2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

綾野剛さん主演の金曜ドラマ、【コウノドリ】は、も~毎回心の底から感動させられており、今期最も気に入っているドラマです。これはこのクールだけじゃなく、是非今後もシリーズ化してほしいものだとかねがね思ってきたのですが、今日はそれに備えて、主要な登場人物の他、これまでに登場した患者さんも一覧にしておこうと思い立ちました。


アメドラはシリーズ化されることが多いので、ここでもよくリストを作っているのですけど、日本のドラマでは滅多に作りません。それだけこの「コウノドリ」に対する思い入れが強いのです。実際ドラマの中でも、以前登場した患者のフォローなどを行っていますものね。


産まれてくる命はそれぞれがかけがえのないただ一つのもの。全ての出産には1つ1つそれぞれに命の物語がある


最終回で下屋が語ったこの「命の物語」こそ、この「コウノドリ」の最大の魅力であったことをあらためて付け加えさせていただきます


以下、最初に主要人物、そして後に各回ごとの登場人物をまとめさせていただきました。話数をクリックするとその回のあらすじをご覧いただくことができます。何かの折にご利用いただけましたら幸いですkaeru



-目次-





【コウノドリ 主な登場人物とキャスト】


鴻鳥(こうのとり)サクラ

ペルソナ総合医療センターの産婦人科医であると同時に「BABY」の名で大活躍の天才ピアニストでもある。乳がんだった母親の佐知子は、自分の治療より胎児のサクラの無事を優先。サクラを産むと同時に死亡。育ての母は施設でピアノを教えてくれた景子ママだが、それ以前に乳児園では加賀美美智子に可愛がられて育った。患者からの信頼度は抜群

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
綾野剛・・・空井大祐@空飛ぶ広報室、蘇我伊織@S-最後の警官-、阿部金次@開拓者たち、松平容保@八重の桜、他


四宮春樹
サクラと同期の産婦人科医。以前一人の妊婦を助けられなかったことから笑顔を失ってしまう。その妊婦の娘のつぼみちゃんはペルソナに入院中で、四宮は毎日のようにこの子を見舞って読み聞かせをしている。あだ名は「シノリン」だが、怖くて小松しか呼べない。不愛想だが誰よりも患者思いの素晴らしい医師

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
星野源・・・寺山一樹昨夜のカレー、明日のパン


下屋加江
後期研修医1年目の新米産婦人科医。小松とサクラを尊敬し、日々奮闘中。正義感が強く患者からも慕われている

松岡茉優・・・真帆@銀二貫、入間しおり@あまちゃん、大内美穂@限界集落株式会社


小松留美子
誰よりも頼りになる助産師。母(久世星佳)も助産師だったそうだが、たったひとりの赤ん坊を救えなかったことから廃業し、小松が助産師になった日にくも膜下出血で亡くなってしまう。病院と助産院、どちらの良さも知った上でペルソナ勤務を選ぶ。強面の四宮にただひとり冗談が言える意味でも貴重な存在

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
吉田羊・・・服部陽子@ナオミとカナコ、畑中みどり@最後から二番目の恋、山ガール@昨夜のカレー、明日のパン、橘都美子@ウロボロス、橘鏡香@アンフェア the special ダブル・ミーニング - 連鎖、春子@平清盛、星名あゆみ@ギネ、野上直美@コード・ブルー、他


角田真弓
助産師。このたび売れないミュージシャン、たっくんこと大森太助との子どもを妊娠

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
清野菜名・・・田村小夏@ウロボロス


平井紗織
看護師

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
白石糸


真田知香
看護師。クリスマスに着ぐるみ無しでサンタをやると志願していた。向井を「ツタンカーメン」と呼ぶ

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
小林きな子・・・お世津@おそろし


<NICU>

今橋貴之
NICU部長かつ周産期センターのセンター長。優秀かつ誠実で、誰からも頼られる存在だが、それだけに家族との時間が持てない。ふたりの娘のうち次女は助産院で出産したらしく、その夜は家族水入らず3人で川の字で寝たのが大切な思い出だと語る。娘のひとりは綾香というらしい。

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
大森南朋・・・香椎秀樹@S -最後の警官-、安藤周夫@BORDER、他


白川領
下屋と同期。実家が小児科医院なため、医師を志すが、今ではすっかり新生児科の戦力となる。少々生意気だが、新生児に対する情熱は人一倍熱い。下屋に気がある?

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
坂口健太郎・・・サトル@ごめん、愛してる


新井恵美
クールで優秀な新任の新生児科医。恋人の野崎隆太(須田邦裕)とは忙しすぎてなかなか結婚に踏み切れない。

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
山口紗弥加・・・ 千歳弘子@サイレーン、西沢摂子@ようこそ、わが家へ、有留章子@ヤメゴク、清岡美歩@家族狩り、他


<ペルソナの他の人々>

大澤政信
院長。サクラを生まれた頃から知っており、小松とともにサクラが「BABY」であることも知っている。情と経営をうまく使い分けている?

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
浅野和之・・・福羽逸人@天皇の料理番、森靖之@運命の人、青木拓男@うぬぼれ刑事、水越礼二@銭の戦争、ジェームズ@警部補矢部謙三2、他


向井祥子
メディカルソーシャルワーカー。既婚で3人の子持ち

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
江口のりこ・・・原田いずみ@名もなき毒、井田美月@てふてふ荘へようこそ、他


加瀬宏
救命救急医。産婦人科と協力し多くの命を救う熱血漢

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
平山祐介・・・加藤@MOZU S1、嵐悟@S -最後の警官-


船越拓也
麻酔科医。趣味=マラソンとダジャレ

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
豊本明長


岸田秀典:
不妊治療外来の医師。

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
高橋洋


<サクラのママたち>

小野田景子
保育士~施設でのママ。サクラにピアノや人生のイロハを教えてくれた大切な人。現在は姪の奈美子と共に暮らしている

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
綾戸智恵・・・コンサート行きました( `ー´)ノ


加賀美美智子
サクラが育ったイレーネ乳児院の保育士

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
浅茅陽子・・・濱崎清恵@最高の離婚、孝@JIN-仁、他



滝賢太郎
Live Spot=Blues Alleyのホールマネージャー。サクラの幼馴染。

~キャストおよびこのブログで紹介させていただいた出演作~
清塚信也・・・日韓ハーフのピアニスト。龍馬伝紀行のBGMを演奏



▲目次に戻る



【コウノドリ あらすじと各回の登場人物】


第1話 生まれてきておめでとう


小早川頼子(臼田あさ美)&俊也(要潤):
ひどい難産の妊婦とその(八つ当たりされた)夫。小松がなだめすかして何とか無事に出産


矢野夏希(清水富美加):
風俗で働いていた未受診妊婦。「こころちゃん」を出産するも、自立できず、向井の世話でまずは自立できるようになるまでこころちゃんを乳児院に預ける


▲目次に戻る



第2話 自分の命よりも大切な存在


永井晴美(川村ゆきえ):
既に36週で、もう少しで出産という時に交通事故に遭う。とっさにお腹の子どもを庇ったため、脳挫傷を負うが赤ん坊は無事助かる。何としても子供を救いたいという「ハル」の願いを知った夫の浩之が決断し、サクラがカイザーを決行。11月19日に無事に産まれたふたりの子どもは芽衣と名付けられる


永井浩之(小栗旬):
最初はハルを助けたいと願ったが、最後にはハルの遺志を尊重し、シングルファザーとして生きる決意をする。その後営業という仕事との両立の難しさに一時は芽衣を母に預けようとするが、最終回でBABYの激励を受け、部署を異動しても芽衣を育てる決意を固めた


村川郁恵(虻川美穂子):
前置胎盤で入院した妊婦。以前にもカイザーで出産したため癒着が心配されたが、本人が今後も妊娠を希望しているため、子宮を残す方法で進め、無事「3人め」を出産


▲目次に戻る



第3話 患者思いの嫌われ者


瀬戸遙香(山田望叶):
先天性風疹症候群の子ども。BABYが大好きでピアノが得意。サクラとステージで連弾。サクラがBABYだと見破る


瀬戸加奈子(石田ひかり):
遥香の母。この病を世間に広く知らしめるための広報活動に協力を求められるが、娘を心配して反対するも、最後には遥香の強さを信じることにする


瀬戸啓介(音尾琢真):
加奈子の夫で、加奈子に風疹をうつしてしまった本人。夫の不注意が娘に障害を与えることもあると広く世間に訴える


根岸若菜(佐藤栞里)&大輝(渡辺裕太):
妊娠中のハワイ旅行を計画するも、遥香の出演番組を見て断念。大輝は風疹のワクチン接種を申しで、友達にも広めると約束。でも沖縄には行くそう。


木村法子(山田真歩):
姑のストレスから煙草が止められない妊婦。道端で倒れていたところを担当の四宮に見つけられ緊急カイザー。母子ともに無事


佐々木みのり(石丸奈菜美):
5年前に四宮が担当していたヘビースモーカーの妊婦で既に男の子がいる。喫煙が原因で早期剥離を起こし、緊急カイザーを行うも、出血多量で死亡。脳性麻痺で生まれた子供は「つぼみ」と名付けられ、今でも小児科に入院中。9話ではそのつぼみも肺炎で死亡


▲目次に戻る



第4話 赤ちゃんの生きる力を信じて


田中陽子(河井青葉)&(和田正人):
陽子は下屋の患者で夫の淳はトラックの運転手。駆け落ち同様に結婚した二人だからこそ、天涯孤独の淳は、この出産をきっかけに陽子の両親に連絡を取ろうとしていた模様。が、健診の際は問題ないと診断されるも、その数日後に切迫流産を起こしかける。羊水が減少しているため、絶対安静を試みたが、目標の24週を待たずして陣痛が起きてしまう。母体優先の産科医としてはカイザーは勧められないとサクラは言ったが、陽子と淳(そして下屋)のたっての願いでカイザーを行うことになる。452gととても小さく生まれてNICUに託された二人の子どもは、誰よりも大きく育つようにとの願いを込めて「大地」と名付けられた


▲目次に戻る



第5話 3人の母に愛されて


吉沢玲奈(山口まゆ);
中学生の妊婦。無事出産後は子供を養子に出す


元倉亮(望月歩):
玲奈の相手。父親に叱られて何もなかったようにしようとしたが、玲奈の様子を見て反省。最後には自分の無力さと無責任さを痛感する


吉沢昌美(中島ひろ子):
玲奈の母


元倉和雄(螢雪次朗):
亮の父


笠原節子(烏丸せつこ):
ツグミの会というNPO法人の代表


早見憲一(土屋良太)&光枝(滝沢涼子):
玲奈の子どもを養子にする


加賀美美智子(浅茅陽子~前述)


▲目次に戻る



第6話 未熟な日本社会に対する敬称


佐野真理子(小林綾子):
31週の妊婦。子宮破裂で子どもを失った上に子宮も全摘を余儀なくされる


美相沢雪(西田尚美):
不妊治療中の女性。BABYのコンサートへ行く。8話でようやく子供を授かる。雑誌FONDUの編集者


竹下敦子(森口瑤子):
5年の不妊治療を経て、43歳でようやく妊娠するも、妊娠高血圧症候群から早めのカイザーが行われる。術中、出血がとまらなくなりやむなく子宮全摘。母子ともに無事


▲目次に戻る



第7話 臆病で優秀な助産師


野々村秀子(冨士眞奈美):
ペルソナと懇意にしているベテラン助産師。


森亜沙子(南沢奈央):
自然派志向の妊婦。何が何でも自然分娩をすると努力するが、出産途中で胎児が動かなくなったため、やむを得ずカイザーで出産。


山田郁美(足立梨花):
亜沙子とは正反対で、痛くない出産を希望するが、結局は自然分娩。赤ん坊が生まれてからも何かとパニックを起こしていたが、小松の助言でようやく落ち着く


▲目次に戻る



第8話 ツンツンシノリンが笑った日


川村実咲(中村ゆり):
2年前に無脳症の子どもを妊娠し、妊娠継続を諦める。その子をツバサと名付けて冥福を祈るが、心の傷はなかなか癒えない。このたび新たに子供を授かり、無事自然分娩で出産する。サクラもコンサートを抜け出して駆けつけ応援する


土屋マキ(谷村美月):
口唇口蓋裂の子どもを妊娠していると告げられて動揺するが、最後には自分が必ず治してみせると誓う。四宮を笑顔にしてくれた恩人(笑


森口亮子(奥貫薫)&森口武史(戸田昌宏)
NICUにいる尚人の両親。障害を持つ子どもに会おうとせず、母乳だけを届けに来る。最終回でようやく尚人と再会し、クリスマスには家族水入らずで自宅で過ごす


▲目次に戻る



第9話 命をつなぐ仲間の存在


西山亜希菜(岡本 玲):
ユウタの母。3か月前28週でユウタを出産した後は毎日NICUに母乳を届けに来ている。1か月前に「仲間」入りした尚人のことも気遣う優しい女性


小泉明子(酒井美紀)&大介(吉沢 悠):
23週と1日で切迫早産。産まれた陽介はNICUに入るが、懸命の治療の甲斐なく生後5日で亡くなってしまう。せめてもの救いは、両親揃ってその最期を看取れたこと


佐々木恒夫(?):
つぼみの父。6年間一度も会いに来なかったが、つぼみの遺体を引き取りに来た


▲目次に戻る



コウノドリ 最終回 あらすじと感想 命のバトン


飯塚律子(木南晴夏~佐々木琴音@火の粉):
里帰り出産予定の妊婦。下屋の担当だが、入院後急に心肺停止となり死線期帝王切開術を受ける。後に母子ともに助かり、相澤の雑誌=FONDUにも親子仲睦まじい様子が掲載される


飯塚利夫(佐野泰臣~幸作@3年B組金八先生):
律子の夫


▲目次に戻る



コウノドリ 待望のシーズン2スタート!第1話 あらすじと感想




▲目次に戻る



第2話 生きて幸せになるための選択




▲目次に戻る




【Amazon.co.jp限定】 コウノドリ Blu-ray BOX (特製オリジナルカード付)

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.