このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

刑事フォイル(Foyle's War)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

刑事フォイル(Foyle's war)あらすじと感想 第14話 軍事演習(後編)

刑事フォイルFoyle's War)のあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: 刑事フォイル(Foyle's War)あらすじと登場人物一覧


刑事フォイルFoyle's war】の14話は「軍事演習~War Games(後編)」です。いや~毎回シツコイようで恐縮ですが、このドラマは本当に面白いですね~


個人的に1~2話完結のミステリーはあまり好きじゃないんですが(短すぎておもろない)、このドラマはその短い中にも情報量がてんこ盛りでパターンも様々なのでまず飽きるということがありません。その上、そのたくさんの要素がすし詰め状態であるにもかかわらず、それが決してお粗末ではないところが素晴らしい。今回もあれこれ見どころがタップリで本当に楽しかったです


では以下早速ネタバレです刑事フォイルのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


アグネスとハリーを殺したのは同一人物~二人を殺した犯人は、サイモン・ウォーカーだったそうです。フォイルがこのサイモンに辿り着いた経緯(あらすじ)はこうです


フォイルはかなり前からこのサイモンに目を付けていたようです。それはフォイルが、ウォーカー邸に泥棒が入ったと知った後、軍事演習のレフリーとしてハートコート准将のもとに呼ばれていた際、泥棒がハリーだと知ってそのハリーを捜しに来たサイモンが、警視正のフォイルがそこにいるのを見てひどく驚いていたのがきっかけだったそうです


しかもハリーはそこで、フィルビーが森に警備を置くよう命じられていたことを耳にし、警備にはハリーを指名するようフィルビーに指示したそうです。フィルビーはその時それが何を意味するかその時は分からなかったものの、その後ハリーが殺されたことで、大方の真相を悟ったようです


フィルビーは早速レジナルド・ウォーカーに抗議しに行きますが、肝心のレジナルドは、サイモンのハリー殺害をまったく知らなかったため、埒が明きません。とはいえ、フィルビーがナチスとの契約に不服そうだったため、レジナルドはフィルビーをアメリカの支社に飛ばしてしまいます。


一方のフォイルは、殺されたハリーの妹、ルーシーに会いに行き、そこで大変貴重な3つの情報を手に入れました。正確に言うと、フォイルにとっては2つですが、もう1つ視聴者にも耳寄り情報がもたらされたのです


  • ハリーが盗んだ物を託した相手
  • ハリーに盗みを依頼した人物
  • ハリーが以前服役したのは「濡れ衣」だったらしいこと

まずは1つ目~これが前回の予告にあったシーンです。予告では日本語(吹替え)しか入らんので「働き者で信用できる友」としか分からなかったのですが、ルーシーは実際ここでこう言っておりました


Something about them being busy. But he could trust them.
忙しくしているけれど信用できる


おばさんにはこれだけじゃあ到底思いも寄りませんが、フォイルは違ったのでござる。フォイルはこの後サムが、資源回収隊の子どもたちを指して

They've been busy little bees
(小さなミツバチみたいに忙しく働いた)

と言ったのを聞き、この二つがピッタリマッチして、忙しく信用できる友こそ「ミツバチ」、ハリーは盗んだ物を養蜂のケースの中に隠したと確信したのだそうです。も~ここは感心しきりでございました


そしてその「盗んだ物」とはやはりあの映像にあったように「箱」だったのですが、この箱がまたいわく付きだったのだそうです。これは、エンパイア&ヨーロピアン食品(以下E&Eと省略)がナチスと契約をした際に、その感謝の証として贈られたものだったそうです。サイモンはこれを税関で申告せずにスイスから持ち帰ってきたのだとか。


フォイルは養蜂ケースの中から見つかったこの箱をわざとルーシーに持たせ、サイモンに届けさせました。サイモンとルーシーはそこそこ親しかったらしく、サイモンが事前にルーシーを訪ね、盗まれたのは「母の形見の箱」だから見つかったら届けてほしいと頼んでいたことを利用したのです


フォイルが調べさせたところによると、この箱はユダヤ職人のイェレミアス・ツォーベルが18世紀に作った価値ある物だったそうですが、ナチスがこれを所持していたローデンベルク一家を殺害して略奪したのが、回り回って「ギフト」としてE&Eに与えられたのだそうです


当時ナチスにはこうしてユダヤ人等から没収した財産を管理する「第三帝国(Third Reich )の財産移転局(Firmenverkehrsstelle)」というものが存在していたそうで、レジナルドはドイツの貿易局から貰ったギフトだと語っておりましたが、実情は

「人殺しをして奪った盗品

だったという訳です。そんな破廉恥な会社が、たとえ契約書があろうとも、長続きするはずがありません


その契約書に関してはフォイルがベックから聞きだしました。フォイルはハリーに会いに来たのがベックだと知り、ハリーに盗みを働かせたのはベックだと確信したのです~これが2点目です


最初はとぼけていたベックも、たとえ友であろうとも罪を犯した者は刑に服すべきという信念を持つフォイルには、ついにすべてを明かすしかありませんでした。


ベックが1935年の2月にイギリスに移住を余儀なくされたのは、ナチスを非難したためにその迫害から逃れるためだったそうです。(前回これを35年前と勘違いしたので訂正しておきました) 妻でありおそらくは英国人だったアンナ・ベックはその1年ほど後に55歳で死亡してしまったそうです


このベックを告発したのは、ナチスに心酔していた息子だったというから驚きです。が、もっと驚かされたのは、その息子とともにベックを告発したのがなんと、ナチスより過激なサイモン・ウォーカーだったのだそうです恐るべしサイモン!


また今回、ウォーカー親子を怪しんだフォイルはようやく、秘書のアグネス・ブラウンがE&Eのオフィスの窓から転落した事実を突き止めました


ポールが早速調べに行ったところ、アグネスは高所恐怖症で開いている窓になど近づけなかったことが判明します。これを教えてくれたのは、ヘイスティングス在住のアグネスの父=アーサー・ブラウン判事(Will Knightley)です。彼は前編でミルナーの裁判を担当した判事です。判事は、アグネスがE&Eに就職したのはベックの紹介によるものだったと証言してくれました。


こうしてフォイルは、サイモンこそがハリーとアグネスを殺した犯人だという結論に達します。特に、サイモンがハリーを殺す際には、いかにも非情なナチスの心酔者らしく、ロシアンルーレットをしたのだそうです。銃声は3回したのに弾が1発しか見つからなかったのは、残りの2発が空砲だったからです。これが副題となった「war game」の由来だと思われます。


一方のベックは今回、ヒルダ・ピアースから、海外でレジスタンスを組織する任務を命じられ出国することになったそうです。ヒルダはやはり諜報部員のようでしたが、この「敵地での工作活動を担当する、英国では新しい組織」にはまだ決まった名前がないそうで、単に「overseas intelligence」とだけ呼ばれていたようです。


たとえどんな犠牲を払っても「利敵行為を続けるウォーカー親子」を捕まえたかったと語ったベック。そんなベックが欲しがっていた「契約書」は、なんとあの資源回収隊が手に入れています。ウォーカー親子が証拠書類を焼こうとしたところを見たこのおチビちゃんたちは、大切な資源を燃やすなどもってのほかだと、ウォーカー邸の塀を乗り越えてこれを盗み出したのです資源回収隊が大手柄( `ー´)ノ


それを見たレジナルドがサイモンにドーベルマンを放させたのを見たアリスはついに、この親子に愛想をつかして出て行ってしまったそうです。このアリスは見た目通りの善人だったようです


それをサムから聞いたフォイルが、山と積まれた紙の中から契約書を探しだしたのはさぞかし大変だったことでしょうね。その入手経路を尋ねてきたベックに「With difficulty」(苦労して手に入れた)と言わねばならなかったほどですから。


でもその契約書は結局何の役にも立たなかったのは残念でした。ヒルダがそれを然るべき場所に持っていったにもかかわらず、レジナルドは既にイギリス政府の要人にも手を回していて、すべてが不問に付されてしまったそうです。やはりその名が知られていないことからも分かるように、まだまだ無力な組織だったようです


それでもヒルダが既にフォイルをよく知っており、フォイル警視正なら決して諦めないだろうとベックに語っていたのが嬉しかったおばさんです。その通り、フォイルは見事に「二人を殺したサイモン」を逮捕し、全てを失ったレジナルドはついに自殺をしてしまいました


さていよいよ3点目です。今回フォイルは、ハリー殺害の容疑者として、元部下のデブリン大尉を挙げていました。それというのも、ルーシーが詰ったように、ハリーの以前の「窃盗」は、このデブリンによる濡れ衣だったそうなのです。デブリンは何としてもハリーを逮捕したくて、ハリーが不法侵入した家のネックレスを盗んでハリーの家に置いたのだとか。


いやいや、何ともひどい話でやんすが、フォイルはデブリンがこれを機に警察を辞めて入隊したことですべてを伏せ、このネックレスに対する起訴を取り下げたことで、ハリーは3か月の服役で済んだそうです。いくら正義のためとはいえ、デブリンは決して超えてはならぬ一線を越えてしまったのですね


ふぅ~これで何とかすべてを語ったでしょうか


あ、そうそう、子どもたちが一生懸命資源回収をしていたのは、もちろん「愛国心」もあるでしょうが、本当の目的は「賞品のチョコレート」だったようです。これまた実に可愛かった~ドーベルマンに足を噛まれても頑張った甲斐がありました


と、見どころ満載の刑事フォイルは続きもとっても楽しみです刑事フォイルが楽しみ(^◇^)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は刑事フォイル(Foyle's War)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング