このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ダウントン・アビー4 あらすじと感想 第3話 宴の陰で

ダウントン・アビーのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: ダウントン・アビー あらすじと登場人物一覧


ダウントン・アビー4】(Downton Abbey S4)の第3話は「宴の陰で」です。これまたひどいことになってしまいましたダウントンアビー4のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。以下早速ネタバレのあらすじですネタバレですのでご注意を♪


今回はダウントン・アビーで戦後初めての盛大な音楽会が開かれることになりました。宿泊客が10名のところにメイドは3人で従者が2名という大わらわです。ここでジミーが手首を痛めてしまったことから、モールズリーが急きょ臨時の「下僕」として呼ばれたようです。今モールズリーは、ベイクウェルが経営する店で配達をしていたようでした。


当日はそれぞれの旧友が集まり、皆が旧交を温め合う中、イーディスは恋人のグレッグソンを父に売り込もうと、またヴァイオレットは、マシューの死以来沈み込んでいるイザベルを励まそうという思惑も飛び交い、「下の階」では、相変わらず邪なエドナが、トムが堕ちてくるのを虎視眈々と狙っていました


それだけでも十分悲喜こもごもだったのですが、ここにまたとんでもない卑劣漢が姿を現します。かねてよりクローリー家とは親交があってこの度も音楽会に招かれたギリンガム卿=アンソニーの従者(Mr.ギリンガムと呼ばれていた)、グリーン(Nigel Harman)です。グリーンは、使用人たちの中でも(今回は特に)ひときわあでやかに華やいでいたアンナを凌辱してしまいます


これが、音楽会の最中だったため、誰もアンナの叫び声を聞くことができなかったのが何とも無念でなりませんでした


しかもアンナは、もしこれを夫のベイツが知ったらきっとグリーンを殺してしまうに違いない、それでなくても前科があるのだから、今度こそ死刑にされてしまうと心配し、この事実を伏せてしまいます。ただ一人、乱暴された姿を整えるためにエルシーにだけは協力を仰ぎましたが、決して口外してくれるなとキツクキツク言い含めました。


Nobody else must ever know. You promise me!
誰にも知られてはならないわ。口外しないと約束して!


アンソニーが父の後を継いだのはそれほど昔の事ではないようですし、その際に得た相続についてのノウハウをメアリーに伝授してくれたのには感謝するけど、こと、使用人の教育だけはまったく行き届いていないようです。あ~せめてアンナがこれをメアリーにだけは告げて、あの獣のような男を厳しく罰してもらえるよう計らってもらえたらいいのにグリーンが許せんっ!!!でなければ、第二第三の被害者が(もう既にいるかも)出ないとも限りません


ベイツは最初からグリーンの胡散臭さを嗅ぎ取っていたのに(There's something about him that gets my goat~わたしをイラつかせる何かがある)、これをアンナがベイツの嫉妬だと思って軽くあしらってしまったことが悔やまれてなりません。


と、番組の最後に起きたこの悲劇があまりにも強烈で悲惨だったため、つい熱くなってしまいました。以下はそれ以外に目についたあれこれです。


まずはイザベルから参りましょうか。前回チャーリー・グリッグを送りだした後は、またしても隠遁生活をしていたらしいイザベルもこの音楽会に招かれていました。このコンサートでは、世界的なソプラノ歌手でオーストラリア人のネリー・メルバが歌うことになっているのだそうです。


~ここでエルシーを初めとする皆が彼女を「Dame Nellie」と呼んでいたのは、ネリーが大英帝国勲章(Order of the British Empire)を授与されていたからです。Dameは男性で言うところのナイト、「Sir」と同義語です。本来尊敬されるべき彼女を、カーソンやロバートが少しだけ軽んじていたように見えたのは、やはりネリーが英国の植民地だったオーストラリアの出身だからでしょうか。またドラマの中でネリーを演じていた、こちらはニュージーランド出身のキリ・テ・カナワ(Kiri Te Kanawa)さんも同じくこの称号をお持ちだそうです。カナワさんは昨年福島県いわき市で「福島復興祈念チャリティーコンサート」を開いてくださったことでも記憶に新しい方です


デイム・ネリーの歌が聞けるのは嬉しいけれど、そんな感情を持つことさえイザベルは自分に禁じていたようです


I have this feeling that when I laugh or read a book or hum a tune, it means that I've forgotten him. Just for a moment.
笑ったり、本を読んだりハミングしたりするということは、ほんの一瞬でもマシューを忘れるということ


ここでヴァイオレットがめずらしく(イザベルの好きな)文学を引用して励まそうとします


Better by far that you should forget and smile, than that you should remember and be sad.
あなたが辛いことを思い出して悲しくなるよりは、すべてを忘れて笑った方が良い


これは、詩人・クリスティーナ・ロセッティ(Christina Georgina Rossetti)の言葉だそうですが、(たぶん)にわか知識なため()、イザベルからすぐに、それはロセッティが死んだ時という話であって、息子が死んだ場合の話ではないとやりかえされてしまいます


そんなイザベルですから、メアリーが幼馴染のアンソニーに笑顔を向けていたのも面白くなかったようです。トムがいくら「メアリーに久しぶりに笑顔が戻った」(It's the first time I've heard her laugh since it happened)とフォローしても、やはりイザベルの気持ちは晴れぬままです


それでも、まさに天使のような歌声を聴いた後はその頑なだった心もすっかり溶けてしまったのは嬉しかったですね。やはり音楽の力は素晴らしいですね


I was wrong to hesitate but then guilt has the power to make all of us do strange things.
躊躇するのは間違いだった。でも罪悪感は我々を奇妙な行動へと導く力があるのね


そのイザベルへの発言に対するヴァイオレットの答えは借り物の文学より(いつも通り)強烈です


Well not all of us. Guilt has never played a major part in my life.
皆が皆そうじゃないわ。罪悪感は私の人生には縁がないから


あんなことさえなければここは実にハッピーだったのに。。。


一方、久しぶりに幼馴染と会い、華やかな社交の場に出たメアリーでしたが、ローズがマシューの(思い出の)蓄音機を引っ張り出したことを知ると愕然としてしまいます。すぐに部屋にこもってしまったメアリーを追いかけてきたアンナに、メアリーが言った言葉も忘れられませんメアリーが気の毒だ(;´・ω・)


Sometimes I don't know whom I'm most in mourning for. Matthew or the person I used to be when I was with him.
時々私が一番悼んでいるのはマシューなのか、それともマシューといた頃の自分なのか分からなくなるわ


そのメアリーはアンソニーにこうも語っていましたっけ


Matthew changed me. I loved him but he changed me. If I were as tough as I was before I met him, I bet I'd be happier now.
マシューは私を変えてしまった。私は彼を愛していたけど彼は私を変えてしまった。私が彼と会う前の自分ほど強くなれたら、もっと幸せでいられるのに


そんなメアリーを励ましていたアンナが今どんな気持ちでいるのかと思うにつれ、心底悔しくてなりません。(そこから離れられん


一方、この音楽会を支えていたのはいつもと変わらず使用人たちです。特に、久々に大人数の食事を整えるのに焦ったパットモアは、途中で発作を起こして倒れてしまいます。今や若手がふたりも助手にいるのだから、あんなに焦らんでも良かったのにね~。しかも、パットモアが倒れた後は、下僕のアルフレッドがその後を引き継いでくれます


そのパットモアの今回の名(迷)台詞は2つ。1つめは「カッコつけジミー」をして「Mr. Clever Clogs」(ミスター「仰々しい文化人」)と呼んだこと、そしてもう1つはそのジミーが手首を痛めてわめいた(bloody wrist)のを注意していた時のあの言葉でしょう


I'll have no swear words in here, thank you very much. Unless I'm doing the swearing.
下品な言葉は使わないでほしいね。よろしくお願いしますよ。使っていいのは私だけ


また、グレッグソンを避け続けていたロバートも、そのグレッグソンにポーカーの負けを取り返してもらったことですっかり懐柔されてしまいました。ロバートが音楽会に招待したテレンス・サンプソン(Patrick Kennedy)はいわゆるいかさま師だったのですが、同じように昔いかさまをしたことがあるらしいグレッグソンがこれを見抜き、見事に返り討ちにしたのです


He did behave in a way that I thought was really quite gentlemanly.


平たく言うと「とても紳士だった」を、こうもまどろっこしくは表現できないトムは()、このパーティーですっかり落ち込んでしまったようです。やはり自分は上流階級の人間ではないと思い知ったと語っていました。でもその一方で

Do any of you ever leave school?
だれも学校を卒業しようとしないのか?

と付け加えたところを見ると、トムにとって「上流階級」とは決して人生の目標ではない、自分はもうこんなところは卒業してもっと広い世界へ行きたいと願っているようにも見えましたね。


そんなトムをハイエナのように狙っていたエドナは(たぶん)早速トムの部屋に忍び込んだようです。来週はそれをネタに「子どもができたらどうする?私を捨てるのか?」と脅迫していたように見えましたが?エドナ、許せんっ!( `ー´)ノ


また、イーディスとメアリーはロンドンへ行くようです。イーディスはさておき、メアリーは、アンソニーの恋人?らしいミス・レイン・フォックスと揉めたりしないでほしいものです


今回は短くまとめたつもりでしたが、それでもやっぱり長くなっちまいましたダウントン・アビー4は、来週の放送も楽しみですねダウントンアビー4が面白い(^^)/


  

これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はダウントン・アビー(Downton Abbey)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

いつも丁寧な説明ありがとうございます。
今週のドラマの内容が酷すぎるので思わずコメントさせていただきます。。。

酷い、、、酷すぎる。。。
シリーズ3の最終回でも思いましたが、やっぱりすんなり皆がハッピーになるってことにはならないドラマなんですね。。。

でも、今回のは酷い。。。
思い出すだけで腹立たしい!

なんとかして奴を懲らしめて、地獄に突き落としてもらえることに期待します。

すいませんでした。
英国ドラマならではです(;´・ω・)
BECKさん、
こちらこそ、いつもブログをご利用いただきましてありがとうございます。

>やっぱりすんなり皆がハッピーになるってことにはならないドラマ

イギリスのドラマなので、その辺はおっしゃる通りだと思いますvv。

それでも何とか仇が打てるとよいですね( `ー´)ノ。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング