2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

デビアスなメイドたちのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけますデビアスなメイドたち あらすじと登場人物一覧


デビアスなメイドたち2】(Devious Maids S2)の第3話は「揺らぐ信頼」です。英語の副題は「Dangerous Liaisons」で、忘れもしないグレン・クローズの映画のタイトル(危険な関係)です。あれもまた実に怖い映画でございました。以下早速ネタバレのあらすじですデビアスなメイドたちのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず、前回のラストに出てきた手紙の内容が明らかになりました(前回のレビューに書き漏れがあったので補足してあります)。あれは、亡きダリアの、こちらも既に亡くなったらしい母からの手紙だったそうです


I don't care what you have to do, Dahlia. Get Opal out of that house immediately.
あんたが何をなすべきなのかなんて知ったこっちゃない。一刻も早くオーパルを家からたたき出しなさい。


オーパルは、ダリアとは親友だったかのように話していましたが、実際はどうだったのでしょうか? この前半の部分は、ダリアたちが犯した最初の殺人に関係しているのでしょうね~きっと


マリソルは、生前のダリアが親しかったというエヴリンに話を聞きに行きますが、

「かつて自分の家のトイレを掃除していたメイドのマリソルが、今では自分たちの倍の資産家であるニコラス・ディーリングの婚約者となった」

ことを知ったエヴリンは、その嫉妬も手伝って、オーパルはニコラスの愛人だと仄めかします。しかもマリソルは、オーパルの息子のイーサンから、父親が誰だか分からないと聞かされてますます不安になってしまいます。まさかイーサンの父親はニコラスなのかしら?


この辺はおいおい分かっていくでしょうが、面白かったのはエヴリンですよね~。もうおばさんはすっかりこの人がお気に入りです


~前回のレビューで、年末でよほど焦っていたのかこれも書き忘れてしまったのですけど、このエヴリンが、ルビーのネックレスが戻ってきた時の声がまたサイコーに可笑しかった。彼女は「トニーっ!!」と叫んだのですが、その声がものすご~く野太い声だったのがいまだに忘れられません。吹替えはふつうの声だったので、もし機会があったら是非聞いてみてくださいね


エヴリンは、このトニーにかなりセックスアピールを感じていたのを何とか理性で抑えていたのでござる。が、ついに夜中にムラっと来てトニーを襲いに行ったところ、そこには既に先客=ターニャ(Tricia O'Kelley)がいたため、慌ててその場を逃げ出して来たら、ドアが閉まっていたのです


それで仕方なくエヴリンがドアを壊した時は嫌な予感がいたしました。何せ、強盗を異常なほどに怖れていたエイドリアンは、その強盗対策に「銃」を手に入れていたからです。案の定、エイドリアンは早速「不審者」に発砲してしまいました。エイドリアンの銃の腕がお粗末で本当に良かった


これですっかり頭に来たエヴリンはエイドリアンを寝室から追い出し、代わりにトニーを迎え入れてしまったようです。なんとトニーもまたエヴリンに恋をしていたのだそうです。となると、おばさんの妄想~トニーは強盗の仲間?は単なる妄想倒れに終わりそうです


またロージーは、屋敷の主人のケネス・ミラーが前回怒りを見せたことを喜び、リハビリをすれば元気になれると確信します。ケネスの主治医のビル・サンダースは、ケネスが元通りになることは決してないと言い張りましたが、それは、ディディと不倫関係にあったからのようです


ビバリーヒルズにも長くなり、もうそんなことには驚かなくなったロージーは逆にこれを理由にディディを脅しました。旦那様のリハビリに賛成してくれれば、ルシンダには黙っていてさしあげます


一方、アレハンドロを強盗に殺されたカルメンは、すぐにも屋敷を追い出されると聞いて大焦り。が、アレハンドロの葬儀に有名人がたくさん来ると聞いて、そこで自分を売り込もうと閃きます。アレハンドロのおばのレナータ(Olivia Negron)には、歌で弔意を表したいと申し出ますが、その、やる気満々なリハーサルを見れば、その言葉が嘘であることは一目瞭然です


アレハンドロの死を心から悲しんでいたオデッサは、そんなカルメンを非難しますが、カルメンは聞く耳を持ちません。


でも、実際の葬儀が始まり、棺に納められたアレハンドロの顔を見た途端、カルメンの心にも寂しさが込み上げてきたようです。何度も歌いだそうとしますが、そのたびに胸がつまって声が出なくなってしまいます


He was so good to me. I didn't realize I was gonna miss him so much.
彼は本当によくしてくれた。こんなに彼を恋しく思おうとは思ってもみなかった


その姿には誰もが涙し、オデッサもカルメンを抱きしめてこう言いました。That was the tribute he deserved~これこそ彼にふさわしい見送り方よ


このアレハンドロの死を悼んでいたのは友人やファンだけではありませんでした。


こちらは本当に強盗の一味だったタイは、アレハンドロを殺してしまったことに深い罪悪感を抱いていたようで、しょっちゅう家の前に様子を伺いに来ていました。仲間からはその行為を咎められておりましたが、タイはついに「I'm sorry」というメモを残して自殺を図ってしまいます。彼が本当に死んでしまったのか、また、本当に自殺なのか(自殺を装った他殺の線も残されている)はまだまだ不明です


また、夫や娘に出ていかれたゾイラは、ジャンヴィエーヴが慰めました。ジャンヴィエーヴは、ゾイラがいらだっているのを気にも留めず、ゾイラが怒っているのは夫や娘に対してだから、いくらでも八つ当たりしてよいと言ってくれます。


I'm not Pablo or Valentina. I will never leave you.
私は彼らと違って、決してあなたのもとを去ったりしない。


ジャンヴィエーヴが誘ってくれて、ゾイラはしばらく屋敷に留まることになったようです。顔のしわ取りにしか興味が無いかと思っていたけど、ジャンヴィエーヴは実に素敵な女性でござるね


でも、そのジャンヴィエーヴの息子のレミは今コンゴで大変なことになっているようです。ヴァレンティナは今回、忙しさを理由にしてなかなか話せなかった上、ついには電話に出なくなったレミを見捨ててしまったようですが、実は病気で電話に出られなくなったようなのです。抗生物質が効かないと言っていたので、何か深刻な感染病に侵されているようで心配です


と、今度は忘れていることは無いかな


デビアスなメイドたちは、続きもとっても楽しみですねデビアスなメイドたちが面白い(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
お邪魔します  
No title

こんにちは。下町ロケットでお邪魔致しましたが、海外ドラマでも
お邪魔させていただきます。

エヴリン・・・こんなキャラでしたっけ?っていうぐらい今シーズン
はじけてますね。腰抜け亭主とトニーとの間でどうなるのか今後の
展開が楽しみです。

あとジャンヴィエーヴ、世間知らずのおとぼけキャラは相変わらず
ですが、まさかゾイラの支えになってあげられるとは!いつもお説教
されてばかりなので、なかなか新鮮な光景でした。でもそんな
ジャンヴィエーヴもレミの現状を知ったら「ゾイラ~!!」と泣きつく
ことになるんでしょうけどね。主人とメイドとはいえいい関係ですね。

一番気になるのはニコラス&オーパルですが、ロージーの主人
ケネスさまが元気になっちゃうのか?とかオデッサ&カルメンはどこで
何をするの?などなど今シーズンも楽しみ満載です。こんさんの
ブログも楽しみにしてますね。

2016/01/11 (Mon) 17:41 | EDIT | REPLY |   
お邪魔しますさんへ  
エヴリン大好き( *´艸`)

お邪魔しますさん、こんにちは♪

デビアスなメイドたちも面白いですよね~。
次がどうなるのか、本当に楽しみです(^^)/。

毎週うるさく語りますので、またよろしくお付き合いくださいね~。こん

2016/01/11 (Mon) 18:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.