このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ミセン-未生-
 社会派

ミセン-未生- あらすじと感想 第3話 五里霧中

ミセン-未生-のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ミセン-未生-のあらすじと登場人物


イム・シワンさん主演の韓国社会派ドラマ、【ミセン-未生-】の3話はまた何とも切なかったですね~。具体的な試練に立ち向かうなら頑張ればよいだけだけれど、どうしてよいか分からない、その指標すら見えないとなると、これほど辛いことはありません。以下簡単なネタバレのあらすじですミセンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


塩辛まみれの生臭い恰好で居酒屋の前に現れたグレでしたが、オ課長ことサンシクには、特に言い訳めいたことは言わず、ただ報告に来ただけだ、これから戻って、ファイル整理を仕上げるとだけ告げました。


グレの姿に驚いたサンシクは、もう家に帰って休めと命じましたが、グレは聞かずに会社に戻って再度作業に取り掛かります。自分が考える理想の分類と、サンシクの求めるそれには、必ず合致する方法があるはずだと考えたのです


徹夜で仕上げたその分類は、ドンシク曰く、かなり優れたものだったようですし、サンシクもまたグレのやる気は認めてくれたようなのに、それでも「落下傘(コネ入社)」だからそう長続きはしないと、鼻から決めてかかられているのがつらいところです


しかも、グレを連れて来たのがチェ・ヨンフ(イ・ギョンヨン)という専務理事だったことが判明すると、サンシクの態度はますます頑ななものに変わってしまいます(あれはもう意地悪の範囲かも)。話の内容から妄想するに、どうやらこのチェ専務はサンシクのことを良く思っていないらしく、嫌がらせのために、もしくはサンシクを見張るために、グレを送りこんだのではないか、と考えたようなのです


グレの(今の)無能さから見て後者は無いだろうと踏んだサンシクは、それからはもう徹底してグレを無視し始めました。せっかくドンシクがグレのできる仕事を見つけて頼んでくれても、それすらやらせるなと取り返します。イ・ソンミンさんは大好きですが、こうした意地の悪い役をやらせたら天下一品で憎たらしいのでござる


ドンシクからは、会社は何事も「共同作業」だと教えられてますます落ち込むグレです。グレは何せいつも一人で戦ってきたため、誰かと力を合わせるなど、まさに未知の世界なのです


その上、インターンには「ペア」を組んでのプレゼンが課せられているそうです。途中参加のグレにとっては、内容以前にそのパートナーを探すことが大きな試練となってしまうかに思われました


が、なぜか、皆がいきなりグレにちやほやし始めます。最初は、グレが専務のコネだから機嫌を取ってきたのだろうかとも思いましたが、そうではなく、万が一失敗した時のための予防線だということのようです。ドンシクはこれを

「爆弾

と称し、皆が、自分より格下のグレをパートナーにしようとしているから安易に引っかからないようにとグレに注意を促しました。


そのグレはちょうど、アン・ヨンイがグレをパートナーに選んでくれたのを喜んでいたところだったので、ますますショックを受けてしまいます。ヨンイもまた、自分を認めてくれたわけではなかったのだ、と


昔から、会社員や学生たちが皆、同じ方向に向かって歩いているが、自分だけは彼らに向かって逆の方向に歩いていることに違和感を覚えていたグレが、皆と同じになるにはどうすればいいのか教えてほしい!と屋上で叫んでいた姿が何とも痛ましかったですね。人と違うことは決して悪いことではなく、むしろ大きな利点(強味)にもなり得ますのに。


そこへまた、皆よりかなり年上だというキム・ソッコがやらかした失敗が、グレのものだと勘ちがいされてしまい?!


まさに今、霧の中を手探り状態のグレが、どうやってその霧を抜け出すのかその日が待ち遠しいですね。ミセン-未生-は続きもとっても楽しみです


ミセン -未生- DVD-BOX1ミセン -未生- DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はミセン-未生-のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

ううう...
はじめまして。
本当にこの3話まで一条の光も差さずに、
暗闇の中の手探り状態が続き息苦しいですね( ;´Д`)
未生、評判がいいのとチャングレ役のイム シワンさんがカワイイので何とか見続けていますが...精神的にかなりツラいです(>_<)
しんどいですね(;´・ω・)
Yukarinさん、はじめまして^^。

本当にしんどい回でしたね~。

来週辺りからなんとか挽回してくれるとよいですね( `ー´)ノ。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング