2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

あさが来たのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: あさが来た あらすじと感想一覧 全26週156話


NHK連続テレビ小説の【あさが来た】の第14週は「新春、恋心のゆくえ」です。これは実に楽しかったですね~あさが来たのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。以下早速ネタバレのあらすじ感想文です


今週は、ようやく亀助が幸せになれたのが何より良かったです。なんだかんだ言って、ずっとこの亀助があさを支えてきてくれたのですものね~。そんな亀助には是非幸せになってほしかった。聞けば、なんと亀助と新次郎は同い年設定なのだとか。それまたかなりのびっくりぽんでしたね


ふゆに縁談が持ち込まれたと聞いてすっかり気落ちしていた亀助を亀助頑張れ!、あさや新次郎が応援します。あさは、亀助がふゆの縁談の相手に劣るとはどうしても思えないと背中を後押ししてくれましたし、新次郎は~これはきっと長年ともにいたという気安さから、ふゆの相手は洋傘屋でかなり景気が良いようだとイケズを言って、亀助を奮起させようとします


ほんまにこのままでよろしいのんか?逃げてんと、いっぺん手ぇ止めてよう考えてみなはれ


でも亀助は亀助で、ふゆに同じようなことを言ってたんだす。亀助はふゆが新次郎を慕っていることに気づいていて、

心の中で思う人がいるのに、黙って結婚してしまってもいいのか?

とふゆを促していたのです。秘めていたはずの心を知られていたという気恥ずかしさから怒りだしたふゆ~何でだす?なんで今頃そんなことを言わはるんだす!


亀助がこれに答えて「わてはお兄ちゃんだから」と言った時には、思わず涙がこぼれそうでした。亀助、何ていいやつなんだ!


そして亀助はついに新次郎に直談判します。おふゆちゃんは新次郎はんが好きなんだす!色男め


これをまた色男の新次郎は薄々感づいていたらしいのが、ますます癇に障った亀助は、見知らぬ男のもとへ嫁ぐふゆのために、一度ぐらいは誘ってやってほしいと新次郎を焚きつけました。なんなりと好きにしてやってくれ!どうとでも好きにしておくんなさい!


人のイイ新次郎は早速ふゆを「子ども相撲」に連れ出して、帰りにはお汁粉を食べるというプランを実行しますが、そこでふゆはついに意を決し、でもいいからそばにおいてほしいと告白してしまいますいや~言っちまった


これは~よのがあかんかったのですよね。よのは、ふゆに良い縁談が来たのを喜ぶあまり、つい、昔は新次郎の妾に迎えたいと思ったほどふゆが気に入っていた、などとふゆに打ち明けてしまったのです


でも新次郎はこれをキッパリ断りました


自分を傷つけるようなことをしてはならない、自分を卑下するようなことを言ってはいけない、うちみたいん、という口癖も止めなさい、もっと自分に誇りを持ってな


そう言って、雪が降ってきたことから、自分の羽織をふゆに着せかけた上で店に走って帰ってきて、どこから手に入れてきたのか赤い襟巻を亀助に渡し、これを持って今すぐ(ふゆのいる)茶屋へ走れ!と檄を飛ばします赤い襟巻というと銀二貫を思い出すなあ( *´艸`)


(ここは新次郎を褒めたいのをぐっと我慢して次に行きますると)最初は何が何だかわからずに店を飛び出した亀助が、ようやく合点が行って茶屋に駆けつけると、そこではふゆが、いかにも恥じ入るようにうつむいて泣いておりました


新次郎様はおあさ様の旦那さまやのにあないなことしてしもて、もううち・・・


そんなふゆに亀助がこう声を掛けたのがまた実にカッコよかった。よかったなあ。気持ち伝えられて良かった。よう勇気だしたわ、ハハハハハ


でも亀助の見せ場はこれだけに留まりませんでした。なんと、以前から店の前をうろついていたというふゆの婚約者(ストーカーやろ)は、この一部始終も目にしていたらしく、冬の父親を連れて加野屋に乗り込んできたのです。こんな尻軽女は嫁にできん!!


これを聞きつけた亀助が部屋に入ってきて、何もかも自分が仕組んだことだから許してやってほしいと謝りますが、せっかくの「玉の輿」をふいにしてなるものかと怒ったふゆの父親が、懸命に謝るふゆを殴りつけたのを見ては、もう大人しく詫びてなどいられません


亀助は敢然とふゆ父に立ち向かいふゆは大事な身内だから、金輪際、指一本触れてくれるなと言い渡しました。横でぼーっと突っ立って見ていたストーカーにも、一旦は結婚まで決めた女子が殴られるのを黙って見ているなど言語道断だと怒鳴りつけます


自分なら、惚れた女は必ず守る、親にかて誰にかて、決して手など上げさせない!!帰っておくれやすいよっ!亀助、日本一!!( `ー´)ノ


いやいや、もう立派な番頭さんですね~亀助は。そしてふゆもまた、この亀助の言葉を胸に加野屋を去っていこうとします


大事な身内やて言うてくれはったあの言葉があったらうち、これからどないなとこでもやっていけます。ほんまおおきに。ありがとうございましたふゆが可哀想だった(;O;)


亀助はたまらず、でもどもってついに求婚しましたよ、よ、嫁になってくれへんか?わてのお嫁さんになってください!!


わてはお面がええ訳やあれへんし、家かて持ってへん。そやけど、あんたを想う気持ちだけは誰にも負けしまへん。わてと一緒になってください!!


うちなんか、と言いかけたふゆも~きっと新次郎の言葉を思い出し~負けずに?どもってこう答えました。お、お、お嫁さんにしてください!!


こうしてふたりはついにめでたく婚礼を挙げることになりました。仲人はあさと新次郎です。そこへ雁助も戻ってきたので、次はうめと雁助も何とかしてあげたいですね。そのうめが、もうこの年だから、時々思う人がいるだけでいいのだとふゆに語ったシーンもじんわり胸に沁みました分かるわ~( *´艸`)


そして夫婦になった亀助とふゆが、雁助の代わりに炭鉱へ行くと言いだしたのも良かったですね~。亀助はふゆを炭鉱に連れていき、あさがどんなに苦労したのかを、現地で語って聞かせたいのだそうです。これはでも、あのまま加野屋にいては、ふゆもちょっぴり気まずいだろうからという思いやりも手伝っての事ではないでしょうか。どこまでも優しいな~亀助


そんな亀助とふゆの様子を見ながら、あさもまた、幼い頃新次郎に胸をときめかせたことを、ようやく、思い出していたようです。あさは最初、自分には早くから新次郎という許嫁がいたから、胸ときめかせることなどなかったなどとのたまっていたのです。そんなことを言うから、新次郎は落ち込んじゃうのですよね~可哀想に


その新次郎は~ようやく新次郎タイム~皆が敬遠していた大阪商法会議所への参加を率先して皆に勧めてくれたそうです。それを知った五代は大いに新次郎を見直していたようで一安心です。これであさがどんだけ幸せか分かったでしょう


~おばさんは別に五代が嫌いな訳じゃないんだす(ディーンフジオカさん同郷人だすし)。ただ、あさの幸せを願うなら、その恋はずっと内に秘めておけ、と言いたい方なの


一方、これまでどうしても好きになれなかった美和が、あさを友達として迎えたようなのも良かったですね。美和にはずっと同性の友人がいなかったそうで、あさと友達になれたのがよほどうれしかったようです美和がなかなかよかった。それはあさも同様でした。


また栄三郎にも、よの似の可愛い嫁が来そうで楽しみです


とまあ、今回はこれぐらいだったでしょうかね~。とにかく今回ばかりは亀助に花を持たせたい気分のおばさんです。是非、この亀助夫婦が炭鉱で暮らす様子も見せていただきたいものです。


最後にちと真面目な話をさせていただけるなら、今回あさが、ふゆが女性というだけでどれだけ虐げられてきたのかを知ったのも、この先の伏線になりそうで楽しみです。ふゆが新次郎に惹かれたのも、自分を人として優しく接してくれたのが嬉しかったからなのでしょうね~きっと。今後は五代も「学校」作りに乗り出すそうですから、あさが女性の地位向上のための学校づくりに参加するのも頷けますね


あさが来た」は今年もますます盛り上がって行きそうですね~来週の放送もとっても楽しみでござりまするあさが来たが楽しみ(^^)/



朝の空を見上げて今日という一日が笑顔でいられるようにそっとお願いした


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 4

There are no comments yet.
オッキー  
No title

今週いちばん笑ったのは、よのさんが山本に対して、指でストーカーのような
忍び足を真似ていたところでした。この人がヌケていていつも和ませてくれますね。
一昔前の風吹ジュンさんといえば、影のある薄幸な女性って感じだったですが、
今回はかわいらしい。

響いたのは、新次郎がふゆに対して、自分を卑下しないように諭したところです
かな。こんな粋な男性、あきまへんで、そばにいたら。それにしても、玉木宏は、
新境地を拓きましたね。そこを本人が日々自覚しながら発言しているところが、
ただの顔のいい役者さんとは違うところでしょうか。


2016/01/09 (Sat) 18:22 | EDIT | REPLY |   
オッキーさんへ  
見直しました(笑

オッキーさん、ありがとうございます~♪

よのさん、いいですね~。
正吉がよのさんを心から愛していた訳が分かりますよね。

自分が風吹ジュンさんを認識(笑)したのは、
「四十九日のレシピ」(2011)とかなり遅咲き?なんです。
日本のドラマをたくさん見るようになったのがその頃からなので(^^ゞ。
本当に深い演技をされる方だな~とそれからは大注目でした。

玉木さんは、これを見るまでは実はかなり苦手でした~(;^ω^)。
おっしゃる通りの「新境地」ですっかり気に入りましたが(^^)/。

今後もますます楽しみですね~( *´艸`)。こん

2016/01/10 (Sun) 07:21 | EDIT | REPLY |   
みる  
亀助&ふゆ おめでとう!

こんさん こんにちは~!

今年もよろしくお願いしますm(__)m

亀助さんとおふゆチャンが結婚という展開にホッとしました(*^_^*)
ふゆ…新次郎の妾になるのか~(-_-;)と若くて可愛いふゆを見るのが
辛かったので、良かった!良かった!
亀助さんならおふゆチャンを絶対に幸せにしてくれそうですね。
ふゆを連れての炭鉱行きもカッコイイです~。

また来週も楽しみですね♪
今夜からのダウントン新シリーズも楽しみです!

2016/01/10 (Sun) 17:24 | EDIT | REPLY |   
みるさんへ  
良かったですね~♪

みるさん、こんにちは~♪
こちらこそ、今年もよろしくお願いします(^^)/。

亀助とふゆは本当にめでたかったですね~( *´艸`)。
ふたりには本当に幸せになってほしいですよね~。

ダウントンアビーもとっても楽しみなんですが、
日曜はもう既に見たいドラマがてんこ盛り状態なため(苦笑、
中身の濃いダウントンを(うるさく)語るのは
火曜以降になりそうでござる(__)。

懐かしい人々に会えるのが今から楽しみですね~(^_-)。こん

2016/01/10 (Sun) 17:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.