2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

デビアスなメイドたちのあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけますデビアスなメイドたち あらすじと登場人物一覧


デビアスなメイドたち2】(Devious Maids S2)の第7話は「裏切り」(Betrayal)です。これは、ニックのオーパルに対するそれを指すのでしょうか。それがあの結果につながったと!?デビアスなメイドたち2のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


以下早速ネタバレですオーパルが怖すぎ(;´・ω・)


今回はダリアの死の真相が明らかになりました。マリソルたちの推測通り、やはりダリアとオーパルは恋人同士だったらしいのですが、ダリアの方は真剣ではなく、ニックとの結婚生活が嫌で始めた火遊びだったらしい


You mean nothing to me. You were an experiment something I did to relieve the boredom of being married to him.
あんたなんか私にとって何でもない。あの男と結婚して退屈だったから、単なる実験だった。


第1話のあの状況で、ダリアが警察に出頭すると出て行ったのを止めようとしたオーパルをダリアがこう口汚く罵ったため、怒ったオーパルがダリアを川から突き落として殺してしまったのだそうです


つまり、オーパルとニックは、それぞれの殺人の証拠を握っている=互いに脅し合っているという訳ですね。


今回マリソルはニックに、オーパルとダリアの関係を知ったと迫り、オーパルを家から追い出すよう促しましたが、ニックはなかなかこれに応じようとせず、あろうことか、自分達が今いる家を出ようとさえしました。これに怒ったマリソルが最後通告を突き付けると、ついにニックはオーパルに出ていくよう言い渡します。


この「裏切り」が許せなかったオーパルは、なんと、ニックを車で轢いてしまいます!?まあ簡単には死なんでしょうが、それにしてもオーパルは怖い人間ですね~。マリソルが、オーパルから勧められたコーヒーを飲まずに捨てたのは正解でしたね


さて次はゾイラです。新しいBFのハビエルとすっかり打ち解けたゾイラは、ハビエルの家の汚れが気になってならないようです。同じメイドのプロとして、こんな手抜きは許せないというのです。ゾイラはハビエルに、メイドにはもっと厳しく接するべきだと助言しますが、その後、そのメイド=コンセプシオン(CC Castillo)が、カルメンとロージーの友人だったことが判明します。


Javier used to be such a nice boss, but then la princesa filled his head with lies.
ハビエルは優しいボスだったのに、新しいGFが彼に嘘を吹き込んだ


princesa=お姫様扱いされるのは悪くないけど、同じメイド同士、意地悪されたと言われるのは心外ですよね。歯に衣着せぬカルメンは

「She's a real bitch」「We'll pray for God to punish that girlfriend
(ホントに嫌な女)(神様が罰してくれるよう祈っておくわ)

なんて言ってましたしDon't do that. God is so busy!ゾイラ、たじたじ(^◇^)(ダメよ、神様はお忙しいんだから)


しかもハビエルは急に強気に出たらしく、明日までに家じゅうピカピカにしなかったらコンセプシオンをクビにすると言い渡したらしいのだけれど、コンセプシオンは、今にも死にそうな祖母に会いに行く予定だったのだとか。


人の好いゾイラは、仕方なく自分がハビエルの家を掃除をすることにしました。隅々までキレイになった家の中を見たハビエルは、これまでの手抜きに腹を立て、やはりコンセプシオンを解雇すると息巻きます


驚いたゾイラが真相を打ち明けると、ハビエルはますますゾイラを愛しく思ってくれたようです。ハビエルはゾイラを「prickly pear(ウチワサボテン)」に譬え、見た目はとげとげだけど中身は柔らくて甘いと大絶賛したのです


You like to come off tough and unforgiving, but you have a compassionate, caring heart. And that extraordinary combination turns me on.
タフで容赦ないように見えて、実は思いやりに満ち溢れて情け深い。その絶妙な組み合わせにそそられるよ


確かに、意外性のある人間は実に魅力的どすな


お次は、こちらもまたある意味意外性のあるロージーに参りましょうか。


今回ロージーは、レジーと食事をしていたところをスペンスに見られてしまいます。そこでロージーは、スペンスは元雇い主、レジーは移民の弁護士だと紹介しますが、レジーはその言い方からロージーの心を察し、スペンスが元カレだと気づいてしまいます。


しかもスペンスは、あの時の言葉はペリに脅されていたからで本心ではない、今でもロージーを愛していると言ってきます


ふたりの男の間で揺れていたロージーですが、ここはレジーにうまく騙されてしまいました。レジーはスペンスに「同じ女と付き合うふたりは兄弟だなどと言ってスペンスを怒らせ、自分を殴ったところを動画に撮ってネットに流出させたのです。その上でロージーには、スペンスが卑劣なことを言ったとまで嘘をつきます


すっかり騙されたロージーは、早速スペンスに電話をして金輪際会わないと言い放ったそうです。スペンスは~今まで放っておいたのですから~自業自得とも言えるでしょうが、問題はレジーの人柄ですよね。このままではロージーが心配です


こうしてロージーに振られたスペンスを慰めたのはカルメンです。そこはいかにもカルメンらしく、同性の友人のようなつもりでスペンスをハグしたのですが、これを見たタイは、ふたりが付き合っていると思い込んでしまったらしかったから大変です。タイは前回のコンサート以来、すっかりカルメンに恋い焦がれてしまい3000ドルもする革ジャンをプレゼントしてきたほどなのです。


カルメンは、確かに革ジャンには目がくらんだものの、さすがにティーンエイジャーと付き合う気はないらしく、スペンスに命じられるまま、革ジャンも(泣く泣く)返し、自分には有名人の恋人がいるから付き合えないと嘘をついたばかりだったのですがタイ、どうする?


一方、エヴリンは、トニーとの仲をヴァレンティナに知られてしまい、すっかり軽蔑されてしまいます。が、ヴァレンティナもさすがにエヴリンの不貞を直接咎めるわけにはいかなかったらしく、入院中のエイドリアンを退院させてしまいました。そもそも、入院するほどの症状ではなかったのですものね


また、そのヴァレンティナのことが気にかかってならないレミは、ゾイラから、イーサンを悪く言うのではなく、自分の良さを思い出させるようアドバイスされ、二人のコンゴでの思い出の「夕日の写真をヴァレンティナに贈ったようです。これにはヴァレンティナも心を揺らしていたようです


とまあ、今回はこれぐらいだったでしょうか。


デビアスなメイドたち2は続きもとっても楽しみですねデビアスなメイドたち2が面白い(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.