2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

家族なのにどうして(全72話)のあらすじと感想および登場人物はこちらからご覧いただけます: 家族なのにどうして 全72話 あらすじと感想、登場人物一覧


韓国ドラマ、【家族なのにどうして】もよ~やくイライラ要素が減ってきてますます楽しくなってきました。以下早速ネタバレです家族なのにどうしてのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


おばさんを最もイライラさせていた元凶=ガンジェがついに改心の兆しを見せ始めてくれました。婚約者であるヒョジンの母ヤングム(キョン・ミリ)があれこれ条件を付けてきたのに我慢がならなくなったことで、ほんの少しずつですが、スンボンの苦労を思いやる様子が垣間見えてきたのです


そのきっかけを作ったのが例のあの2億ウォンの結納金でした。スンボンは、この金のために家族が争うことに腹を立て破り捨ててしまったのですが、その後思い直してこれを再発行してもらうと、その足で、ヒョジンの父でありガンジェが勤務する病院の院長=クォン・ギチャン(キム・イル)にこれを返しに行ったのです


その姿を見たガンジェは焦り、すぐに追い返そうとしますが、スンボンは珍しく頑として譲らず、ギチャンに話があってきたのだと答えました。ギチャンもまたこれを受け入れて院長室に通します。


そこでスンボンは、それが貰った結納金だとは言わず、あくまでも「お返し」としてこれを差し出しました。ギチャンはそういう心配は不要だと言いましたが、スンボンはその代わりに一つお願いがあると切り出します。スンボンは、自分が不甲斐ないせいで苦労を強いられたガンジェを、我が子同様可愛がってほしいと頼んだのです。


父がいったい何を話しているのか不安でならなかったガンジェが、スンボンが出てくる早々、こういうことは困る、これからは俺を通してほしいと声を荒げた時にはまたしてもイラッとさせられましたが、スンボンは穏やかにうんうんと頷き、何も言わずにその場を立ち去ってしまいます


その後、スンボンが2億ウォンをそっくりそのまま返したと聞いたガンジェはさすがに驚いていたようです。ここでガンシムがこう言ってくれたのがまた嬉しかった


父さんはあんたのプライドを守ったのよ。それが父さんのプライドでもあるから


いつも穏やかなだけが取り柄で学などまったくないと馬鹿にしていた父が、思わぬ矜持を示したことにガンジェがひどく動揺していたのが痛快でした。この息子がこれまでいかに他人を蹴落としてのし上がることにしか興味が無かったかが分かりますね~。それが韓国社会の現実なのでしょう。ここにソウルのおじいちゃんがいてくれたら何と言うかな


その後もヤングムはガンジェに次々と無理難題を押し付けてきました。最初は「同居」、次は「結婚前契約書」、そして最後は「入籍するのは子どもができてから」という条件です


最後の条件は、さすがのガンジェが同居には応じたものの、結婚前契約書には不快感を露わにし、それなら結婚を考え直すと言ったため、腹を立てたヤングムが、ガンジェに謝罪を要求した夫のギチャンに内緒で突き付けてきたものです。たとえ夫と離婚してでもこれだけは譲れないというのです。んなこと本当にできるもんならやって見せてほしいですねキョンミリめ~っ!~有閑マダムが離婚して何ができるのか見せてもらいたいものです


~この辺は今別口で見ている「頑張れチャンミ!」のチャンミ母が重なります


これで怒り心頭に発したガンジェはついに破談を口にしますが、これに困ったのは当事者のヒョジンです。ヒョジンはガンジェが好きで好きでたまらんのです


すっかりつれなくなったガンジェを飲みに連れ出し、自分は大トラになった挙句、これを置き去りにしたガンジェを、タクシーに乗って自宅まで追いかけてきました。しかもへべれけに酔っていたため、皆のいる前で嘔吐してしまいます


ヒョジンを迎えに来るよう電話を受けたヤングムが、店から駆けつけて来た時のスングムの対応がまた実に可笑しかったですね~。これまでさんざん自分たちを馬鹿にしてきたヤングムの大切な娘が、酔っぱらって夜中に押しかけてきたうえに、盛大に吐いてしまったのですから。お上品が聞いて呆れてしまいます


でもヒョジンに対する好感度は逆にアップしたようです。これはスンボンも同様で、スンボンはヒョジンにガンジェの昔のアルバムを手渡して、ガンジェをくれぐれもよろしくと頼みました。見た目は冷たく見えるけど本当は優しい子だから、君がガンジェを包み込んで愛してやってほしい、と


これですっかり嬉しくなったヒョジンは再び病院に押しかけてきて、皆の前でガンジェに抱き着いてしまいます。最初は困っていたガンジェも、ヒョジンがスンボンから聞いた言葉を伝えると、それが胸に響いたようで、自分からもまたヒョジンを抱き返しました。ここはなかなか微笑ましくて良いシーンでした


と、苦手が減った上、お気に入りのガンシムとテジュもますます楽しくなっています


テジュが取引先と問題を起こしたのをガンシムが取り持とうとした際、その相手がガンシムにセクハラしたのにガンシムが黙って耐えていたのを見たテジュは、嫉妬のあまりブチ切れて、あろうことかガンシムを非難してしまいます。そうやって今の地位を手に入れたんだなっ!!本性見たり!(`・ω・´)


さすがのガンシムも堪忍袋の緒が切れて、ついに辞表を出すと口にしました。これに驚いたテジュは、ガンシムの秘書仲間から、ガンシムは決して酒の席には同席しなかったし、お酌もしないと聞かされ、今回のガンシムがどれほど譲歩してくれたのかを知ります


私が悪かった。辞めないで私の側にいてほしい!


こうしてついにテジュを降参させたまでは良かったんですが、これですっかりガンシムの虜となったテジュは、私生活の一部始終を逐一報告してくるようになります。それを言いだしたのはガンシムだけど、あそこまで頻繁に電話を掛けてくるとは思ってなかったらしく、さすがに最後には頭を抱えていたようです。でもテジュはそれで秘かにガンシムの好みを探っていたようですね


その後テジュは「ガンシムと食事がしたい」ばっかりにマンションへの不満を口実にして、ガンシムのために料理を作って休日にマンションに呼び出すんですが、そこへ、テジュに縁談をと考えていたソリがやってきてしまいます。ソリは、テジュの相手にガンシムでは不満なんかな~いっそここで「月下氷人」してくれたらいいのに


一方、すっかりラブラブになったダルボンとソウルには暗雲が立ち込めてしまいました。ダルボンはようやくソウルに真相を打ち明けたというのに、ソウルはこれにショックを受けてしまうのです。私をからかって楽しかった!?


ダルボンがそんな子じゃないことはソウルが一番よく分かっていると思ってたのですけどね~。今はショックを受けて気が動転しているだけだと信じたいです家族なのにどうして~ダルボンを信じてあげてほしい~!


家族なのにどうしてはこの22話が年内最後の放送のようで、続きは1月4日からになるようです。一応年明けは8日位までお休みするつもりですが、また語りたくなったら早めに語らせていただきますね。皆様もどうぞ良いお年をお迎えくださいませ


家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET1家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET2家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET3家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET4家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET5

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.