2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

奥田英朗氏原作のサスペンスドラマ、【ナオミとカナコ】は3話でいよいよ核心に迫ってまいりましたね。李朱美のパワフルおばちゃんブリも相変わらず絶好調で、またまた大いに楽しめました。以下ネタバレですナオミとカナコのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずはサスペンスの方から参りますると、前回ナオミが見つけたという、カナコの旦那を殺しても見つからない方法が明らかになりました。ナオミは達郎を犯罪者に仕立て上げ、中国へ逃亡するよう見せかけるつもりなのだそうです


それにはまず、達郎を例の認知症の顧客の斎藤順子に紹介し、順子に達郎の銀行の口座(ネットバンク)を作らせ、順子の要求通り、その操作に関してはナオミが代行する。その上でナオミは順子の口座から大金を引き出してカナコの口座に入金し、それをわざとATMから林竜輝に引き出させ、服部達郎のパスポートで中国へ行かせる~あたかも達郎が顧客の金を持ち逃げしたように思わせようという計画です。


それなら達郎の知人に身代わりを疑われることもないと言う訳ですね~。これはなかなか上手い手を考えましたね


その横領の金額も高すぎては警察に通報されてしまうけれど、1千万ぐらいなら、社内の不祥事として銀行が隠すに違いないと推理したのは、セレブ相手にビジネスをしてきたナオミの勘でございましょうか。


ナオミは早速カナコを連れて、林に会いに行きました。その居場所は朱美から聞きだしたようです


林があまりにも達郎に似ていることに驚くカナコ。そしてナオミは林に、ある日本人のパスポート持って中国に帰ってくれれば、報酬として200万やる、と持ちかけます。中国に戻ったらそのパスポートは焼き捨てて二度と使わないことが条件だ


パスポートは本物ですか?その人、生きてますか?


林もなかなか鋭い所をついてきます。でもナオミから、パスポートは本物だし、その人物も生きている、200万あれば病気の母をすぐに治療できるじゃないか、と唆され、心が揺らいでしまいます。あなたが承諾してくれればこの人(カナコ)が救われる。


それでもさすがに即答はしかねたようで、林は後日ナオミに連絡をしてきました。分かりました。引き受けます林が誠実でイイ感じ~♪


林はもう何も尋ねては来ず、いかにも幸薄そうなカナコに、頑張って達郎のふりをしてみせると約束してくれます。この時点で、林はおそらく自分が服部達郎の身代わりになること=達郎が消されるであろうことは薄々理解していたようです。


唯一の問題は、達郎が右利きなのに対し林が左利きだったことですが、これはカナコが林に教えることになりました。最初はとてつもなく下手だったサインも、毎日懸命に練習したらしく、ほぼ同じような字体を習得してしまいます


林は密入国者とは言え、苦労人であることには変わりなく、カナコの不幸な境遇を敏感に察知してくれたらしいのがまた何ともありがたかったですね


林は、中国へ帰れると思った途端、以前普通に行っていたことを思い出したそうです。紹興酒を作って美味しい物を食べると言う、以前なら当たり前だった日常が再び送れると思っただけで、とても嬉しかったのだとか。


「普通は特別。普通を手に入れるのは難しい


こちらもまた「水」さえ美味しいと思えないカナコとは、互いに通じ合うところがあったに違いありません。白井さん(カナコ)、服部達郎いるから普通の生活できないですか?


私がちゃんとやるから、あなたも普通を手に入れてほしいと語る林は本当に誠実そうで、憎たらしい達郎とは正反対です。キャスティングが佐藤隆太さんの二役で正解ですね


その後ナオミとカナコは、実際に達郎を殺したら埋める場所を探しに行きます。最初は、ふたりが学生時代によく行った丹沢へと向かいましたが、なかなか適した場所が見つからず、結局は富士の樹海に決めたようです。丹沢で、昔と変わらず湧き出ていた清水さえ、カナコは苦く感じたようです


予告では、不法滞在者の林に警察の手が伸び、あまつさえ達郎も、自分に迫る危険を察知していたように見えましたが?林が捕まったら大変だ!


そして、このナオミとカナコのもう一つの見どころ~コメディ部分では、またしても李朱美のひとり舞台でしたね~


今回も朱美はそのやり手ブリをこんな会話で示してくれます。朱美はナオミに、日本人の得意先への贈答品選びを手伝ってほしい、また、日本人向けに輸入した中国食材があるからその味見をしてほしいと頼んできます


達郎殺しのことで頭がいっぱいのナオミは、熱があってしんどいからと遠回りに断ろうとしますが、そんな社交辞令は朱美に通用しません


チョードヨカッタ。風邪にヨクキク漢方薬アルのコトですネ朱美の独壇場です♪


ナオミが風邪じゃなくてストレスだと答えたから大変です


ナラゼヒ来ナサイ。ワタシに会えば、ストレス吹っ飛ぶネ!!


実際に会ってからも可笑しかった。朱美は、ナオミに林と会ったのか、もう「告ったのコトですかと聞いてきます。そんなんじゃないとナオミがいくら言っても聞いてません


アナタとケッコンできたら、林さん、ラッキーネ。パスポートもモテるネ。ワタシ、仲人しますネ


その後ナオミは、朱美は躊躇したり迷ったりすることはないのか、と尋ねます。確かに聞いてみたいですよね。


すると朱美は、それこそ躊躇することなく、キッパリこう答えました


トウゼン。生きるのはセンタクの繰り返しネ。マヨウこと一杯あるネ。(決め手は)自分のトク(得)ナルかどうかデス。自分のトク、ナルならヤル。ソン、ナルならヤラナイ。(カンタンなコトネ


また、ナオミが達郎の死体を埋める場所を物色に行くために朱美から車を借りようとした時のあの言葉もサイコーでしたね


どうせボロだから(ぶつけても)カマワナイ。もうアチコチへこんでる。ニホンジン、クルマにシンケイシツ過ぎる。ミンナしてピカピカに磨いて。クルマミガク前に、ジブンミガクべきネ


(林とドライブするなら)イイトコ教える。とてもラブホに見えないラブホアルのコトですネ。(行くんかい!) 回数券ツカエテおトクね


(友人とドライブと聞いて)DVのヒト?ササトコロシテシマイナサイ


ナオミが否定する様子から、朱美は既に何もかも分かっているようでしたね。来週は、ナオミが車にスコップを忘れていったらしく?


あ~いったいどうなるのでしょうね~。殺人が悪いことだとは百も承知ですが、もう殴られたくない、自分も思うように生きてみたいと語ったカナコの願いが叶ってほしいと思わずにいられませんナオミとカナコは、続きもとっても楽しみですねナオミとカナコが面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.