2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

家族なのにどうして(全72話)のあらすじと感想および登場人物はこちらからご覧いただけます: 家族なのにどうして 全72話 あらすじと感想、登場人物一覧


韓国ドラマ、【家族なのにどうして】は、本日放送分の36話まで見終わりました。ここでちょうど折り返しになるようです。以下ネタバレです


前回スンボンが子どもたちを相手の「親不孝訴訟」に踏み切ったものの、ついにスンボンが、弁護士のウタクの正体が14年前にガンシムを捨てた男と知ってしまい、難問山積の様相を呈しています家族なのにどうしてのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


とはいえ、少なくとも昨日までは、

スンボンいいぞ~っ!あんな恩知らずの子どもたちに負けるな~!!スンボン負けるな( `ー´)ノ

ととっても楽しく見てこれたので、今日はその楽しかった部分をメインに語らせていただきまする家族なのにどうしてのネタバレ行きますよ~( `ー´)ノ


まず、何と言ってもその最たるものは33話のラストです。スンボの訴えが認められ、裁判所から子供たちに通達が届いたシーンは大笑いでしたユ・ドングンさんサイコー(^^)/


いつも通り豆腐屋にいたスンボンがおもむろに音楽をかけて、いい気分で踊りだしますこのダンスが楽しかった~♪


世の中、どこの親も思うことは1つ。息子や娘には幸せになってほしい。心からの願い。
それなのに馬鹿にして笑うもんじゃない。俺にだって夢はある
ブラボー!ブラボーっ!!父さんの人生ブラボー!( `ー´)ノ


またユ・ドングンさんの踊りが実に軽妙で上手なのですよね~。そう言えば昔「龍の涙」でも、そして最近は「鄭道伝」でも踊ってましたっけ。それにその表情の実に楽しげなことったら。あれは長年我慢に我慢を重ねてきたのが、ここにきてようやく炸裂した

思い知ったか~っ!!ついに宣戦布告!

の表情でしたよね。スンボンはそれで子どもたちを憎んできたわけではないけれど、やはり傷ついていたことは確かなのです


それを証明してくれたのが判事(イム・ホ)でした。ウタク曰く、子どもを訴えるにしても、成人後にかかった費用を全額支払わせるという訴えでは裁判所が受理してくれないかもしれないとのことだったのですけど、この判事はスンボンのこの言葉に大いに共感してくれます


あの子たちは、他人に、そして人生に感謝するということを知らずにあそこまで大きくなった。私の育て方が悪かった。が、今さら私が何を言ったところで耳を貸さない。であるならば、法の力を借りてでもあの子たちを更生させなければならない。(それが私の親としての最後の務めだ)


スンボンが子どもたちに請求した額は、ガンシムは約1億9000万ウォン、ガンジェは約2億2000万ウォン、タルボンは1億4000万ウォンと、約合計5億5000万ウォンです。


こうして宣戦布告したスンボンが次に打った手は、同居しているガンシムとタルボンに対して、毎月の生活費=30万ウォンを請求することでした。(←驚いた理由は下に書きます


こどもたちは「あまりの仕打ち(フツーですが韓ドラの常識は世界の非常識(^◇^))に愕然とし、そこまでされるほど悪いことをしたのか?と迫りますが、スンボンはそこが問題なのだと指摘します


そこが最大の過ちだ。何が悪かったのかまったく気づかずに生きていること。それこそがお前たちの最大の過ちだ。どこが悪いか気づくまで、訴えは取り下げない!


ここはでも逆に、

今まで一銭も家にいれてなかった

事実にビックリです。最近まで無職だったタルボンはともかく、一流会社勤続15年のガンシムが食費すら入れていない、

それでスングムに対してあんなにエラソーに振る舞っていた

なんて信じられませんえ~信じられん!。しかも、これは後の法廷で明らかになったことですが、ガンシムがその15年でスンボンのために使ったお金は、たったの160万ウォンなのだそうです!?びっくりぽんや!


その内訳は、初任給から10万ウォン、誕生日ごとに10万、ここ4年はそれも無し、シャツとハンカチを1回ずつ贈ったのと食事を3回ご馳走しただけだそうですが、これをスンボンが覚えていたのは、決して不満に思ったからではなく、それがとても嬉しかったからに違いありません


その上スンボンは、子どもたちの給料をすべて仮差し押さえしました。が、タルボンはまたしても現在無職なため、有体動産に対する仮差し押さえ、つまりは所持している家具などすべてに赤紙が張られてしまいます


そのタルボンにスンボンがこれまで使った金のうち、6400万ウォンは、タルボンが起こしたトラブルに対する示談金や罰金だったというから開いた口がふさがりません。あ~まさにスンボンは甘やかしすぎでしたね。そんなんだから、タルボンは今まで定職に付けなかったのではありませんか?ソウルがその根性を叩き直したくなるのは当然ですいっそタルボンを捨ててウノに走れ!


タルボンは、生前贈与において権利を放棄すれば5億ウォンをくれるというヒョジンの話に舞い上がり、すっかりこれを手に入れた気になって、ウノに出資を約束してしまったのです。しかも、自分はここの共同経営者になるから、バイトなど辞めると豪語して


これを知ったソウルが、もちろんこの話が無くなることを見越した上でウノと組み、出資をせかしたのはナイスでしたね~。その上、タルボンがなし崩し的にまたバイトに戻ろうとしたのも、自分が代わりに働くからと料理長に約束して、タルボンをクビにしてしまいますざ〇あみろ~♪


が、これを後に知ったタルボンは、自分の情けなさを理由にソウルに八つ当たりしてしまいます。まったくね~、ヤングムの台詞じゃないけど、実力もないくせにプライドばっかり高い上、自分を想ってくれるソウルに感謝することすらできんのですから、こんな甘ったれのろくでなしにはもっともっとお灸をすえてやらねばなりませんウノの方がお勧めだよ~( `ー´)ノ


またガンジェは、この訴訟のせいで恥をかいた、と精神的苦痛を訴えますが、これまた判事にやりかえされます。何かというと「親子の縁を切る」というらしいが、それがどれだけお父様の心を傷つけたか分からないのか?


判事は、これだけ言ってもまったく反省の様子が見えないことから、彼らが反省するまで何度でも調停を続けるつもりのようです家族なのにどうしてのイム・ホがええわ~♪


一方、その懲りない子供たちは、スンボンがここまで変わった理由はウナンのせいに違いないと憶測します。これはヨンソルやヤングムからの入れ知恵もありましたが、非情な自分たちの胸に手を当てて心底反省するよりも、他人を責めた方が気が楽だからです


でもこのウナンがまたカッコよかったのですよ~。ウナンはスングムから詳細を聞いたらしく、この世で最も愛する子供たちとの訴訟で、身も心も疲れ果てているだろうスンボンのもとにやってきて、スンボンを慰めてくれました


子どもというのはどこでも皆同じだ。父親はどんなわがままでも受け入れてくれると信じている。父親が年を取り、弱くなったと気づかない


ウナンもまた、父を亡くしてそのことに気づいたそうです。この裁判必ず買ってください。私も味方になります


これはガンシムが、スンボンとウナンが一緒にいると聞いて逆上し節度ある大人とは思えない無礼な振る舞いをしたのを受けて、ガンシムをとことんとっちめた後の出来事です


店と家を潰して家を建てるとか。厄介払いをするつもりね?誕生日さえ忘れるようなあんたたちが、財産を手に入れたら、父親をいたわるはずがない。財産がほしいだけでしょ?甘えても無駄よ。不満があるなら裁判所で主張しなさい


これはウナンが自分の過去を振り返って出た言葉なのですが、ガンシムにはそれが分かりません。


ガンシムは必死で、自分も生きることに必死だったと言い訳していましたが、日頃の態度を見ていたおばさんにはまったくそうは思えません。まさにウナンの言う通り、優しいスンボンに甘えているだけです。大体最初から、会長の誕生日を覚えていたのに、同じ誕生日のスンボンのそれは忘れているなんて、社会人としては合格でも、娘としては失格でしょう


と、タルボンとガンシムは単純で分かりやすい甘えが原因だけど、ガンジェだけはちと違う=かなりこじらせているのがまた厄介です


ガンジェが礼儀正しく(それがフツー)振る舞う相手は、義父の院長だけですものね。ヤングムやヒョジンに対しても、心の中では軽蔑しているようにしか見えませんし。いっそあの男の子が本当にガンジェの息子だったらよかったのにね~そしたら少しは人生観も変わっただろうにガンジェをもっととことんいじめなくちゃ( `ー´)ノ


タルボンとガンシムは、今日の放送で、ついに「最後通告」を突き付けて、家を出てしまいます。が、どんなに安い宿を探しても、どこにも30万ウォン以下のところなどない、どんなに安くても40万ウォン以上だと知り、スンボンの要求は決して法外ではなかったことを知ります


こうしてみると、韓国には、成人したら家を出て独立するという概念がないのかと改めて疑問に思っちまいます。いつまでも親と同居している方が不思議でなりませんし、就職してからも、生活費は全額親頼みが常識だなんて、むしろ世界の非常識ですよね


それともドラマだからなのかしらん?いやいや、それなら「親不孝訴訟」など起きるはずがありません(これは決してフィクションではありません前回の記事参照)。


おばさんも、ウナンやソウル同様、これからもスンボンを応援していきます。ウタクも、ガンシムとの元さやは無理だとしても、スンボンに共感したその気持ちはまともです。というか~誰が聞いても、

子どもたちの方がゼッタイおかしい

いい加減にしろよっ!!

ですよ


家族なのにどうして」は続きもとっても楽しみです


家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET1家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET2家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET3家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET4家族なのにどうして~ボクらの恋日記~ DVD SET5

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.