このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第1話 あらすじと感想

今度の月9は坂元裕二さん脚本のドラマ、【いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう】(いつ恋)です。坂元さんのドラマというとすぐに「Mother」や「Woman」が浮かびましたが、「チェイス~国税査察官~」、「それでも、生きてゆく」や「最高の離婚」も同氏の作品だったのですね~。以下ネタバレまじりのあらすじ感想文ですいつ恋の感想行きます~( *´艸`)


第1話を見た正直な感想は、全体的な映像と主役の杉原音(おと~有村架純)と曽田練(れん~高良健吾)の醸し出す雰囲気はとても良かったのだけれど主役二人は良かったけれど林田と白井が最悪でした、音の置かれた境遇があまりにもひどすぎて、ちと違和感を覚えずにはいられませんでした


昭和ならともかく、この平成で、いくら北海道の田舎の養女とは言え、あそこまで精神的虐待を受けている女の子が果たしているでしょうか。週末はほぼミステリー三昧なので、おばさんの思考回路はかなり理屈っぽくなっているのでござる


また、音の養父の林田雅彦(柄本明)と、その林田が音を金目当てに結婚させようとした相手=白井篤史(安田顕)がめちゃくちゃいやらしかったので、前半は心底イライラさせられてしまいました音が可哀想やろっ!


音は幼い頃にシングルマザーだった母(満島ひかり~後に声だけ登場)を亡くしたため、林田に引き取られたらしいのですが、林田はずっと音を家政婦代わりにした挙句、年頃になったら、さっさと地元の金持ちに嫁に出そうとしたのです


それでも音は、育ててもらった恩を忘れず、健気に尽くしに尽くします。林田の妻、知恵(大谷直子)は寝たきりなため、その介護も音の日課なのです。昼間は近くのクリーニング店で働いていたようです


一方、東京で引っ越し業者として働いていた練は、悪友の中條晴太(坂口健太郎)が北海道で拾ったという鞄の中から1通の手紙を見つけました。その手紙が、持ち主にとっての「つっかい棒」(=心のよりどころ)だと確信した練はすぐに、これは持ち主に返すべきだと主張しますが、晴太は暖簾に腕押しで、まったく聞く耳を持ちません。それどころか中に入っていた財布にも2千円しかなかったと文句を言うほどです


練は仕方なく、仕事のトラックに乗って北海道へ行きました。虹のマークが入ったクリーニング店の名刺を頼りに辿り着いたそこで、音は、最初は練を置き引きの泥棒だと思い込み、冷たく当たってしまいます


本当は手紙を届けに来たことが分かっても、そんなものはいらないから捨ててくれというのです。そんなはずはない、これは絶対に大切なもののはずなのに、あなたは何度も何度もこの手紙を読んだに違いないのに


その後練は、音が25歳も年上の白井に嫁ぐことを知り、それが本当に音の望んだことなのかを知りたくなります。練は偶然再会した音にこの疑問をぶつけますが、音は東京は違うかもしれないけれど、この辺では、親が結婚を決めるのは当たり前だと答えます。が、そうでないことは、音が、自分の住む町がダムに沈んでしまえばよいと思ったと語ったことから明らかです。音の言動の数々から、東京への憧れも見て取れました音が健気過ぎて見てられない(;´・ω・)


音はついに林田に、これからも頑張って働いて恩を返していくつもりだけれど、結婚だけは好きな人としたい、と頼み込みます。でも、欲深い林田がそんな願いを聞き入れるはずがありません。林田が激怒したことで、音の願いはもろくも崩れてしまいます


この後、音が練とファミレスに行くこととなり、それが初めての経験だったらしい音が大はしゃぎするのがまた涙を誘いました有村架純が可愛すぎ♪。話しているうちに、音は自分にも好きな人がいたのだと打ち明けますが、その彼との幼い恋は、彼の進学により自然消滅してしまったようです


またきっと好きな人ができると言ってくれた優しい練とのこの楽しかったひと時を大切な思い出にすると決めたかのように、もう一度白井との結婚を決意して帰ってきた音は、そこに来ていた白井から、思いもよらない暴言をぶつけられてしまいます。その言葉はあまりにもひどすぎてここには書きたくありません。も~もしおばさんがあそこにいたら、白井の股をちょん切ってやりたかったほどです。(


これでせっかくの金づるをふいにされた林田は、音がずっと大切に持っていた亡き母の遺骨をトイレに流してしまいます


「音、逃げなさい。あんたの好きなところに行きなさい!お義母さんがありがたかったねえ~


知恵のこの一声で音の心は決まりました。音はそのまま外に飛び出し、練のトラックに乗って一路東京へと逃げ出します。林田は、体の不自由な知恵が必死で抑えてくれていました


この東京への道すがら、音はようやくあの手紙を取り出して読み始めます。あれは亡き母が死ぬ前に音に書き残した手紙だったそうです。音をひとり残して逝かねばならぬ辛さと、音の幸せを心から願う愛にあふれた実に温かい内容でした。練がこれを読んで居ても立っても居られなくなった気持ちも分かります。


音、たくさんの人と出会ってね、自由に好きなように生きて。恋をして、いつかたった一人の人と出会えるといいね


音は大坂人だったようだけど、お母さんは標準語だったところを見ると、元々は東京の人だったのかもしれませんね。音の「飴、食べ」、可愛かったな~


こうしてようやく自由になった音でしたが、音が東京にいる知人を訪ねに行った間に練とはぐれてしまいます。練の元カノ=市村小夏(森川葵)が現れたため、練は音を待っていられなかったのです。ちなみに練の今カノは日向木穂子(高畑充希)と言います。


ここは是非待っててほしかったけど、それでも田舎でのイライラシーンさえなければ本当に良い雰囲気のドラマでしたいつ恋の主題歌がまたいい!。主題歌の明日への手紙もすっごく良かった



ここをクリックしてAmazonへ飛ぶと「明日への手紙」が無料試聴できますよ~買わなくてもまったく大丈夫なのでよかったら聴いてみてね


来週からは東京編?になるようなので、時代錯誤で無駄なイライラも無くなると信じ、音の母親が願ったように、音が幸せになるよう祈りながら視聴を続けていきたいと思います。「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(いつ恋)は続きがとっても楽しみです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はいつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング