2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

この時期恒例のSPドラマ、【世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP~映画監督編~】を見てみました。先週の「傑作復活編」もそれなりに面白かったですが、個人的には昨夜放送の映画監督編の方が気に入りました。特によかったのは「バツ」でしたけど、それ以外の4つも実に面白かったです


以下簡単なあらすじとネタバレです~誠に勝手ながら、面白かった順にまとめさせていただきました世にも奇妙な物語2015秋のあらすじネタバレ感想文です♪


【バツ】


これは原田宗典氏による「どこにもない短編集」に収められた 「×バツ」という作品が原作だそうです。阿部サダヲさんの主演も奏功して、実に面白かったですね


初野元秀(阿部サダヲ)は、毎日をそこそこ無難に生きればよいというタイプの平凡な銀行マンでした。長年付き合いのある顧客がどんなに頭を下げようと、口では適当なことを言いつつ、裏ではバッサリ切り捨てます。うちが融資したところでそのうち潰れるに決まってる


そんな初野がある日、自分の額に「X(バツ)」が描かれていることに気づきました。が、妻の弥生(鈴木砂羽)や娘に聞いても、そんなものは見えない、病院へ行け、と言われてしまいます。これは部下も同じです。


仕方なく病院へ行って精密検査をしたところ、何の異常も見つからないため「ストレス」だと診断され、精神安定剤を処方されてしまいました。


日に日に濃くなる「バツ」に憂鬱になりながら歩いていた初野は、自分同様、額に「バツ」のある男に出くわします。それがラーメン屋のおやじだという邑田英策(ムロツヨシ)です


邑田は「バツ」が現れてからもう2カ月になるといい、自分の父親も昔バツが見えるようになったと言ってすぐに亡くなってしまったのだと明かしました。もしかしたらこの「バツ」は死の前兆なのかもしれない。我々だけにしか見えないのは、そういう体質~遺伝なのかもしれない、と


まさかそんなことがあるはずないと思っていた矢先、初野は死亡のニュースが流れた有名人の生前の写真の額に「バツ」が浮き出ていたことに気づきました。慌てて邑田に電話をすると、既に亡くなったとの答えが返ってきます。


まさか、本当にそんなことがっ!?世にも奇妙な物語の「バツ」が特に面白かった♪


これで「バツ」が死の前兆だと確信した初野の毎日はそれから大きく変わっていきました。融資先には親身になって相談に乗り、家族に対しても優しくなります。人間どうせいつかは死ぬんだ。死ぬその直前まで1日1日を大切にしよう


その言葉通り、妻への誕生日プレゼントを買って電車に乗り込んだ初野は、周囲の人間たちが皆、その額に「バツ」を付けていることに気づきます大変だ!助けなくちゃ!!。この電車が危ないのかっ!?


初野がすぐに皆に電車を降りるよう呼びかけても、誰も聞きやしません。仕方なくひとりだけ降車して、そこにいた駅員に電車を止めてくれと頼んだら、その駅員の額にもバツがあるではありませんか?しかも、その後目に入る人々すべての額にバツが描かれているのです!!


この国が滅亡するのかもしれないっ!?東京大地震か?!


初野は脱兎のごとく走り出してなんとか家に辿り着くと、すぐに荷造りを始めました。ここは危険だ!どこか安全なところに逃げなくては!!海外へ行くぞ!!


そんな時です。テレビで緊急会見が開かれました。なんと日本国内に「アバル出血熱」(≒エボラ出血熱)に感染した男性が入国したというのです!!ひや~パンでミックスだった!


国内での流行はゼッタイにあり得ません!と力説する厚生大臣の額にも真っ黒なバツがありました


嘘だ~っ!!


【幸せを運ぶ眼鏡】


妻夫木聡さん主演の「幸せを運ぶ眼鏡」もまたなかなか辛辣で、とっても面白かったですね~。脚本は「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」や「信長協奏曲」の宇山佳佑氏だそうです。


貯金はあっても彼女はいない村上涼太(妻夫木聡)の趣味はひとり寂しく「あらいぐまラスカル」を見ること。このままでは80になっても何も変わらないかも~と悩んだ涼太はついにマッチングサイトに申し込みます。しかも、思いがけず好みの女性=三浦あゆみ(山本美月)を紹介されて大喜び


そんな涼太のもとにある時「HAPPY GLASS」という眼鏡が届けられました。(揚げ足を撮るようで恐縮でござるが、「GLASS」と単数形では眼鏡にはなりませぬ~GLASSESじゃないとあかんわね) この眼鏡=ウェルサをかけると、全ての物事が完璧に運ぶようプロデュースされ、誰もがハッピーになれるという優れものです


それで涼太は手始めにあゆみとのデートの準備から本番まで、すべてウェルサの指示通りにしたところ、あゆみはすっかり涼太が気に入ってしまったようです。何せウェルサは洋服のコーディネートからレストラン選び、食事のマナーに、心肺蘇生の仕方まで懇切丁寧にリアルタイムで教えてくれるのです


その上このウェルサでは「買い物」まで簡単にできてしまいます。デート用の服も美術館のチケットも、レストラン代も、そして車まで、全て眼鏡に指紋認証させるだけで手軽に買えてしまうのです。涼太は、これまで貯めに貯めてきた貯金を湯水のように使いました


そうして機が熟し、ついに涼太があゆみにプロポーズしようとしたその時、ウェルサのバッテリーが切れてしまいます。涼太が慌ててごまかすも、あゆみにすべてを知られてしまいます。私は眼鏡とじゃなくあなたと恋愛したかったのにっ!!


すると涼太はウェルサを壊し、全ては自分が悪かったと謝罪しました。その上後日あゆみの職場にまで出かけ、眼鏡じゃなくて自分が選んだから可愛くないかもしれないけれど、と言い訳しながら婚約指輪を差し出します。もちろん、あゆみが承諾せぬはずがありません


でもこれもすべてウェルサの指示だったことが後に明らかになります。ウェルサはあゆみにすべてが知られた時点で、自分から涼太にウェルサを壊すよう指示したのだそうです


もちろんその直前に「ウェルサ機能の付いたコンタクトレンズ」の購入を勧めることも忘れません。そう、涼太がプロポーズをした時、多分指輪を買った時も、涼太は既にこのコンタクトをしていたのです


これだけでも十分面白かったのですが、物語はこれにとどまりませんでした。なんとこのウェルサの発売元である「HAPPY GLASS」はホテルと連携をしていたようで、ふたりにそのホテルの結婚式場を斡旋したようなのです。他の、ウェルサを通しての出費も全て「HAPPY GLASS」との提携先に流れており、「HAPPY GLASS」がマージンを取っていたと見て間違いないようです


これが資本主義(win-win)だと言われてしまえばそれまでですが、いかにも幸せそうに微笑んでいた涼太の顔がなんともマヌケに見えたのはおばさんだけでございましょうか


【箱】


竹内結子さん主演の「」は、面白いと言うよりはちと怖い話でござった。脚本はアンフェアの佐藤嗣麻子氏だそうです。


主人公の吉野朔子(竹内結子)は気づくと狭い箱の中に閉じ込められていました。どんなに泣いても叫んでも誰も助けに来てくれません。唯一手元にあった携帯で警察に通報したものの、手がかりがないため助けに来てくれません


箱の中には何かがいるらしく腕がちくっと刺されたり、脚の方角へ箱ごと移動されたり、パイプオルガンのような大音響が聞こえた、と、手がかりになりそうなことを説明しても、どうにも埒が明きません


携帯の電源も切れ、万策尽きたその時、朔子はこれが「夢」だったと悟りますが、それもまた単なる思い込みで、再び箱の中に引き戻されてしまいます世にも奇妙な物語の「箱」は気持ち悪かった(;´・ω・)


が、何と実際にはそうではなく、朔子は転倒して意識を失い、そのままこん睡状態に陥ってしまったのだそうです。腕を刺されたのは病院での注射であり、箱ごと動いたのも担架で運ばれたこと、そして大音響はMRIの中に入ったことを示していたのだとか


植物状態の患者にも意識があるとはよく耳にすることですが、こんな風に閉塞感に苦しんでいるのは辛いでござるね七瀬再びを思い出した(;´・ω・)


【嘘が生まれた日】


満島真之介さん主演の「嘘が生まれた日」は渡辺優平氏の「ウソキヅキ」 が原作だそうです。


主人公の宇佐美正太郎(満島真之介)が暮らしていた世界は「一切嘘の無い世界」だったそうです。そこでは誰もが本当の事しか言わないため、争い事が絶えなかったそうです


がある日の事、追いつめられた正太郎がつい「事実でないこと=嘘」をつくことになりました。


自分の行動に対して誰も疑わないことに味を占めた正太郎は、友人の二人を誘って「嘘」をつき続けていきます。フレンチレストランでたらふく食べておきながら、請求が来ると「もう払った」を嘘をつき、女の子をナンパするのに「君たちは世界一綺麗だ」と嘘をつきました


次第にそんな可愛い嘘では済まなくなり、3人は「詐欺」まで働いてしまいます。この水を飲んだら幸せになるというペットボトルの水を1本1万円近くで売り出したのです。誰もその効能を疑わないため、3人はたちまち大金持ちになってしまいます。


この効能を疑いだした人々が押しかけてきた時も、効果が出るまでには3~5年かかるとうそぶき、これまで信用されてしまいます


が、その中のひとりに、病気の母に飲ませたのに死んでしまったと泣いていた少女がおりました。やはり幼い頃母を亡くした正太郎はついに嘘を止めると言いだします


でも正太郎はその言葉に反し、最後に1つだけ「優しい嘘」をつきました。その少女に会って、お母さんがとても感謝していたと告げたのです。もちろん正太郎はその母親に会ったことなどありません。


自分の不注意で母を助けられなかったと嘆いていた少女の顔にようやく笑みが浮かんだのを見届けた正太郎は、その足で警察に自首しました。


これをきっかけにこの世には「嘘」が蔓延していったのだそうです。昔と違って嘘のある世界は争い事も激減し、一見「平和」になったそうですが、果たしてそれが本当に幸せかどうかは判断しかねるところです


【事故物件】


中谷美紀さん主演の「事故物件」は加藤淳也氏の脚本だそうです。


看護師だった早瀬由希子(中谷美紀)は新しく越したマンションに幽霊が現れると不動産屋にクレームを付けに行きましたが、今時そんな「事故物件」は売りに出せないと取り合ってもらえません。でも現に自分は白い服を着た女性の幽霊を目にしていますし、娘の朱理も夜になると大声を上げて苦しみだします。


由希子がかかりつけの医師に相談した直後、その夫らしい真一(高橋和也)がやってきました。おまえ、また見たのか?もう5年も経つんだ、いい加減に立ち直れ!


なんと、マンションが事故物件なのではなく、自分の不注意で火事を出し、幼い朱理を死なせてしまった由希子がそれを忘れられず、朱理の幻想を見て苦しんでいただけなのだそうです。由希子は勤務先の病院へ行く際、ストーブを消し忘れてしまったのだとか。


ようやく我に返った由希子は、朱理の生前のビデオを見て娘の本心を悟りました。朱理は、看護師として働いている由希子が大好きだったのだそうです


こうして由希子は再び看護師に復帰し、今では元気に働いているそうです。おしまい世にも奇妙な物語2015秋~いかがでしたか?


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
みや  
いきなり、すいません…

箱の感想で気になってしまって…。

『何者かに殴られた後昏睡状態』ではなく、『脳幹出血で後ろから殴られたような衝撃を感じて倒れ、そやのまま昏睡状態』だったと思います。

2015/12/03 (Thu) 15:45 | EDIT | REPLY |   
みやさんへ  
いえいえとんでもありません(笑

みやさん、はじめまして^^
世にも奇妙な物語、なかなか面白かったですね~。

あ~そうだったのですか。もはやかなりうろ覚えで・(苦笑。

とりあえず当たり障りのないようにしておきますね~。
ご親切にご指摘いただきありがとうございました(^^)/。こん

2015/12/03 (Thu) 17:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.