2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

私の人生の春の日のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 私の人生の春の日 あらすじと感想、キャスト一覧


私の人生の春の日】の4話は「好きになってはいけない人」です。前回の妄想シーンが早くも実現されて大喜びのおばさんでした。以下簡単なネタバレのあらすじです私の人生の春の日のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ドンウクからボミを婚約者として紹介されて動揺したのはドンハばかりではありませんでした。慌ててお茶をこぼし、席を立ったドンハを追いかけてきたプルンは、お手洗いで気を静めて出てきたドンハの目の前で涙を流してしまいますネタバレですのでご注意を♪


今日は楽しかった。それで十分じゃないか。これが続けばいいと思うのは贅沢だ


スジョンを失って以来、この親子がどれだけ我慢を重ねてきたのかが垣間見えたような気がして、何ともここは切なかった


こうしてプルンがすっかり気落ちしてしまったため、急に行われた「顔合わせ」は早々に切り上げられることになりました。そこでボミは、ドンハたちへの「贈り物」を手渡します。ボミがデパートに来ていたのも、ドンハ同様、ドンハたちへの贈り物を買うためだったのです。


ここでドンハが、ふと思い出したようにスーツを買ってもらった賞品の魔法瓶をボミに手渡し、彼女に脅し取られた、と言うと、ボミが黙ってドンハを軽く睨みつけました。この様子がいかにも親しげだったことから、ドンウクはまたしても不安になってしまいます。ドンハが、車にボミへの帽子が積んであると言ったため、ボミは明日伺った時に頂くと答えたのに、もう顔合わせは済んだのだから、明日の予定はキャンセルしようと言いました。


これにドンハが、プルンの機嫌も悪いことだし、どのみち母のヒョンスンは来ないつもりだった、既に(ボミ母の)ミョンヒとも会ったそうだし、と答えたから大変です。ボミは、ミョンヒがヒョンスンに会ったことをまったく聞かされてなかったのです


家に帰って早速ミョンヒを問い詰めますが、ミョンヒはボミを思ってしたことだと悪びれません。ボミもまた、ドンハに謝りたくて何度も電話やメールをしようと思いながらも、どうしても踏み切ることができません


その頃ドンハもまた家に戻り、ボミの贈り物を広げていました。それは不眠によく効く「松の葉茶」と二日酔いに効く「ケンポナシのエキス」だったことに微笑むドンハ。この、いかにもおざなりでなく、本当にドンハのためを思って選んだらしい贈り物は嬉しいですよね~。さすがに「ボミステファネットです。でも「子どもとの対話法」は余計かも


翌日、またしてもあの小うるさいヒョンウがやってきて、ドンハにヘギル病院との契約書を持っていくよう勧めましたが、ドンハにしてみれば、もうこれ以上ボミとの距離を縮めてはいけないという気持ちがありますから、ヒョンウに持っていくよう命じます。


それじゃあ意味がないとばかりに、ヒョンウがドンハの携帯でボミにメールを送ったのが楽しかったですね~。契約書を取りに来てもらえませんか?お礼に牧場を案内しますから


ボミは、ドンハが怒っているのではないかと不安に思っていたところでしたから、大喜びでやってきます。


お兄さんのこと見直しました。母のことで怒っているとばかり思っていました。メールをくれたでしょ?


これがすぐにヒョンウの仕業だと知りながらも、ドンハはヒョンウを怒ることができません。何せヒョンウは

「愛のメッセンジャー私の人生の春の日が楽しい~( *´艸`)

なのです


嫌ってなどいませんよ。もしそうなら、一緒に買い物をしたり食事をしたりなどしない。私はボミさんが好きです


その後はまさにヒョンウの思惑通りになりました。前回の「牧場デート」はヒョンウのみならず、ドンハもちゃ~んと妄想していたらしく、その場所に行くたびにその妄想が蘇るのを止められないのがまた笑えましたね~。実際にはドンハは手伝わず、ボミがひとりでチーズ作りをしたのですが。


そこでボミが、ようやくできたチーズを一口どうぞと手を伸ばしたのを、さすがに「あ~んとは食べられずに断ったところ、ドンハは誤ってボミに牛乳を浴びせかけてしまいます。以前の想像(妄想)を思い出して動揺したからだとは説明できても、その内容を言う訳にはいきません


でもこれで母のイジメを忘れてほしいと笑ったボミが女子更衣室へ行き、着替えをしようとしたところにヒョンスンがいて、ボミが着替える際に胸の傷を見ることになってしまいます。息子の嫁には何よりも「健康」を重んじていたヒョンスンですから、今後これが障害になっちまうかもしれませんね


牛島に戻ったらしいドンハに親友のチョ・ギルドン(チャン・ウォニョン)が、スジョンの命日にスジョンが亡くなった海で、ドンハがボミを助けたことは運命的な出会いだったのではないかと言ってくれたのも良かったですね。プルンもギルドンも、ドンハにもう一度幸せになってほしいと心から願っているのです私の人生の春の日のカム・ウソンがええわ~( *´艸`)


その後ボミはドンウクからのプロポーズを受け、ドンハはミョンヒの勧めに従ってジウォンと見合いをしました。ジウォンはそこで、忘れられない人(=ドンウク)がいるから誰とも結婚するつもりはないが、立場上見合いを断れなかったし、もし自分が断っても他の女性を勧められるだろうから、とりあえずは付き合うことにしないかと提案し、ドンハも同意したようです。


それほどドンウクを思っているジウォンがドンウクと別れた理由は、どうやらジウォンが子どものできない体質?だからのようですね。ドンウクの夢は兄夫婦のような子どもに囲まれた家庭を築くことなのだそうです。ボミもまた、昔は子供を欲しくないと考えていたのが、ある時、幸せそうな家族に出会い、自分も子どもが欲しいと思うようになったそうです。


その時、その家族の母親がくれたブレスレットは、どうやら以前ドンハがスジョンに手作りして贈った貝殻のブレスレットのようでしたね?ということは、顔を覚えてはいないけど、その昔、

「赤ちゃんができたから私なんかもういらない」

と泣いていた女の子はプルンであり、その子を迎えに来ていた父母は、スジョンとドンハだったのでしょうか?


現にドンハは、ボミの腕に付けられていたブレスレットを見てひどく驚いていたようです。これをどこで手に入れたっ!?と。何せボミは顔の識別がかなり苦手なようでしたから


私の人生の春の日」は続きを見るのが待ち遠しいです私の人生の春の日が楽しみ(^◇^)


私の人生の春の日 DVD-SET1私の人生の春の日 DVD-SET2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.