このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ワンス・アポン・ア・タイム3(Once Upon A Time S3)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

ワンス・アポン・ア・タイム3 あらすじ 第15話 頭の中の声

ワンス・アポン・ア・タイム3のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ワンス・アポン・ア・タイム3 あらすじ(ネタバレ)と登場人物、キャスト


ワンス・アポン・ア・タイム3】の第15話は「頭の中の声」(Quiet Minds~穏やかな心)です。これまた何とも切なく悲しいエピソードでした。ルンペルが生きててくれていたのは嬉しかったけれど、その代償がこれだったとは!以下早速ネタバレですワンス・アポン・ア・タイム3のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ルンペルを救ったのは、ニール(ベルファイア)でした。ニールは、呪いの後もエマやヘンリーたちを恋しがり、家族に会うには父ルンペル=闇の王の力が必要だと考えて、ベルと一緒にルンペルを捜しに出かけたのだそうです


そこで出会ったのが「ルミエール」(Lumière=光、演じているのはHenri Lubatti)でした。ルミエールは元々「美女と野獣」に登場するロウソクのキャラクターです


ベルが、ルンペルが自分のために作ってくれた図書室に行ってルンペルを蘇らせる方法を探そうとしたところ、それまで1度も見たことが無かった燭台が現れ、そこに赤々と灯るロウソク=ルミエールがとうとうと語り始めます。ルミエールが言うには、自分をこんな風にしたのは他ならぬルンペルなのだそうです。ベルが助けを求めると、ルミエールはキッパリそれを断りました


Why should I help resurrect the man who put me in this wax prison?
なぜ私が、私をこのような「蠟の牢」に閉じ込めた男を蘇らせる手伝いなどしなくてはならんのだ?


拒絶するルミエールにベルは、ルンペルは昔のルンペルではない、きっとあなたのことも人間の姿に戻してくれるはずだと訴えました。The Rumplestiltskin you knew may have seemed cold and hard, but he's changed since then.


この「ベル」もまた「美女と野獣」からのキャラクター(主役)であり、「美女と野獣」では、このルミエールが、ベルが最も喜ぶであろう「図書室」を用意してくれています。だからここで、ルミエールがベルの言葉に耳を貸すのは決して不自然ではないのです


ベルの懇願に負けたルミエールは、本棚の奥深くにしまってあった太くて大きな本の在りかを教えました。ベルはその中から大きな鍵を見つけ出します。それこそが、


「a key to the vault of the Dark One
(闇の王が眠る地下墓地の鍵)


だったのだそうです。


ベルとニールは早速その地に向かい、首尾よく墓地を見つけてその扉を開きますが、これが大きな「代償」を欲していたことが後に明らかになります。「命」を蘇らせるためにはもう1つの「命」が必要だったのです~つまり、鍵を開けたニール自身の命です


このシナリオを描き、ルミエールに命じて「鍵の在りか」をニールたちに教えた人間こそ、ゼリーナでした。ゼリーナもまたルンペルを蘇らせて、自分の手下にしようとしていたのです。


~ゼリーナがルミエールに、言う通りにしないと封蝋にしてやる「you shall do it unless you desire being the wax seal on an envelope」と脅していたのには大笑いでした


途中で語るに落ちたルミエールはベルの追及に負けてゼリーナの悪巧みを告白しますが、ニールは、たとえ何を失っても今すぐ家族に会いたいと望み、ついにルンペルを蘇らせてしまいます。そしてその代償に、ニールの命がまさに風前の灯火となりました


が、ルンペルは必死でニールを救おうとします。ルンペルはなんと、ニールを自分の中に取り込んだのだそうです。それで何とかニールの命を保っていたのですね。だから、ニールが現れた時はルンペルは出現できず、その逆も然りだったのでしょう


現在のストーリーブルックでこの「代償」に気づいたベルが、早速エマに事情を話すと、それを聞いたニールがエマに魔法でルンペルを引き出すよう命じました。黒幕を知っているのはルンペルだけだからです。ニールの中から現れたルンペルは、黒幕がゼリーナであることを明かします。


その後、ニールとルンペルが最後の別れをするシーンは実に感動的でしたルンペルが可哀想だった(;´・ω・)


Thank you, papa, for showing me what it is to make a true sacrifice. It's about saving the ones that you love. It's my turn now.
ありがとうパパ。自分を犠牲にすることがどんなことかを教えてくれて。愛する者を救うことを教えてくれて。今度は俺の番だ。


現在のストーリーブルックに現れたニールが、たとえほんのひと時でもエマとともに過ごすことができ、記憶が戻らないヘンリーにも、自分はふたりを捨てたろくでなしなどではなかったと伝えてほしいと言えたのは何よりでした。エマはその言葉通り、ヘンリーにこう伝えています


He was a good man, and he would have been a great father. There's one thing I need you to know about him he was a hero.
あんたのお父さんは良い人だったし偉大な父親だった。彼はヒーローだったんだよ


あのフックでさえ昔を思い出して、ニールはフックが可愛がった子どもだったのだから、エマを巡って争うのは止めると決めてくれたばかりだったのに、何とも気の毒なことになってしまいました。ルンペルは何せ闇の王なのであのまま死ぬことはないと固く信じていましたが、ニールはどこまでも人間みたいですから、このままお別れなのでしょうね~きっと


せめていつか、エマとニールの愛の産物(born out of true love)だというあのネックレスが、ヘンリーの記憶を取り戻すよすがとなってくれるとよいのですが


魔法の森では、ルミエールがゼリーナを裏切ってベルを逃がしてくれましたが、そこに留まっていたルンペル(+ニール)は、ルミエールの蠟攻めから逃れたゼリーナが、牢に閉じ込めることになったのですね~きっと。となると気になるのはやはり、フックにメッセージを送った人物でござるね。そのうち明らかになるのでしょうけど。


またストーリーブルックでは、レジーナが「西の魔女」捜しをしていた際、ロビンフッドに再会します


1年前の記憶が無いため、これが初対面だと思い込んでいたふたりですが、またしてもすぐに意気投合したのは、どうやらふたりが互いの「運命の人」だからのようです。なんとロビンフッドの腕には「ライオンの刺青」(the lion tattoo)があったのです。そう、ロビンこそ、以前ティンク(グリーン)がレジーナに紹介しようとした男性だったのです! (cf S3#3 ある妖精のお話


いやいや本当によくできてますね~。ここはレジーナのためにも大喜びでした。ロビンにはローランドという幼い子供もおりますからね


また、西の魔女がゼリーナだと知ったエマとデヴィッドは早速メアリーのもとに駆けつけますが、ゼリーナは既に逃げてしまった後でした。あそこでゼリーナがメアリーに飲ませたオレンジジュースは大丈夫だったんかな


さて、ワンス・アポン・ア・タイム3も残すところあと7話となったところで、終了後、4月6日からも引き続きワンス・アポン・ア・タイム4の放送が決定したそうです(先週お知らせするのを忘れました)。という訳で、当分&タップリ楽しめそうで嬉しい限りでござりまするね。とりあえずは来週の放送が待たれるところでござりまするワンス3が楽しみ(^◇^)


~ワンス・アポン・ア・タイム1、ワンス・アポン・ア・タイム2のレビューはこちら: シーズン1シーズン2


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はワンス・アポン・ア・タイム3(Once Upon A Time S3)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング