このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

コウノドリ
 医療モノ

コウノドリ 最終回 あらすじと感想 命のバトン

コウノドリのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: コウノドリ あらすじと登場人物一覧


綾野剛さん主演の金曜ドラマ、【コウノドリ】はついに夕べが最終回でした。も~最初から最後まで泣きっぱなしで、大大大感動の最終回でしたコウノドリ最終回のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。終わってしまって心の底から寂しいです。今期一押しで最も大好きな作品でした


産まれてくる命はそれぞれがかけがえのないただ一つのもの。全ての出産にはその1つ1つに命の物語がある。


最終回の冒頭で下屋が語っていたように、まさにこのドラマの魅力はそこでしたよね。主な登場人物のみならず、毎回登場した妊婦と赤ちゃん、そして彼らの家族もまた、この奇跡=「命の物語の主役だということ、その物語もまたドラマの枠を超えて無限の想像をかきたててくれるところが、このドラマの最大の魅力だったのだとつくづく痛感した次第です最後まで暑苦しく逐一タップリ語らせていただきまする♪


今もOST~「God Bless You」を聞きながら&あれこれ思い出しながらこれを書いているところです。これは絶対にシリーズ化してほしいですね~


以下、そんな大感動のうちに終えた「コウノドリ」最終回のあらすじをまとめさせていただきましたコウノドリは是非シリーズ化してください(^^)/。あまりにも感動しすぎて長くなりすぎたので、今回は「続き」を使わせていただきまする。お手数ですが左下の「続きを読む」をクリックしてご覧いただきますように


まずは、気になっていた「景子ママ」の手紙から参りましょうか


そこには、サクラの母について分かったことがあるから、もし知りたいのなら会って話したいと書かれていたそうです。いやなら自分が墓場まで持っていく、というその文面を見て思い悩むサクラです。やはり母、そして父の存在はサクラにとって「胸の奥にずっと刺さったままの小さな棘」だったのだそうですコウノドリ~最終回ではサクラの苦悩も明かされました


その後、サクラがいつもBABYとしてライブを開いているLive Spot=Blues Alleyに、その景子ママがやってきました。当時のことをよく知り、サクラの後見人でもある大澤院長も一緒です。いつもサクラに「オンコール」が無いよう祈っていた(笑)ホールマネージャーは滝賢太郎(清塚信也)というそうで、どうやら施設時代からのサクラの幼馴染のようです。


突然の訪問に驚くサクラに、今一緒に暮らしているという姪の奈美子とともにやってきた景子ママは、サクラとの再会を心から喜んだ後、早速サクラの母=鴻鳥佐知子について話してくれました


佐知子は両親を早くに亡くし、北海道の札幌でピアノを弾いて生計を立てていたそうです。ある時、東京から単身赴任をしてきた男性と恋に落ちますが、その男性が東京の本社に戻ったことでふたりの恋は終わりました。その男性には東京に家族がいたからです。


その後自分の妊娠を知った佐知子はひとりで産み育てる決意をしたのでしょうが、妊婦健診の際にガンが見つかり、胎児に影響を及ぼす可能性のある治療を一切断り、サクラを産んですぐに亡くなってしまったのは以前明かされた通りです。佐知子は、お腹の子の名前は「サクラ」(桜)にするとずっと決めていたそうです。桜の花は散ってしまってもまた来年花を咲かせる~命はそうやってつないでいくものだと思う、と言って。当時の様子を知る大澤院長との関わりから考えると、妊娠が分かってから単身上京したのでしょうか。


サクラはそこでどうしても気になっていた疑問をぶつけました。母はその事をには知らせたのでしょうか?


景子ママはおそらく知らせなかったに違いないと答えたため、サクラの疑問は残ったままです。だからと言って、母の佐知子でさえ黙っていた事実を、今、自分が父を捜してもらって伝えても良いものだろうか、と迷わずにもいられません。サクラはずっと、父は自分の出生を喜んでくれたのだろうか、そう考えていたようなのです


この疑問に答えてくれたのは、シングルファザーの永井浩之でした。永井は悩みに悩んだ末、ついに芽衣を実家に預けることにしたらしいのですが、芽衣の誕生日が母・晴美の命日でもある、といずれは芽衣に伝えなければならないことを重荷に感じていたようなのです。


おふたりが芽衣ちゃんの誕生を心から喜んでいたことを伝えるのは、永井さんの親としての務めです。


自分がこの世に生まれてきたこと、ましてや、それで母親の命を縮めてしまった罪悪感を一生抱き続けねばならぬ子どもにとって、両親が自分の誕生を望んでくれていたのかどうかが、一番の心の支えになると、サクラは誰よりもよく分かっているのです


そしてサクラは、この親子にエールを送るために、ふたりをBABYのコンサートに招待しました。その日は芽衣の誕生日=晴美の命日である11月19日だったそうです


サクラ=BABYが弾くGod Bless You(神の祝福がありますように)を聴きながら晴美のこと、そして芽衣が生まれた日のことを思い出した永井はようやくもう一度、自分で芽衣を育てていこうと決意を新たにしたそうです。離れられるわけがない、この子は愛する晴美が「命」を繋いだ子なのだから永井浩之=小栗旬さんも大活躍♪


また芽衣はこの1歳の記念すべき誕生日に「パパ」と(おそらく)初めて発していたようです。そうだよ、芽衣。俺がお前のパパだ


BABYが芽衣のためだけに「Happy Birthday」を奏で、滝がバースデイケーキを運んできてくれると、景子ママを初めとするコンサートに来ていた客も皆が心からの拍手を贈ってくれました。天国の晴美もまたこの娘の誕生日をどんなにか喜んでいてくれたことでしょう


そして永井は後日サクラに、自分が芽衣を育てる決意を告げるとともに、サクラの父親も、サクラの誕生を知ったなら、きっと喜んでくれたに違いないと断言してくれました。俺が今心からそう思っているから間違いありません、と


また永井はサクラがBABYであることにも気づいたようですが、その事は、サクラにだけ打ち明けたようですね。先生がBABYだったんですね


今回はこの「秘密」をサクラの担当妊婦の相沢美雪も暴こうとしていました。サクラがBABYだと確信した相沢は、自身が勤める出版社で妊婦の特集記事を組むという名目でペルソナにやってきて、実はサクラとBABYが同一人物である証拠をつかもうとしていたようなのです。


が、実際に取材を進めるうちに、その気持ちが変わっていきます。サクラや今橋を初めとするペルソナのスタッフたちが皆毎日真剣に命と向き合っている姿を見たら、他人の秘密を暴くゴシップ記事を書こうとしていた自分が恥ずかしくなってしまったようです


その相沢が今回出会った家族は主に2組が紹介されていました


1組目は、里帰り出産で31週目から下屋の担当となった飯塚律子(木南晴夏)と利夫(佐野泰臣~幸作@3年B組金八先生)の夫婦です。


37週目で陣痛を訴えて自らタクシーに乗ってやってきた律子は、その後陣痛が治まったものの、破水していたため、そのまま入院して出産を待つことになりました。後に駆けつけて来た利夫も交えて、相沢があれこれ取材したその直後、突然律子が気を失ってしまいます


そこへたまたま通りかかった小松が脈を取ろうとしますが、まったく脈が触れていません。心肺停止状態です!!


小松から連絡を受けて駆けつけて来た下屋は即AEDの用意をさせるとともに、院内にコード・ブルー(非常事態)を宣言しました。


これで四宮や、(事実上)芽衣への誕生日コンサートを終えたばかりのサクラも駆けつけてきます。病院では、小松と梶の必死の心肺蘇生も奏功せず、もし4分経っても心拍が再開しなかったら「死線期帝王切開」をすると四宮が宣言していました。


助けるよ!お母さんも赤ちゃんもっ!!ゼッタイに死なせない( `ー´)ノ


ようやく到着したサクラも檄を飛ばし、いよいよ手術が始まりました。そこには梶やN(NICU)のスタッフも駆けつけています。下屋は四宮に命じられて第一助手に入りました


そしてついに死線期帝王切開術が行われます。これは、心肺停止となった母親を帝王切開して分娩させる術式で、子宮に圧迫されていた静脈と大動脈の血行を良くし、全身への血流を良くすることで心肺蘇生の促進を図るという、産科医にしかできぬ蘇生術なのだそうです。今回は胎児も37週を超えていて安全圏ですが、当然そうでない場合もあり、第一の目的はあくまでも母体救命であり、胎児の生死は問わないことが原則なのだとか。


が、サクラたちは見事に赤ちゃんも救いました。サクラが帝王切開後1分で胎児を取り出すと、胎児は早速白川たちの手にゆだねられ、文字通り息つく間もなく、引き続き律子の心肺蘇生が続けられます相変わらず小松もスゴイ!。心肺停止後8分経っても拍動が戻らなかったため、梶はもどかしさのあまり思わず雄たけびをあげてしまいました戻ってこいっ!!


くそ~っ!動けよ~っ!!


ここでなんと、胎児の方がこれに反応したかのように元気な産声をあげ始めました。そしてその時です奇跡が起きたのは!ここは嬉しかった~(;O;)


今度はなんとこの声に呼応するように律子の心拍もついに再開したのです。これには皆が声を上げずにいられません。来た~っ!!


が、律子の意識はその後もなかなか戻りませんでした。律子は家族性突然死症候群が疑われるそうで、これまで一度も発作が起こらなかったため、本人も知らなかったのではないかということでした。


後に律子は、NICUに預けられていたのをサクラの配慮で連れてこられた我が子の気配で、意識を取り戻すことになります。夫の利夫が懸命に、一緒にこの子の名前を考えようと呼びかけた声も聞こえたに違いありません


後にこれに大喜びするサクラと四宮、そして下屋はその頃、ようやく手術を終えて律子の無事回復を願っていました。そこで初めて四宮が下屋を認めてくれますシノリン大好き♪。次からは、術野から決して目を離すなよ、そう言って、買ってきた牛乳をポンと手渡してくれたのです。サクラと小松には分かったけれど、下屋には~相変わらず~分かりづらかったようですね


その四宮も、つぼみちゃんの死を乗り越えたことでまた大きく成長したようです。NICUにいる18トリソミーの尚人の両親が、なかなか見舞いに来れないのを憂いていたらしい四宮は、ある日見かけた森口夫妻の夫=武史に自分からこう声を掛けました


あなたが尚人君に会おうとしないのは、冷たい父親だからではない。今会えば、別れの不安とも向き合わなければならなくなることが怖いからだ。

勇気を出してください。万が一このまま別れを迎えることになったら、お父さんの心にもっと深い傷が残ります!


これは四宮がつぼみちゃんの父親である佐々木の姿から後に思いあたったことのようです。つぼみちゃんを引き取りに来た佐々木が一言も発せなかったのも、実は深い後悔に苛まれていたからに違いない、この武史にそんな思いをさせてはならない、四宮はそう思って一歩踏み出したに違いありません


この様子を見ていた小松がまた実に嬉しそうだったのが楽しかったですね~。ごつんと後ろから四宮の肩に頭突きをした小松が言ったように、武史には誰かがちょっと背中を押してあげることが必要だったのには違いないけど、それがまた四宮だったというのが何とも嬉しかったなあ


シノリンの背中もさ、誰かが押してくれたらいいのにね。そうしたら私の胸の中に飛び込んで来れるのに


いつもむすっとしたシノリンには案外こんな姉さん女房もお似合いだったりするのでしょうか


この四宮の誠意はついに武史を動かしました


妻の亮子の方は、今橋の温かくも忍耐強い説得のおかげで、先にひとりで尚人に会いに来ており、自分の記憶にあった小さな尚人とは見違えるほど大きくなったその姿にうれし涙を流していました。どうやら、妊婦時代の亮子が通っていたのはペルソナではなく別の病院だったようで、そこでこの森口夫妻は18トリソミーについてひどい話ばかり聞かされていたようです


おそらくは亮子の説得もあったのでしょう。武史は亮子を伴ってふたりでNICUに現れました。これまで弱虫だったから会いに来れなくてごめん、と謝る武史の姿を見た今橋は、ふたりに尚人を入浴させるよう勧めてくれます。どうやら尚人の状態は、一時的とはいえ、帰宅できるほどに回復していたようです。


自宅に戻って家族と過ごすことで、想像を超えるような奇跡が起きるのを、何度も目にしてきました


尚人の人生は短いかもしれないけれど濃密な時間にすることはできる、と語った今橋の言葉に勇気づけられていたふたりを、向井や白川も後押しします。これからも全力でサポートしていきます


お手柄だったね、シノリン!


窓の外から中を覗いていた四宮に声を掛けた小松はついに~いつも下屋にしているように~四宮のほっぺをつかみ、

「笑って!

と命じました。産科医はスマイルだよ。耐えきれなくなった四宮も、ついに笑顔を浮かべます


この森口夫妻の様子は相沢もまた取材を通して目にしていました。相沢はこの体験を通してようやく出産前診断を受けない決意を固め、妊娠を内緒にしていた会社にもこれを明かして、出産も仕事も同じように大切だから頑張ると伝えます。またBABYのことはそっと胸にしまうことにしたようです。


こうして、ペルソナにもつかの間の平和が戻ったクリスマスに、これは小松の発案で、サクラが患者やスタッフの前でピアノを披露することになりましたばれたらばれた時の事(笑。下手だったら困ると茶々を入れた下屋に、四宮が頑としてこう言い放ちます


下屋、サクラはピアノが弾けるから


ちなみにここで下屋は四宮から食べかけのパンまで貰っています


誰もが両親から大切な命のバトンを受け継いで生まれる。それは命の奇跡だ。僕らは毎日奇跡のすぐそばでお母さんと赤ちゃんに寄り添うコウノトリでありたいと願っている。誕生するすべての命に祝福がありますように。


コウノドリ最終回が実に感動的でした(;O;)

そのクリスマスにはいつも忙しくて家に帰れない今橋も、今日こそはどんなに遅くなっても帰ると娘の綾香に電話をしていたようです。尚人もまた両親との初めてのクリスマスをわが家で迎えておりました


ドラマ「コウノドリ」には毎回本当にたくさんの笑顔と感動を与えてもらいましたコウノドリが素晴らしかった(;O;)。出産~命がこの世に受け継がれることはまさに奇跡としか言いようがなく、私たちは、無事こうして生きていられることに心から感謝しなくてはならないのだと改めて思い知らされた次第です愚痴を言ったら申し訳ない(;´・ω・)。このような素晴らしいドラマに出会え、こうして毎週語れたことは本当に幸せでしたコウノドリはキャスティングも素晴らしかった( `ー´)ノ


また最後になりましたが、毎週長々と暑苦しい感想文に目を通してくださった皆々様にも心から感謝申し上げます。これからも是非素敵なドラマをご一緒できますよう祈っております



これ聴いてまた思い出そう
~画像をクリックしてAmazonページに飛ぶと全曲試聴できますよ~onpu。買わなくても大丈夫ですから、安心して聴いてみてくださいね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はコウノドリのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング