2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

香里奈さん主演のドラマ、【結婚式の前日に】の8話では、ひとみと可奈子の思わぬ共通点が見つかりました。以下早速ネタバレです。


とはいえ、これまで見てきた感じでは、かなり性格の似ている親子ではある~と思われるこのふたりには、共通の思い込みもありました。昔懐かしい「おべんとうばこのうた」の一部を二人で~間違いとまでは言い切れなくても一般的とは言えない~同じ歌詞を覚え込んでいたことです


これっくらいの おべんとうばこに、で始まるあの歌を可奈子がこう歌っておりました


おにぎりおにぎり ちょいとつめて
きざーみしょうがに ごましおかけて
にんじんさん
さんさい(山菜)さん
しいたけさん
ごぼうさん


いや~山菜じゃなくて山椒でしょ結婚式の前日にが泣ける、と突っ込んだのはおばさんだけではなく、悠一も同様でしたが、ひとみは「さんさい」だと可奈子の説に賛成します


というのも、この歌は昔ひとみが小さい頃、可奈子がよく歌って聞かせた&一緒に歌った歌だったようなのです


しかも、可奈子が家を出ることになったその日にも、可奈子はこれを一緒に歌って「味噌おにぎり」を一緒に作ったのだとか。今では、一緒に暮らし始めた悠一からも

「味噌おにぎり=親父の味

と言われたほどでしたが、それより以前にこれは「母親の味でもあったのです。


~この、ふたりが同棲を始める時も、健介は引っ越しそばならぬ味噌おにぎりを持たせてくれていました。荷物を積んで走り出した車をどこまでも追いかけてくる健介の姿には号泣でした


今回はひょんなことから、ひとみが可奈子のために味噌おにぎりを作ることになったのを受けて、可奈子がこの話をしてくれました。あなたを捨ててすまなかったと謝る可奈子に、ひとみはもう一度同じことをしたら絶対に許さない、と釘を刺します。ということは、もうとっくに許した、ということです


また可奈子は、ひとみを実父の墓に連れていき、再会した時には既に余命3カ月を宣告されていたその父=英雄は、告知後はひどく荒れていたものの、その後もう一度絵筆を握った頃には、病気のおかげで毎日が充実して楽しいとまで語っていたと教えてくれます


今回ひとみは、腫瘍が悪化したことを、主治医ではなく父健介の口から聞かされてひどくショックを受けて落ち込んでしまっていたのです。どうせもうすぐ死ぬんだから、何をしても同じこと


自暴自棄になっていたひとみを救ってくれたのは可奈子でした。ここに、ひとみにシツコク悠一と別れてほしいと付け狙う真菜がやってきて、ひとみを石段から突き落としそうになったのを、可奈子が身を挺して庇ってくれたのです。石段を転げ落ちていった可奈子を、ひとみがとても心配したのがまた良かったですよね


こうしてひとみは再び諦めないで頑張ることを誓いました諦めなければ奇跡は起きる( `ー´)ノ


そうそうそうこなくっちゃね。でないと、あんな辛い思いをしてひとみに告知をしてくれた健介が救われませんよね。大体、どーしてあの話を医者じゃなくて家族がしなくちゃいかんのか、個人的にはその方が大いに疑問でしたがそんな辛いことを家族にさせるなんてヒジョーシキ!。(とはいえ、今回もまたTverで視聴したので、何か深い理由を見逃したのかもしれません


ひとみと同じ病の透が「エンディングノートにやりたいことを書いていたのを見たひとみが、エンディングノートではなく

「明日ノート

に明日やりたいことを書こうと誘ったのも良かったなあ結婚式の前日にはとっても感度的なドラマです。今日を精一杯生きたら、明日やりたいことをノートに書く。そしてその明日が来たらそのノートに綴ったことを一生懸命実現していく。当たり前のことだけれど、人生は1日1日の積み重ねなのですものね。


自分のしでかしたことに驚いた真菜も、これでようやく諦めてくれるでしょうし、響子も今ではひとみを心から応援し、結婚式の引き出物まで手配してくれていたようです。後はひとみが残された時間を精一杯輝かせられるよう願うばかりでございまする結婚式の前日にが楽しみ♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.