2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

HOMELAND S4ホームランド4) あらすじと登場人物、キャストはこちらからご覧いただけます: HOMELAND S4 (ホームランド4) あらすじと登場人物、キャスト


待ちに待っていた【Homeland S4】(ホームランド4)が始まりました。第1話の副題は「誤算」です。英語の方は、キャリーに付けられたあだ名=The Drone Queen(ドローンの女王)となっていました。これまた何とも皮肉なタイトルです。以下早速ネタバレのあらすじですホームランド4のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


キャリーはアフガニスタンのカブール支局長を務めていました。そこで、CIAの暗殺リストに名が上ったテロリストを次々と殺害する任務を負い、仲間内からは「The Drone Queen」と呼ばれていたそうです。


そんなキャリーのもとに、イスラマバード支局長のサンディ・バッチマン(Corey Stoll)から、暗殺リストの4番めに名前が載っているヘイサム・ハッカニの居どころを突き止めたという連絡が入りました。


サンディの情報は常に確実だったものの、その情報源が不確かなため、いつもは必ずダブルチェックを怠らなかったキャリーですが、今回ばかりは時間が無いとせかされてしまいます。しかも今回は、得意のドローンではなく、爆撃機を使って攻撃するそうです。


裏が取れないながらも、NATOの衛星に割り込んで、ハッカニがいると思われる場所の映像は手に入れています。そこに映し出された赤いSUVは、他のアジトでも確認されたハッカニの車なのだそうです。半径75m以内に民家はなく、最小限の犠牲で済むと判断したキャリーはついに命令を下してしまいます。


が、これが後にとんでもない誤算だったことが発覚します。なんとハッカニは、友人の結婚式に参列していたらしく、他の出席者、親族や招待客ら、民間人40人以上が、この爆撃の犠牲となってしまったのですこれまた事実なんだろうな(;´・ω・)


この日はキャリーの誕生日だったというのに、何とも悲惨な決定をしてしまったものです。キャリーはその事実を知らぬまま、姉のマギーとパソコンでテレビ電話をして子どもの話をしていました。キャリーはどうやら「フラニー」という娘を産み、その子を実家に預けていたようです。イスタンブールに移れば一緒に暮らせる予定だったと語っていました。


でも、上記のような事件が起きてしまっては、もう平穏な暮らしは望めそうにありません。キャリーの命令を受けて爆撃を実行したパイロットのエドガーズ(Bradley James)は、キャリーを人でなしと呼んでいました。無人攻撃機=ドローンでの爆撃(=痛み無くして殺人を犯す)に慣れてしまっていたキャリーへの痛烈なしっぺ返しです


早速マスコミでも事件の概要が報道されました。午後11時4分、この空爆に遭ったのは、アフガン国境に近いダンデ・ダルパケルという町で、北ワジリスタンにおけるタリバンの軍事拠点だそうです。タリバンは早速報復を宣言してきたそうです。またハッカニは間違いなく死亡したとのことです。


イスラマバードにあるアメリカ大使館の周辺では早速抗議のデモが行われていました


その様子を見ていた大使のマーサ・ボイド(Laila Robins)曰く、9.11直後の暗殺リストには、ビン・ラディンとザワヒリを含めてたったの7人しか名前が無かったのに、今やなんと2000人以上いるのだそうです


It's Alice in fucking Wonderland. You don't even have to be a terrorist anymore, apparently. You just have to look like one.
まるでアリスの不思議な国状態よ。テロリストだという確証などなくても疑わしければ即リスト入りになる


アメドラ(アメリカ)の良い所は、こうした良心=意見もきちんと発信するところですよね。が、このマーサに呼び出されたサンディは、平気な顔で、結婚式などというのはでたらめだ、PRだと批判します。しかも、ハッカニがテロリストだと知って一緒にいた人間たちもまた同罪だ、狙われても仕方ないだとうそぶきます


ここに同席していたピーター・クインが、こうした暴言を咎めるように見ていたのがせめてもの救いですが、キャリーもこのサンディと似たり寄ったりの意見を持っているらしいことが辛いですね。ブロディを失って、CIAの支局長となり、ただひたすら「任務」をこなすうちに、良心が麻痺してしまったのでしょうか


また、このシーズン4にもブロディ同様「彼らの代弁者」が登場します(安易に「テロリスト」という言葉を使いたくありません)。それが、ハッカニが参列していた結婚式に出席し、家族とともに爆撃を受けたものの、ただ一人助かったらしい青年=アーヤン・イブラヒム(Suraj Sharma)です。


また、そのアーヤンを助けて看病していた女性のブルカ(Hemali Juta-Pillay)は、爆撃はドローンによるものではなかったと確信していたようです。


この爆撃の犠牲になった人々の遺体がズラリと並べられていた光景がまた実に痛ましかった一瞬にして命を奪われてしまったのです!。アーヤンはその場に呆然と座り込み、その光景はキャリーもドローンで確認していましたが、キャリーにとってそれはそれほど胸を打つ光景ではなかったようです。この対比も実に辛辣です


アーヤンは、イスラマバードにあるオンマヤ医科大学の学生で、この悲劇をも忘れて勉学に打ち込もうとしますが、アーヤンの友人で事情を知るラヒム(Akshay Kumar)は、真相を暴露すべきだといきり立ちます。アーヤンは、結婚式に出席した際の映像を動画に納めていたからです。


共通の友人らしい女性のキラン(Shavani Seth)が、アーヤンは、医者になることで家族の名誉を守ろうとしているという言葉も実に印象的でした(He honors his family by continuing his studies, and becoming a doctor)。


アーヤンは、政治には巻き込まれたくないと動画の公開を拒否しましたが、ラヒムはアーヤンに内緒で動画を公開してしまったようです。これでますます事件が大ごとになってしまいます。


またピーターは、今回のこの攻撃が行われた背景には何か裏がありそうだと指摘しました。そしてその指摘はまんざら間違ってはいなかったようです。というのも、この後サンディの顔写真がアフガニスタンのマスコミで公表され、サンディは復讐の鬼と化したアフガン人たちからリンチに遭ってしまうのです。


キャリーはピーターとともに何とかこれを救おうとしましたが、彼ら3人が乗った車に、文字通り黒山のように集まった人々は容赦なくサンディを車から引っ張り出して連れ去り、激しい暴行を加えました。もう無理だと判断したピーターは車をバックさせて、何とかその場を逃れましたが、キャリーはサンディを救うべきだったと怒ります。このピーターとキャリーの温度差もなかなか象徴的です。


なぜサンディの情報が流出したのか、サンディの情報源はいったい何者だったのか?サンディには付き合っていた現地の女性がいたようですが、彼女が何かを知っているのかもしれませんね。


一方、民間会社に就職したはずのソウルは、穏やか?なNY暮らしと、身勝手な営利主義にすっかり飽き飽きしていたようです。今は何とかミラのために我慢しているようですが、あれは早晩飛び出してくるに違いありませんね


あ~、やはりホームランドは見ごたえがあって面白いですね~。続きもとっても楽しみですHOMELANDS4が面白い(^^)/



HOMELAND/ホームランド シーズン4(SEASONSブルーレイ・ボックス) [Blu-ray]

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.