このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

鴨川食堂
 その他ちょっとイイ感じの日本のドラマ

鴨川食堂 あらすじと感想 第1話 母の肉じゃが

忽那汐里さん&萩原健一さん主演のプレミアムドラマ、【鴨川食堂】も観始めました。これまた期待通り、見た目も内容も味わいタップリの素敵なドラマでございましたね。以下簡単なネタバレのあらすじです鴨川食堂のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


料理春秋という雑誌に掲載された~思い出の食、探します~という一行広告だけが、常連ではない客のよすがとなる鴨川食堂は、京都東本願寺の近くに、看板も暖簾も掲げずひっそりと佇んでいるそうです。でもよくよく聞いてみると、実際に「探す」のは、その食堂の2階に位置し、ここの主人=鴨川流(ながれ~萩原健一)の娘のこいし(忽那汐里)が開いている探偵事務所のようです


今日の迷い人はどなたさんですやろなぁ


そんなのんびりしたこいしの声に導かれるかのようにやってきたのは、ダテエンタープライズのCEOを務める青年実業家の伊達久彦(半田健人)です。品書きや価格表が無い鴨川食堂を敬遠する一見さんもいる中、そこは大金持ちの伊達はまったく動じることなく、流の勧める「お任せ」料理を注文しました。


その、まるで「花見弁当のように仕上がっていた料理を紹介させていただきますると、こごみ、たらの芽、山うどの山菜の天ぷらに抹茶塩を添えたもの、桜鯛のお造り、桜鱒の味噌漬けに物集女(もずめ)の煮もの、そして近江牛の煮込みに、お椀はあさりと筍の真蒸(しんじょう)、そしてご飯は筍ご飯だそうです


もう書いているだけでよだれが出てきそうな品揃えでしたね~鴨川食堂の料理が凄すぎ( *´艸`)。これを、こちらは常連らしい来栖 妙(岩下志麻)があれこれうるさく解説するのも、いかにも京都人らしくて楽しいです。来栖は作法教室の師匠なのだそうです。どーりでうるさいはずです


それでもそんなお小言も素直に聞き入れていた伊達は、この料理をすべて平らげると、いよいよ本題に入りました。伊達は、亡くなった母が作った「肉じゃが」を探しに来たのだそうです。


何でも、雑誌で「サクセスメンの特集を組むのに、その「ソウルフードについても掲載するそうで、これを機会に母の味を探したいと思ったのだとか。


でも、もし探せなくても構わない、いざという時のために、有名料理人の舘野ヨシヒコに創作料理を頼んでいるというのにカチンと来たこいしですが元腕利きの刑事だったという流は、引き受けたからには必ず探しだそうと張り切ります。あの人は、ほんまは必死にそれを探してる


が、伊達は、具体的な味はほとんど覚えていないそうで、覚えているのは、肉じゃがが普通のそれより赤っぽかったことと、肉は上等だったと父がいつも威張っていたこと、そしてこの肉じゃがを思い出すといつも「山」が浮かぶということだけです


しかも伊達にはもう1つ思い出の肉じゃががあるそうです。それは母が死んですぐに後妻に入った継母が作った肉じゃがだそうです。その継母は母の看病をしていた人間で、その後後妻に入って、父親が死んでからもずっと伊達の面倒を見てくれたそうなのですが、実は継子苛めをしていたのだと言います


ある日学校から帰ってきた伊達は、台所に2つの鍋がかかっているのを不思議に思い、中を覗いてみたところ、1つは肉がたっぷり入っており、もう1つには肉が入っていなかったそうです。そして実際食卓には、自分の分だけ「申し訳程度の肉」が入った肉じゃがが盛られたそうです。継母は、自分の連れ子と自分の分だけ肉をたくさんいれて、自分にはほんの少しの肉を入れた肉じゃがを作ったと、伊達は大変恨みに思ったそうです


高校を卒業してすぐに家を出た伊達は、この母への恨みからがむしゃらに働いて今の成功を手に入れたのだとか


以下ネタバレです鴨川食堂のネタバレ行きます( `ー´)ノ


流はさすがに刑事らしくあちこち遠くまで出かけていき、この謎をすべて解き明かしてくれました。少年だった伊達が見た「肉の無い肉じゃが」こそが、亡き母の作ってくれたまぎれもない母の味だったのだそうです。というのも、その母が作った肉じゃがの肉は「大和煮」やまとに)だったため、最初から煮込むと溶けてしまうことから、肉は最後に入れたのだそう


そして、肉じゃがが赤っぽかったのは、野菜嫌いの伊達のために、母親がいつもこれをすりおろしていたのが、成長するにつれて人参が食べられるようになったので、継母は敢えてすりおろさなかったのだとか。


その継母は、伊達の亡き母が伊達のために書き残したレシピ集を託されて、それに忠実に料理を作っていたのだそうです。そして今もずっと伊達の実家をひとりで守り、伊達の部屋も伊達が出ていった当時のままにしてあるそうです。いつ帰ってきても良いように、と


こうして「思い出の味」を見つけてもらった伊達は大満足で帰っていきました。ちなみにこの代金は「お気持ち」を振り込むことになっているそうです。あ~この「お気持ち」はかなり曲者ですが、この鴨川親子の場合は、その真心から出た言葉と解釈して良さそうです


こいしは、雑誌の記事に載るのはいったいどちらの肉じゃがなのか気にしていたようですね


他にはこいしに片思い?しているすし職人の福村浩(吉沢悠)が登場し、流に弟子入りしている様子も見られました。ふたりがいかにも職人らしく、床をピカピカに磨いているシーンも良かったな。流は食材を冷蔵庫に入れず、冷たい床に置きっぱなしにするのだそうです


また流の妻の掬子は亡くなっているという設定ですが、キャストは財前直見さんなので、いつか回想シーンで姿を見せてくれそうです。


実に情緒たっぷりで見ているだけでの~んびりと癒される「鴨川食堂」は続きもとっても楽しみですね鴨川食堂が面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は鴨川食堂のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
このドラマ、BSの紹介番組で観て注目してましたが、寝てしまいました。

こんさんおすすめなら、私もきっとお気に入りでしょう(笑)。

さて、どこで見つけようかな?
再放送ありますよ~♪
オッキーさん、やはりチェックされてましたね?

あ、眠い時に見るのは危険かも~ますます眠くなるかも(良い意味で)。

こちらは再放送がありますよ~
翌週土曜の夜23時45分からだそうです(^_-)。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング