2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

韓国ドラマ、【私はチャン・ボリ!】も10話まで見終わっています。


ちょうど主役が成人キャストに代わったところですが、秘かに懸念要素だったオ・ヨンソさんが、期待以上の好演を見せてくれてホッとしてます。その一方で、キム・ジフンさんの若作りがちと痛々しいかも)~あのピンクのスーツがますますあかんかったな。以下簡単なネタバレのあらすじです私はチャン・ボリ!のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


オクスがせっかく掴んだ証拠の品の髪飾りは、ジョンハの機転によって隠蔽されてしまいました。あの髪飾りは元々ジョンハが作ったものだそうで、イナがこれを無くしたと知ったジョンハは即刻新しい物を用意して渡していたのだそうです。アマゾンもビックリの早業でござるね


その上、ヒボンまで亡くなってしまったことで、オクスはスミからの信用をすっかり失ってしまいます。もうここにはいられないと家を出たオクスが、崖から海に飛び降りようとしたのには心底ハラハラさせられましたが、そこは優しいヒボンが救ってくれたのでしょうね。何とオクスは欲しくてもできなかった子供を妊娠したのだそうです


これで生きる気力を取り戻したらしいオクスはその後、偶然にも~ここはいかにも韓ドラらしい偶然ですが~ウンビが暮らす町で、韓服を作りながら細々と暮らすことになるようです


そのウンビは~これまた定番ですが~記憶を失ってしまったようで、ヘオクを母だと思い込み、「ト・ボリ」として生きることになりました。ボリを疎ましく思うミンジョンや、そのミンジョンを大切にしてるヘオクからは、まるで幼き日のシンデレラのようにこき使われていましたが、ふたりとも悪意はない(たぶん)ためか、ボリが持ち前の優しさと笑顔を失うことはありませんでした


一方、ようやくウンビの失踪に気づいたピスルチェでは、イナが半狂乱になっています。スボンから、ウンビがイナの車の近くにいたことを聞き、今ではすっかり不確かな記憶を手繰ったところ、あの事故現場にウンビがいたような気もするものの、罪悪感からこれを認めることができません。それでも、オクスの声が耳を離れません


「こんなに恐ろしいことをしたあなたには、いつかきっと天罰が下るわ!!私は決してあなたを許さないっ!!


またスミも~あれだけオクスを責めときながら~長男と孫を失ったのは、自分が嫁たちを競わせたからだと悔みます。そうそう、元はと言えば、イナが野心家だったとはいえ、オクスはそれを承知の上でイナを義妹として慈しんでいたのを、この鬼〇バが煽ったのがいけないざんす。と、傷口に塩を塗るようなことをしてはいかんですわね。スミはついにイナを針線匠として認め、ピスルチェの後継者にしました。


どこをどんなに捜してもウンビが見つからなかったことから、スボンはピスルチェで「絵画コンテスト」を開くことにしました。そうすればそこにウンビが応募してくると考えたようなのです。そんなまどろっこしいことはフツーはしませんが、ウンビが記憶を失ったことを前提にすればあり得ますね


が、実際にやってきたのはその副賞(奨学金)に目を付けたミンジョンだったのです。ミンジョンは、ウンビあらためボリから「コツ」を教わり、以前ボリが描いた絵とほとんどそっくりそのまま同じ絵を描いてみせました


これでスボンとイナはすっかりミンジョンが気に入り、その支援を約束しました。母のヘオクに知られたら猛反対されるのは明白だったことから、ミンジョンはヘオクに黙って家を出てスボンのもとへやってきます。ヘオクも後にこれを察して後を追いかけてきますが、ミンジョンは、そこにヘオクがいることを百も承知で、スボンたちに見込まれた自分は幸せだとのたまい、ヘオクを帰らせてしまうのです


あんたがそれで幸せなら仕方ない


一方、ボリたちと同じ町で暮らしていたオクスは、無念にも子供を流産してしまいます。そこに偶然居合わせたヘオクは、自分と同じように夫のいぬ身で苦労しているらしいオクスに同情し、何くれとなく世話を焼いてくれました


ドラマはそれから15年が過ぎ、いつの間にかボリがこのオクスのもとに通い、裁縫まで習っています。その辺は~ボリにウンビの面影が無くなった頃ふたりは再会したのだろうと解釈しておきまする。これが日本のドラマだったら皆から散々突っ込まれて大変ですね


どうやらミンジョンがソウルの大学を卒業するらしく、ボリはそれに合わせてヘオクに韓服を手作りして贈りました。その上ミンジョンには、オクスに韓服を仕立ててもらったようです。


そしてこの韓服がまたドラマを動かしていくようですね。ボリがこの韓服を持ってソウルへ行くと、そこで偶然電車に乗り合わせたスミが、前に立っていたボリの(韓服を包んだ)荷物を持つと預かったのですが、ボリは電車を間違えたことに気づいて慌ててそのまま降りてしまったのです。スミはきっとその韓服を縫ったのはオクスだと気づくに違いありません


その後ボリは、すっかり成長した(しすぎやろジェファに会い、もちろんジェファとは知らずにその生意気な言動に腹を立てて喧嘩をしてしまいます。ジェファは検事になったようです。


また、ソウルでの暮らしがすっかり板についたミンジョンは、既にジサンという青年と同棲?していたようでした。ミンジョンが面接を受けていた会社には、こちらはちょうどよく成長した()ジェヒがいたようでしたね。


ちなみにこの二人は、ジェファの勘違いで仲違いしたまま成長したようです。ジェファは、ファヨンを通して父に「卵を嫌いになった理由」を知られたことを、ジェヒが告げ口したと誤解して、ジェヒを苛めるようになったのです。それならそうとはっきりジェヒにそう言えばいいのにね


と、とりあえずはこんな感じだったでしょうか


私はチャン・ボリ!は年末年始もほぼ休みなく放送されるそうですが、おばさんはお休みをいただく予定ですので、年が明けてしばらく経った頃にでも語らせていただきたいと思います。それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.