2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

お正月に吉原裏同心のスペシャル番組、【吉原裏同心~新春吉原の大火~】があると聞いてとっても楽しみにしていました吉原裏同心~新春吉原の大火!。相も変わらず辛い境遇に置かれながらも、日々懸命に生きている遊女たちを、誠実で仲睦まじい夫婦~汀女と幹二郎が支えようと尽力する姿がまた何とも健気で胸を打ちました吉原裏同心SPが面白かった(^^)/


また、現在こちらもまた楽しく視聴中の「あさが来た」メンバー~正吉(近藤正臣)、美和(野々すみ花)と雁助(山内圭哉)が、この吉原裏同心のレギュラーなのも楽しみの1つでしたが、まさかそこに亀助(三宅弘城)もいたとは迂闊でござった。今度はバッチリ覚えました


以下簡単なネタバレのあらすじです吉原裏同心SPのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


汀女幹二郎は吉原に来て3度目の正月を迎えていました。汀女のこしらえた雑煮には、貰い物だという肉厚の「シイタケ」が浮かんでいます


長屋の隣では、仙右衛門(山内圭哉)とお芳夫婦が、こちらもまた相変わらず仲睦まじく大喧嘩していました。何でもお芳は「黒豆」を用意していなかったとかで、仙右衛門の怒りを買ったのだそうです。もちろんこれも、シッカリ者の汀女がすっとお重を差し出しました。黒豆ならここにありますよ


その汀女が遊女たちと一緒に百人一首をしていたシーンも良かったですね。やむに已まれず春をひさぐ商売に身をやつしながらも、ああして人並みに楽しいひと時を過ごす時の彼女たちの無邪気な笑顔が、遊女の証だという裸足の足と相まって何とも言えぬ哀愁を誘います吉原裏同心はこのコントラストが何とも言えんのよ(;´・ω・)


また吉原では「花魁道中が華やかに行われておりました。そこには薄墨太夫(野々すみ花)の他に、彼女と1、2を争っているという人気花魁の香瀬川太夫(安達祐実)の姿も見えています。そしてこの香瀬川太夫が、神社で幹二郎夫婦に会った後、ぷっつり消息が途絶えてしまいます


もうすぐ身請けという話も出ていたのにいなくなるなんて、神隠しにでもあったのか、と大騒ぎになったため、四郎兵衛は早速仙右衛門と幹二郎を、香瀬川太夫が籍を置く若松屋に遣わそうとしますが、仙右衛門はそこでまたしてもぎっくり腰になってしまいます。腰は一度痛めると癖になりますからね


そこで代わりに平助(山田純大)が出張ることになり、若松屋で香瀬川太夫の部屋を調べたところ、いつも太夫が手を合わせていたという太夫の両親の位牌が無くなっていることが判明しました。これは足抜けに違いねえっ!!


が、問題は、どうやって大門を抜けていったかということです。女性が吉原を出入りする際は、必ず木札を見せねばならぬため、男に化けて出て行ったのではないかという案が浮上します


その後、香瀬川太夫の世話をしていた女中のおさよ(麻生祐未)が、こっそり幹二郎を訪ねてきました。おさよは、太夫が大店のお嬢様だった頃から乳母として仕えていたのが、借金のかたに太夫が吉原に売られたのを不憫に思い、一緒についてきたのだそうです


お嬢様には将来を誓ったお方がいらっしゃいました。


そう打ち明けたおさよは、でもその相手だという大工の棟梁の息子=栄蔵はもう既に死んでいたのだと明かします。おさよは、太夫がその栄蔵と逃げたのではないかと思い、急いで栄蔵を訪ねたところ、その死を知らされたのだとか


もしお嬢様がこれを知ったら、生きる希望を失ってしまうはず!


ますます香瀬川の捜索が急がれる中、四郎兵衛からは、実は吉原では他にも失踪中の遊女がいたことが明かされました。市川(朝倉あき)が姿を消してもう1カ月にもなるのに、こちらもまた一向に行方が分からないままなのだとか。


市川の捜索過程において、事情を聴かされた実家の弟、孝之助が市川を一緒に捜したいと会所を訪ねてきましたが、何の手がかりもない事には話にも何もなりゃしません


ちょうど時を同じくして、幹二郎は、以前捕まえたスリの仲間に襲われました。そのスリが、俺たちばかりが割を食う、源次は上手くやっているのに、とぼやいたことから、事態が進展していきます。幹二郎は早速、身代わり屋の佐吉(三宅弘城)に連絡を取り、源次を調べさせました


佐吉曰く、この源次(モロ師岡)はとんでもない悪党で、本所の賭場によく出入りしているそうです。しかも、香瀬川が消えた翌日から、ミョーに金回りが良くなったのだとか。その上源次は、女嫌いで有名であるにもかかわらず、岡場所に出入りしていることも分かったそうです


幹二郎は早速その岡場所~深川大新地へと出かけていきました。顔を確認させるため、市川の弟、孝之助も連れていきます。


案の定、そこで女郎に身を落としていた市川に客として接し(それがしには連れ合いがいる~と断りましたがダメでした)、事情を聴いたところ、市川は源次に足抜けさせてやると騙されて、岡場所の万字屋に売られてしまったのだそうです。ここを経営しているのは、吉原に対抗心を燃やしているという太兵衛(本田博太郎)です。


幹二郎は市川を連れ出そうとしましたが、不運にも市川は斬り殺されてしまいました。でもこれで、香瀬川太夫もきっとこの源次&太兵衛一味に捕まっているに違いないという結論に達します。


その上、これは薄墨大夫からの情報で、吉原で代々茶屋を営む近江屋の三代目=庄右衛門(野間口徹)のところの茶の味が落ちたと聞かされた幹二郎は、これが借金絡みであり、それをネタに脅された庄右衛門が、源次と太兵衛に利用されたのではないかと思いつきます


一方では、鈴音(小松彩夏)という遊女の客が居座りを続けたことから、その代金が返せなくなり、鈴音がその借金=30両を肩代わりさせられるという事件も起こりました。これはよくあることだそうですが、幹二郎には決して納得できません。理不尽に売られてきた遊女たちが、それ以上いわれのない借金を背負わされるなどもってのほかっ!!


早速四郎兵衛に談判したところ、四郎兵衛もまたこれに賛同してくれて、その金を引き出すのに力を貸してくれました


この客=竹越繁千代(小豆畑雅一)というのは、赤穂浪士=吉田忠左衛門の末裔だそうで、その羽織を代金代わりに差し出していったのですが、四郎兵衛は、その竹越が仕える下屋敷に直接乗り込んで行き、その代金を請求したのです。これぞ忠義の証~ご当家にとっては値など付けられぬ宝でございましょう


こうして理不尽な借金を課せられずに済んだ鈴音は、悪党退治に一役買ってくれることになりました。鈴音の借金が嵩んだことを庄右衛門が嗅ぎ付ければ、足抜けを勧めてくるに違いないと踏んだのです。


が、庄右衛門が目をつけたのは、鈴音ではなく薄墨大夫だったため、太夫と一緒にいた汀女まで拉致されてしまいます吉原裏同心、またしても汀女がさらわれた!(>_<)


ここで「足抜け」のからくりに使われたのが、以前大門で男衆が「髪結いにしておくのはもったいねえ」と語った美少年のようですね。遊女が男に化けて逃げたのではなく、男性が女性に化けて木札を貰って中に入り、足抜けする遊女にその木札を渡した後は、自分は男となって出ていくという仕掛けです。


幹二郎は(おそらく)薄墨大夫がおみくじを縛りつけて落としていった匂い袋に気づいてその後をつけていき、薄墨大夫も香瀬川太夫も、そして姉様こと汀女も無事救い出すことができました。でも香瀬川は、愛しい栄蔵が源次たちに殺されたと聞かされて、すっかり打ちのめされてしまいます可哀想な香瀬川太夫


とはいえこれで何とかケリがついた~と思いきや、ついに副題となった「新春吉原の大火~吉原大炎上が起きてしまいます。これは、己の罪が明るみに出たことで自棄になった庄右衛門が放火したようです。


香瀬川が、この火事に乗じて自害しようと中に残っていたのは、幹二郎が見事に救い出しました。おさよに拝み倒されて燃え盛る火の中に飛び込んだきり、なかなか戻ってこない幹二郎を心配しながらも、余計なことは一切語らず、その無事を信じてひたすら待つ汀女の姿がまた涙を誘いました吉原裏同心の汀女と幹二郎がホントにお似合い♪。どうして死なせてくれなかったと嘆いた香瀬川にも、そっと茶を入れる汀女なのです。これをまた阿吽の呼吸で幹二郎が香瀬川に差し出します。生きろ


その後、行き場を無くした遊女たちは皆で「お救いどころ」と呼ばれる仮の住まいで暮らしたそうです。そこへおさよが、遊女には決して履くことが許されぬ足袋を全員に差し入れたのも良かったですね。足抜けをした香瀬川も、四郎兵衛の尽力で、年季が7年と決まったそうです。吉原の掟を守る役目のお人が掟を曲げてくださいました遊女たちも皆喜んでくれました♪


遊女たちが差し入りのおにぎりをそれはそれは美味しそうに頬張っていた頃、果てしなく広がる焼け跡では、汀女と幹二郎が、顔を真っ黒にして火事の後片付けに取り組んでいました。ふたりは、必ずまた吉原を再建してみせると誓った四郎兵衛、そして遊女たちのために、少しでも力を尽くさずにはいられんのです四郎兵衛も相変わらずカッコよかった( *´艸`)


あ~やっぱり吉原裏同心は良いドラマですよね。今年は是非、シーズン2を放送してほしいものでござる吉原裏同心2が見たい( `ー´)ノ


~小田和正さんの「二人」もまた懐かしかった: 小田日和


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
オッキー  
No title

この後も原作の続おきがあるようですので、シリーズ2を私も望みます。平助(山田純大)がいい味出してましたね。ここは父親譲りなんでしょうか。現代ものより、時代物がさまになります。

2016/01/09 (Sat) 09:46 | EDIT | REPLY |   
オッキーさんへ  
楽しみですね~♪

オッキーさん、早速ありがとうございます!

ふふ、平助は人気が出そうですよね~おっしゃる通り、杉さま譲りで(^_-)。
体格もいいし、これからどんどん時代劇で活躍してほしい役者さんですね( `ー´)ノ。

新春SPが放送されたほどですから、
遅くとも秋頃にはシーズン2が期待できるかもしれませんね~(^^)/。こん

2016/01/09 (Sat) 10:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.