2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

私の人生の春の日のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 私の人生の春の日 あらすじと感想、キャスト一覧


私の人生の春の日】の6話は「心の混乱」です。普通なら、主人公たちの心が揺れるのにはイライラさせられる方なのですが、これは

もっともっと、どんどんゆれろ~!ボミ、自分の心に正直になって!

な感じでござった。実にしっとりとした良い雰囲気のドラマですよね~これは。以下簡単なネタバレのあらすじです私の人生の春の日のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ボミは、自分を庇って怪我をしたばかりか、もう何も与えてくれるなと言って去っていったドンハのことが気になってなりません。何か私に用事があってきたはずよ!


ドンウクは、ドンハから預かっていたブレスレットを差し出しました。君が貰ったものだから君が持っているようにと。


せっかく返したのにどうして?それに何もくれるなってどういうこと?どうしてそんなことを言うの?(;O;)


ますます動揺するボミに、ドンウクはいらぬ世話を焼き過ぎだと注意しますが、それがボミの怒りを買ってしまいます。私のせいで怪我をしたのよ?お兄さんのことを心配するのは当然でしょう?ドンウクサイテー(;´・ω・)


その後、ヒョンスンから連絡が入り、ドンウクとボミの結婚は破談にすると告げられました。ボミの両親からこれを聞いたドンウクは、母は自分が説得すると言い、怪我をしたドンハのことについては大したことはないと答えます。ボミはこれにも大いに腹を立ててしまいます


大したことないってひどいじゃない?私のせいで怪我をしたのよっ!?


ドンウクはそれには答えず、逆にボミを詰りました。僕の母が結婚に反対しているのに、君は兄の心配ばかりしている!!


これでますますボミの心はドンウクから離れていきます(と思います)。お兄さんの事より結婚の話が大事なの??


荒らされた調理場を片付けながら、ますますドンハが心配になったボミは、結局自分で黒ごま粥を作ってドンハを訪ねていきました。ドンハがここで、自分にかまうなと言ったはずだと断ったため、ボミはその理由を尋ねます。


ボミさんが好きだから。俺は君が好きなんです。だからもう俺に構わないでくれ好きになってはいけない人なんだ!


思いがけないドンハの告白に戸惑いながらも、決して嫌な顔は見せないボミです。だからブレスレットを返してくれたの?もう会わないために?なぜ私が好きなんです?


ドンハはボミから目をそらしながら、理由は自分にもよく分からないと答えました。偶然何度も会ったし、一緒に過ごした時間が楽しかった。偶然が重なったからを感じた。それで君を好きになったが、いけないことだ。すまない、好きになって。


でもボミは、人を好きになることは悪いことではないと答え、その足でドンウクのもとを訪れました。そこでボミはドンハの告白をすべて打ち明けてしまいます。


黒ごま粥を持っていったから、仕方なく打ち明けてくれたのだと思う~と、あくまでもドンハを庇うボミを、君はどう思うんだ、とドンウクが責めますが、ボミはその思いに応えることができません。お兄さんは嫌いであなたが好きだと言ってほしいの?


もはやこの時点で、客観的に見れば、ボミの心はドンウクのもとにはないと明白でしたが、当事者としてはそう簡単に割り切れるものではなさそうです。


一方、ヘギル病院では、病院食を全て外部に業務委託することになったそうです。今回の暴力沙汰に加え、課長の横領が明らかになったことが原因だったのだとか。


これを知ったドンハは、もしそうなったらボミが働けなくなると心配し、こっそりジウォンに接触を図って、ハヌラオンが職員ごと委託を引き受けると申し出ました。しかも、これは病院側から打診したことにしてほしいと念を押します


が、そこはあの「愛のメッセンジャーが黙っていませんでした。偶然ヘギル病院でボミに会ったヒョンウは、いかにも得意そうに、ドンハがボミのために一肌脱いだと言わんばかりにこれを明かし、しかも秘密にするよう言われた、とまで忘れずに言い添えます


たまたまボミと一緒にいてこれを聞いていたドンウクの顔色が変わると、さすがのボミも、この好意を受け取る訳にはいかないと思ったようです。ボミはついに辞表を提出することになります。


その後ボミも警察に呼ばれて事情聴取を受けました。そこにはドンウクが付き添いましたが、やはりこちらも呼ばれたらしく、ドンハもそこにやってきます。しかもドンハは、弟の婚約者のために怪我をしたことを刑事から茶化されてしまうのです。余計なお節介をするからこんなことになるんですよ


こんな失礼な発言を聞いて黙っているボミではありません。下心があるみたいに言わないでください!この刑事もサイテー(;´・ω・)


他人にはそう見えるのだから仕方ないとボミをなだめようとしたドンウクにも食って掛かります。ドンウクさんは弟なのに、なぜ黙って聞いているの?!


ボミはそんなドンウクに腹が立つと言い残し、踵を返して出て行ってしまいました


怒りが収まらないドンウクは、今度はドンハに八つ当たりです。どうして告白なんてしたんだ!委託を引き受けるなんて余計なことをっ!!


栄養士の仕事はボミにとって無くてはならないものだからと答えるドンハに怒ったあまり、つい真相をぶちまけそうになったドンウクですが、我に返るとさすがに自分を恥じていたようです。自分が最低に思える、と。


その後ボミは、ドンウクやプルンとともにパダと約束したピクニックに出かけることになりました。が、途中でドンウクに呼び出しが入り、ドンウクは帰らざるを得なくなります。パパを呼ぼうか?と言いだしながらも、大人の気まずい雰囲気を敏感に察するプルンが、何とも気の毒でした


私はタクシーで帰るから


わざわざドンハにもこれを念押しするドンウクが、もはや哀れに思えてきます。せっかくボミに会えて楽しい時を過ごしていたのに&せめて一緒に帰りたかっただろうに、別れを惜しんで泣くパダも可哀想でした。ドンハも、出かける前に無精ひげを剃ろうとしたのにそれを思いとどまってやってきます。


が、ボミの姿を見たらやはり黙っていられません。俺の事は無視すればいい。仕事を続けるべきだ。おれが知るボミさんは、栄養士の仕事が好きで情熱を注いでいた。その姿が素敵だった。辞めたと聞いて正直、君に失望した


ボミはその言葉こそ聞きたかったと礼を言いました。仕事を辞めることを誰かに惜しんでほしかったのに、皆、辞めて正解だとしか言ってくれない。分かってくれてありがとう


ドンハがそれならなぜ辞めるのだと聞くと、ボミは周りがそれを望むからだと答えます。


何を言われようと、君が望むことをすべきだ


ドンハのその言葉はずっしりとボミの心に残り、ついにボミは思い通りに生きる決意をします。その腕には、一度はしまったはずの貝殻のブレスレットをはめ、ドンウクから貰ったネックレスは箱に入れてドンウクに返しました。ピクニックの時にドンウクが写したボミひとりの写真は、ちっとも幸せそうじゃなかったものね


(ドンハとは関係ない)最近のあなたは別人みたい。結婚すべきかどうかわからなくなった。これからは誰かのためじゃなく、じぶんのために生きたいように生きる。


怒ったドンウクはドンハを呼び出し、ついに真相をぶちまけました。


ボミの心臓はスジョンから移植されたものだ!


スジョンが亡くなったのは、ドンハの誕生日にその好物であるアワビを獲りに潜ったからなのだそうです。海女を辞めてからも、その日だけは海に潜っていたそうです。


思いもよらぬ真実に動揺するドンハ。でもだからこそ、あれほどボミが愛おしかったのだ、と納得もしたのでしょうか?それとも、ボミにスジョンの面影を重ねただけで恋をしたなら、その恋は諦めるべきだと思うのでしょうか?ドンハとボミがお似合い( *´艸`)


私の人生の春の日」は続きもとっても楽しみですね私の人生の春の日が楽しい( *´艸`)


私の人生の春の日 DVD-SET1私の人生の春の日 DVD-SET2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.