2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

オダギリジョーさん主演の【おかしの家】の8話は「覚悟」です。これまた何とも泣かせる展開でございましたね~。島崎が躍り出したシーンには思わず泣き笑いでした。以下簡単なネタバレのあらすじですおかしの家のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


さくらやに「臨時休業」の札を下げた太郎は、島崎や三枝とともに、金田の亡くなった場所に駄菓子や飲み物を手向けに行きました


そこでじっと手を合わせて金田の冥福を祈っていた島崎に、三枝は、自分を責めないよう励まします。あいつはいいやつだったから、あいつの分まで頑張らないと。島さんは就職、俺は脚本太郎はどうする?


おまえはどうすんだよ。あの店ももう限界なんだろう?


とっくに限界だと言いながら、おばあちゃんのために踏ん張らないと言っていた太郎なのに、そのおばあちゃんに「名前」を忘れられて愕然としてしまいます。明子は太郎の名を呼ぼうとして、その名が出てこなかったそうなのです。ごめんなさい、名前が出てこないの認知症が始まったのかしら(;´・ω・)


ショックを受けた太郎は家を飛び出し、礼子のもとへやってきました。結婚しよう!


バカにするなと答えたものの、太郎の様子がおかしいので何とかその訳を聞き出したところ、明子に名前を忘れられたと聞いては、さすがの礼子も怒ることができません


後で夕飯を持っていく、おばちゃんが心配するから帰った方がよいという礼子に何とか背中を押されて帰宅したものの、太郎は明子の顔をまともに見ることができず、そそくさとその前を通り過ぎてしまいます


「太郎!」


太郎もショックだったろうけど、明子も本当に心配していたのでしょう


太郎は、俺はおばあちゃんのために頑張っているのに、俺のことを忘れられちゃったら、何のためにここにいて頑張っているのか分からない、と言いましたが、そんなことを言われれば言われるほど明子はさぞかし辛いだろうと思わずにはいられませんでした。だって明子は既に80歳なのに、ちょっと名前が出てこなくなるぐらい、仕方のない事なのにここは明子が可哀想だったなあ(;´・ω・)


太郎の不安も分かりすぎるほど分かるだけに、ここは何とも切ない気分にさせられました明子にはもっともっと長生きしてほしい(;O;)


その後明子は太郎に一緒にビールでも飲もうと誘い、以前の太郎の疑問に答えました。太郎は以前、なぜ祖父が駄菓子屋を始めたのかと尋ねたそうです。


太郎が寂しくならないように。両親を亡くしたあなたがずーっと楽しめる場所をおじいちゃんは作りたかったのね。さくらやは太郎のために作られた店なのだから、太郎が苦しい思いをするぐらいならお終いにしなければいけない。


ずっと祖母のために存在すると信じてきたさくらやが、本当は自分のためだったことに驚きながらも、やはり太郎は確かめずにはいられません。おじいちゃんとの思い出がたくさんある場所だから無くなったら寂しいでしょ?


すると明子は答えました。私が大切なのは思い出じゃなくて今のあなたなのよ


太郎はようやくこの言葉で店を畳む決意をしました。これからは違う形で恩返しをするから!


礼子にプロポーズをしに行くと語った太郎に、三枝が

「俺はお前が小さなころからの一番の親友だから、プロポーズする前に俺と踊ってくれ!俺を置いていくなっ!(≧▽≦)

と言ったのもまた実に楽しかったですね。太郎が、踊りなんて知らないと断ると、それまでは踊りたい気分なのに踊れないなどとこぼしていた島崎が、いきなり踊り出したのもよかったな~すごいモンキーダンス?。あれは時代を感じさせるダンスでしたね


その後ようやく太郎が店を飛び出して、どんだけ豪勢な夕飯を作ってきたのか大荷物に閉口して一休みしていた礼子と合流したものの、どうやら太郎はプロポーズのタイミングを逸してしまったらしいのに、三枝が先走ってしまいます


「結婚おめでとう!おめでとう!バンザイ!!


太郎の「俺、お前のそういうとこ嫌い~には大笑いです。礼子も本人の口から聞きたかったでしょうにね~


その後ふたりは照れてしまったのか、そのまま皆と一緒に朝まで飲みあかすことになった挙句、礼子と春馬、そして太郎はプロポーズ抜きでも川の字で寝るにいたったようです。明子だけがひとりだけ早起きして、皆が飲み散らかしたビールの缶を洗っていました


結局そのプロポーズは、いつものあの裏庭で、3人そろって歯磨きをしていた時に、さりげな~く行われたようです


「結婚するか」「うん」「春馬もいいか」「うん」


島崎は、妻のいた北海道で就職し、新年には夫婦水入らずの写真付き年賀状を送ってきました。さくらやはついに「閉店」となり、太郎と明子、礼子と春馬、こちらもまた家族水入らずでのお正月を迎えていたところに、まさかの展開が待ち受けています。どうやら、さくらやの「猫」が訴えられたようです


いや~ようやく原作「うちのネコが訴えられました!? ー実録ネコ裁判ー」の登場でござるね。それにどうやら少なくとも10話の放送は確実のようで嬉しい限りでござりまする


おかしの家」は続きもとっても楽しみですねおかしの家が楽しみ♪



RCサクセション「空がまた暗くなる」~この歌がまたすごくいい

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.