてきていますが、果たして間に合うのでしょうか?テギョンも無事でいて!


何せ、頼みの綱だったチェ・ジフンも襲われて(殺されて?!)しまっています。名前は分かりませんが、ドンフィは刑事や刑務官も買収済みで、ジフンはそのうちの一人に刺されてしまったようなのですなんてこった!(>_<)。そして再びそこにオ・ヨンミンが現れ、検察を名乗ってドジンを連行していきました。んも~ヨンミンが裏切り者だということが末端の刑務官にも分かるように、シッカリ指名手配しておけばよかったものをっ!!

スリーデイズのキム・ドジンが許せんっ!(`・ω・´)


これで泣いても笑っても、スリーデイズはいよいよ来週が最終回です。とにもかくにもこれ以上の犠牲者が出てほしくないの一語に尽きます。続きがとっても待ち遠しいですスリーデイズが面白い(^^)/


スリーデイズ~愛と正義~ DVD&Blu-ray SET1(特典映像ディスク&オリジナルサウンドトラックCD付き)スリーデイズ~愛と正義~ DVD&Blu-ray SET2(特典映像ディスク&劇場版DVD付き)
これは是非ノーカット版も放送してほしい♪


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はスリーデイズ~愛と正義~のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング