このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

わたしをみつけて あらすじと感想 第2話 もう嘘はつかない

NHKドラマ10、【わたしをみつけて】の第2話は「もう嘘はつかない」です。これまた何とも優しくて素敵なエピソードでございましたわたしをみつけてのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。以下簡単なネタバレのあらすじですネタバレですのでご注意を♪


肺炎で入院中の患者=シメの容体が急変しました。急ぎ家族が呼ばれますが、やってきたのはいつも来る娘だけで、シメがずっと会いたがっていた長男は顔すら見せません


お前じゃなくて武史を呼べ、武史、武史!!


娘はその武史にもちゃんと連絡をしたそうなのに、武史は忙しいから来れないと来るのを拒んだのだそうです。この状況を見るに見かねた藤堂は、懸命にシメに呼びかけました。


娘さんがいてくれてよかったですね!本当に親孝行な娘さんで幸せなお母さんですね!


それでも最後の最後まで武史の名を呼び続けたシメは、死ぬまで一度も娘の名を呼ばぬまま、この世を去ってしまいました実際酷い母親だよね~(;´・ω・)


そんな母を目の前にして涙もこぼせず立ち尽くしていたその娘に、藤堂はこう語りかけました。シメさんは、息子はきっと来ないだろうと言っていた、素直じゃないから言えないけれど、本当は娘が一番私のことを思ってくれている、と。やっぱり娘さんが一番なんですね


これを聞いた娘はやっと泣くことができました根岸季衣さん渾身の演技( `ー´)ノ


ふたりの様子を見守りながら、せめて娘さんの名前を呼んであげてほしい、そうでなければ、この娘さんは救われないと心配していた弥生は、思いもよらぬこの藤堂の振る舞いに反発します。弥生は、藤堂がその娘のためにをついたと知って、藤堂を激しく責めたのです。


母親からあんなにひどい扱いを受けたのに、そんな一言で彼女は救われたのでしょうか?必死に看病し続けたのに、最後までお前じゃないと言われ続け、名前すら呼んでもらえなかったのに!


弥生がシメの娘を思う気持ちは藤堂と同じなのに、否それ以上に強かったからこそ、つい思い入れが激しくなってしまったのでしょうか。


でもその娘が後に藤堂に会いに来て、藤堂の機転が正しかったことを証明してくれます


シメの娘の名前は「幸子」というそうです。幸子は、藤堂の言葉で、母との幸せな時間を思い出したと教えてくれました。昔はよく母とホットケーキを作って食べた、母は私に幸せになるよう願いを込めて「幸子」と名付けてくれた、それこそが、母がくれた最初の楽しい思い出だったのだ、と


藤堂の、何とかして幸子を慰めたいと思う気持ちで、幸子は確かに救われたのです。シメ自身、子だくさんの家に産まれ、すぐ上の姉が「トメ(留)」という名だったのに、そこへまた子どもが産まれたことから「シメ」(〆)と名付けられたのだそうです。もういらない、という意味の名をつけられたシメだからこそ、娘には幸子という素敵な名前を贈ったのですね


一方で、弥生自身も今回は「救われる」経験をしています。今回弥生は通勤の道すがら、ひとりの老人=菊地勇(古谷一行)に出会いました。


菊池は、いつも同じ道を通る弥生を目にしていたらしく、あることを弥生に打ち明けます。その道端に立つアパートの中から子どもの泣き声がするのだが、もしかしたら虐待が行われているのではないかというのです


一緒に耳を澄ましたものの、何も聞こえなかったことから弥生はその場を立ち去り、しばらく経つとすっかり忘れてしまっていたのが、その後今度はこの菊池が患者として弥生の病院に入院してきました。大腸がんの検査入院だそうです。


相手が以前会った人物だとは知らず挨拶にやってきた弥生を見た菊池は、すぐにそれが弥生だと気づき、それはそれは嬉しそうな顔をしました。よかった~何せ初めてのことだから、心細くてならなかった。君が担当なら心強いよ


たった一度会っただけの見知らぬ他人にこれほどまで親しげに振る舞う菊池には、普段からたくさんの友人知人がいたようです。昔は教師をしていたらしく、家族はもちろんのこと、その友人や教え子が入れ代わり立ち代わり菊池の見舞いにやってきました


入院とお葬式は人生の総決算だから。これまでやってきたことが全部でる


病によっては一概にそうは言えんと思いますけど、その藤堂の言葉からも、菊池は人望厚い人間だということが偲ばれましたが、弥生自身はまたしても菊池を藤堂同様、苦手な人間だと感じたようです。というのは、菊池が弥生に、例のアパートを見に行ってほしいと頼んだからです。


あの子は菊池さんに気遣われている。私にはそんな人いなかった。誰も私を見つけてはくれなかった


弥生はそのアパートの前を通りながら、耳を澄ますこともせず通り過ぎてしまいましたが、菊池には何もなかったと嘘をつきました。それが弥生なりに身に着けてきた処世術だったのです。


その後そんな弥生自身が「気遣われる時」がやってきました。菊池が弥生の秘密を知ってしまったのです。


弥生は養護施設で育ったため、九九を習わずに育ったそうです。弥生が小学校に入った時には既に皆「九九」を覚えた後だったため、弥生は九九ができないと言えず、自己流でこれを足し算で補っていたようです


菊池の孫との会話でこれに気づいた菊池は、その後、大腸がんとの診断を受け、その告知は穏やかに受け入れたものの、就寝時間が来ても眠らずに何かを書いていたようです。


引き継ぎの看護師からこれを聞かされた弥生が翌日菊池の病室に立ち寄ると、菊池はなんと弥生のために「ひらがな」で九九を綴ってくれていました


いいんちがいち、いんにがに、いんさんがさん、九九はこうして覚えるしかないんだよ。君は九九を習わなかったんだね?君はたくさん努力して看護師になったんだね


メモ用紙にびっしりと書き込まれた九九を見て思わず涙を流した弥生が瀧本美織さんもいい女優さんだなあ、自分が泣いていることにも気づかなかったのを見た菊池が、長い事泣いてなかったのかい?と尋ねたシーンは、思わずもらい泣きしてしまいました。弥生もまた一旦出た涙が滂沱と流れるのを止めることができませんわたしをみつけての弥生が可哀想でならんかった


その後弥生は、きっと他には誰にも語ったことがないだろう自分の身の上を菊池に明かしました。これを黙って聞いていた菊池は、弥生が、相手が患者だということを思い出し慌てて立ち去ろうとすると、自分の故郷について語りだします。菊池は青森の出身だそうです。


私はね、山本さん。世の中には見なくてもいいものもあると思うんだ。何もかもすっかり覆ってしまう津軽の雪みたいに、過去も覆ってしまえばいい。見なくていい過去だってある。それよりも君にはまだまだ未来があるんだから過去の事は忘れなさい


そう励ましてくれた菊池が書いてくれた九九は、これからきっと弥生のお守りになってくれるに違いありませんわたしをみつけてが良いドラマです


そうして弥生は翌日から真剣にあのアパートの様子を窺うようになりました。もう二度と菊池さんに嘘をつきたくない!弥生はそう思ったのだそうです。誰かに見つけてほしい人がいるなら、今度は私が見つけてあげたい。この辺は実に素敵な「優しさの伝播」ですね良い人に巡り合えて良かったね~弥生


どうやらそこで虐待が行われているのは確からしいですが、弥生はまだそれには気づいておりません。


また病院では、再び院長が診断ミスを犯します。どう見ても胃の辺りを抑えて激しい腹痛を訴えていた患者のレントゲンを見た院長は、一応、

「フリーエアは無い」

と確認した上で、虫垂炎だからオペをする!と言い放ったのです


このままではまたしても第二の楠山を出してしまう!弥生の脳裏には、もうすぐサボテンの花が咲くのだと嬉しそうにしていた楠山の顔がよぎったに違いありません


弥生はすぐに藤堂に電話しました。すぐにこちらに来てください!!


でも予告では、どうやらその藤堂が解雇されてしまうようです


せっかく「星が見える丘」という意味で名付けられた地区にある「星美ヶ丘病院」なのに、団地ができた途端に星が見えなくなったのと同様、今や買収の話も出ているとかで、すっかり暗雲が立ち込めているようです。血が苦手なばかりに医大をドロップアウトしたという院長の息子の雅之が、力になってくれるとよいのですが。


わたしをみつけて」は続きもとっても楽しみですねわたしをみつけてが楽しみ(^◇^)


 
これは小説も面白そうです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はわたしをみつけてのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

なにげに見ております
このドラマ、偶然先週、そして今週もみていました。

すごく不思議な雰囲気の演出に、ただのドラマじゃない予感がしています。


そして、この先どうなるんだろう。。。って。

良いドラマですよね♪
kaoriさ~ん、こんにちは~♪
お元気でしたか?v-22

このドラマもなかなか良いドラマですよね~
全4回ではもったいないです(;´・ω・)。

続きも楽しみですね~(≧▽≦)。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング