このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

真田丸
 NHK大河ドラマ

真田丸 あらすじと感想 第5話 窮地~力任せの伊賀越えに大笑い

真田丸のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 真田丸 あらすじと感想一覧


NHK大河ドラマ、真田丸の第5話は「窮地」です。これまた実に面白かったですね~。以前、この「真田丸」はよくできたミステリーだと申し上げましたが、よくできた「コメディ」でもありますね。特に、後には

「神君伊賀越え」

として有名な家康たちの逃亡劇には、お腹を抱えて大笑いでした真田丸のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。以前の軍師官兵衛でもちょっとだけ扱われていて、その際も、もう少し見たいな~と思ったものだったので、今回は大満足でした


以下簡単なネタバレのあらすじです


今回の見どころは、大ばくちを打ってようやく血路を見出したにも関わらず、ほんの数日で再び窮地に陥った昌幸の逡巡、同様に窮地に陥った家康の、見事なまでにすばやい決断と実行力でした。まずは前者から見てまいりましょうか家康の内田聖陽がええわ~( *´艸`)


光秀からの使い(まいど豊)により、信長が光秀に討たれたことを知った昌幸は、さすがに平静ではいられません真田昌幸は小国に生まれた悲劇の人やね。高梨内記は、この機に、信長に奪われた沼田と岩櫃を取り戻そうと意気込みますが、事はそう単純ではありません


内記が、いかにも真田らしい回転扉を使って退出した後、本当に誰もいなくなったのかを源三郎に確認させた上で

「チキショーっ!!真田丸が面白い(^^)/

と言わずにいられない昌幸の気持ち、わかりますよね~。何せ「本能寺の変」は、娘のまつを安土に行かせた翌日の出来事だったというのですから。もしかしたら、三谷さんはこの時の昌幸、ひいては真田の無念が書きたくてこのドラマを書き始めたのではないかと思ったほどです


頭まで下げて、馬までやって、ようやっとこれで落ち着けると思ったのにっ!!何で死んでしまうかのう、信長めっ!!あの男に賭けたわしの身はどうなる?これも三谷さんの本音かな


忠義者の源三郎は、たとえ信長が倒れようと、一旦織田についたからには、織田に忠誠を尽くすべきだと主張しますが、昌幸は「忠誠」より「真田が生き残る道」を模索せねばなりません。


源三郎が、父の本心を問いただした時、

「まったく分からん

と叫んだその言葉こそ、昌幸の本心だったに違いありません。この父と息子の大いなるズレがまた実に可笑しくもあり、後々の彼らの行動を予感させるのがまた実に上手いですよね


結局、昌幸は光秀も織田にも付かず、上杉景勝(遠藤憲一)を頼ることにしました。既に弟の信伊を上杉に使いにやり、保護を願い出ていたそうです。


昌幸はそれだけにとどまらず、この機に一気に織田勢を葬ろうと誘ったらしいのですが、義に厚い上杉は、きっぱりこれを断りました。今弱っている織田を討つのは義に反する、と。前回、名前だけ登場した直江兼続(村上新悟)も姿を見せていました。


そんな上杉だからこそ真田を受け入れてくれたというのに、昌幸は、上杉には織田と戦う余裕が無いと解釈したようですね


ここで、鍵を握ると思われた織田の重臣、滝川一益(段田安則)が、いまだにこの事件を知らないというのがまた何ともお粗末な話でした。昌幸を呼び出した一益は、しばらく休みを取りたいから、良い湯治場を知らぬかなどと呑気なものです。ここで「草津」の名が出たのでちとググってみたところ、草津温泉が全国的に知られるようになったのはちょうどこの頃~戦国時代なのだそうです


まもなくこの日の本から戦が無くなる。比類なき力を持てば戦そのものが無用となる


その一益の言葉からは、信長こそ平和を愛する人物だったという解釈がうかがえます。一益からそう聞かされた昌幸は、愚かなことをしたものだ、と光秀の所業を責めました。


一方、安土で異変を感じ取った源次郎はすぐに京へ向かいましたが、その隙に、人質のまつが生き残りの織田勢にさらわれてしまいます。信長の死を知って急ぎ舞い戻ってきた源次郎は、家来の矢沢三十郎(迫田孝也)や議兄の茂誠とともに早速まつを救い出そうとしますが、まつは、他にも人質がたくさんいるから、ひとりでは逃げぬと言い張ります


源次郎は仕方なく、そのたくさんの人質を連れて逃げ出す方法を考えました。庭にあった井戸が怪しい~中にタヌキがいた~と睨んでいた源次郎がその中を見聞すると、思った通り、そこは外へ通じる抜け道だったことが判明します。そこを通って何とか皆で外に逃げ出したまでは良かったのですが、予告を見る限りでは、その後何者かに捕まってしまうようです


さて、次はお待ちかねの伊賀越えに参りましょうか


家康が本能寺の変を知ったのは、ちょうど堺見物を終えた足で信長を訪ねていく道すがらだったそうで、穴山梅雪も一緒だったそうです。


それが本当なら一刻も早く逃げねばならぬが、もし万が一信長が生きていたら、自分の裏切りを決して許さないだろうと、一旦は本能寺へ向かおうとした家康ですが、同行していた本多忠勝から、あの慎重な光秀が打ち損じるわけがないと説得されると、一変&即刻、逃げ道を模索し始めます。


堺に戻って船で三河へという案は、紀州灘に出没する海賊を案じて却下され、北へ向かって琵琶湖沿いから東山道に出る案も、そこは明智の領地だからもってのほかだと切り捨てられます。まさに窮地に陥った家康はついに、伊賀を抜けていく方法を思いつきます


梅雪は、奥深い山道を越えるなどとんでもないと反対しますが、だからこそ光秀の意表をついて逃げることができるのではないか、という忠勝の鶴の一声で決まり、一行は早速伊賀越えに取り掛かります。も~ここからがまた苦難苦難の連続でした


普通に山を越えるだけでも大変な道のりだったため、梅雪は途中でさっさと袂を分かち、それゆえ、木津川近くの林の中で落ち武者狩りに遭ってあっけなく殺されてしまったそうです。腰が痛いから山道はキツイと言いだした梅雪に、いかにもこれが今生の別れだと言わんばかりの家康の顔がまた笑えましたね~


その家康にはその後、心強い味方が現れます。それが服部半蔵(浜谷健司)ですこれが全然当てにならんの( *´艸`)


伊賀はわが故郷にございます。道筋は既に手の者に命じて「ほぼ≠すべて」押さえ申した。拙者にお任せあれ。こちらへ!!私にお任せください!


真田の佐助と言い半蔵と言い、忍びの者が大活躍です


家康がそんな半蔵を「頼もしく思ったのもつかの間、その考えが甘かったことが、直に判明します。なんと半蔵はその後もほとんど無計画のまま、ただ力任せに

「押し通って力づくで強行突破~お前はスタローンか

行ったのです。拙者に続かれませっ!!


落ち武者狩りに遭っても、ものすごい崖を下るのも、明智の兵の中を突破するのも、すべて

「全力で押しとおりまする!服部半蔵サイコー!

には参りましたね~途中から半蔵がシルヴェスター・スタローンに見えました。そう言われた時の家康のあの絶望的な顔ったらありませんでした~またか生きて帰れるだろうか?(;´・ω・)


文字通り命からがら逃げ帰ってきた家康が、阿茶局の膝にへたり込んだのには大爆笑でしたここは実に面白かった


その他細かい所では、これまでもそうかな~な雰囲気は漂わせておりましたが、やはり、きりも梅に負けず劣らず、源次郎のことを慕っていたことが明らかになりました。この度きりは、内記が自分を源次郎に嫁がせようと画策しているのを知って、思わずニンマリしていました。きりは、源次郎が梅を好きなことを知っていたので、何もできずにいたのでしょうね。


いやいや、ミステリーからコメディー、ロマンス、そしてもちろん歴史までタップリ堪能できる「真田丸」は実に贅沢なドラマでござりまするね。続きもとぉ~っても楽しみです


NHK大河ドラマ「真田丸」完全ガイドブック (東京ニュースムック)
とりあえずはこれから眺めてみますか


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は真田丸のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング