このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ナオミとカナコ
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

ナオミとカナコ あらすじと感想 第5話 殺害計画完遂!?

奥田英朗氏原作のサスペンスドラマ、【ナオミとカナコ】は5話もとぉ~っても面白かったですね~。日本のサスペンスドラマを見てこんなにハラハラさせられたのは本当に久しぶりです。以下簡単なネタバレのあらすじですナオミとカナコのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ナオミとカナコがいざ、達郎の首に回したロープを左右から引こうとしたその瞬間、達郎の携帯が鳴り始めました。どうやら陽子からのようです


達郎がこれで目を覚ましてしまったため、ナオミは驚いてロープを落としてしまうのですけれど、カナコが檄を飛ばしました。ナオミっ!!


渾身の力を込めてロープを引く二人。必死でもがく達郎。その間もずっと携帯が鳴っています緊迫の時間


しばらくして達郎がぐったりと動かなくなると、ナオミはまたしても気を抜いてしまいましたが、カナコはまだ駄目だと怒鳴りつけます。これも打ち合わせ通りなのですが、ナオミはすっかり動転してしまっているのです。


ようやく「絞殺」が完了した後も、主導権を握っていたのはカナコでした。達郎の遺体をバッグに入れるのも、その際脚を折り曲げるのにも、死後硬直が始まらないうちに、と即脚を曲げて、ビニールテープを持ってくるから脚を抑えておくよう命じたのも、すべてカナコだったというところがまた実に頼もしかったですよね


最初に達郎殺害を言いだしたのはナオミですし、ずっと積極的だったのもナオミだったけれど、ナオミは、本当に人の命を奪うということがどういうことなのかよく分かっていなかった、現実問題として捉えていなかったのに対し、なかなか踏み切れなかったカナコの方が、その覚悟のほどが固かったということなのでしょう


遺体を積み込んだ車を運転しながら、ナオミがカナコを誤解していた~見直したと打ち明けると、カナコは自分を変えてくれたのはナオミだと答えます。カナコは、達郎の暴力を受けている間ずっと「心の中の避難所」に逃げ込んでいたのだそうです。今の人生は仮の物だと現実逃避していたのだそう。でも、ナオミのおかげでようやく「普通の生活」を取り戻したいと思えるようになったのだというのです


不幸のどん底にいる時は、あと一歩が踏み出せない前に進む勇気が出ないばかりに、何もかも面倒になってずっと泥沼から出られなくなることも決して少なくありません。そんな時、本当に親身になってくれる友人や家族がいてくれることがどれほどありがたいことなのか、殺人ということはさておき、ここはしみじみそんな風に思ってしまいましたカナコにとってそれがナオミ


その後二人は計画通り三国峠へ行って、達郎の遺体を埋めました。そこでようやくナオミは、自分のしたことに責任を持ちたいと達郎の顔を直視しますが、やはり見るのではなかったとしきりに後悔してしまします


結局はここでもまたカナコが踏ん張ってくれました。ナオミはバッグごと埋めようなどと言い出したのを、腐敗が遅れるからダメだと却下し、何とか遺体を引っ張り出して、それでもパジャマは着せたままで埋葬しました。本来なら、殺した直後に脱がせて来ればよかったのでしょうし、そのための「訓練」だったのに、やはり細かいところまでは気づかないものなのですね~


何とかマンションに戻ってきたふたりの長靴や車は泥だらけでした。が、ふたりはそんなことを気にする余裕もなく、朝までただ黙ってへたり込んでいたようです。が、朝が来るとまたカナコは精力的に動き始めました。サンドウィッチ、作っておいたの、食べる?


美味しそうなカツサンドにナオミは思わず苦笑い。カナコが「勝」とゲンを担いだのが分かったからです。それでもいざ食べてみれば、ナオミにとってもそのカツサンドは美味だったようです


こうして元気を取り戻したふたりは、林と待ち合わせをしていた場所へ行き、林にATMで100万円を降ろさせました。ふたりが揃ってマンションを出る姿は、以前ゴルフバッグにも気づかれた管理人に目撃されてしまっています。あ~駐車場の泥は片づけたんかな~とここはひとりでヤキモキしてしまいました泥が気になるわ~(;´・ω・)


その後3人は一緒に成田まで行き、最後の打ち合わせをしました。林は報酬の200万を受け取り、達郎の携帯電話を渡されます。


上海まで持っていったら、SIMカードを抜いてパスポートと一緒に捨ててください。私たちは二度と会うことはありません。私たちのことは忘れてください


ナオミからそう言われた林は、カナコの顔を見ずにはいられません。このふたりにはほのかな恋が芽生えていたのでしょうね~きっと。カナコは最後に林に向かって「ありがとうございます」と声を掛け、林もまた「どういたしまして」と微笑みました。どうか美味しい紹興酒を作ってくださいね


カナコの呼びかけにハイと答えた林は深々と頭を下げて、出国ゲートへと歩を進めていきました。「普通」のありがたさを身に沁みて知っているこのふたりが、普通に幸せになれたらどんなにか良かったですのにね


そんな感傷もつかの間、ふたりは食事に行って祝杯をあげ、翌日もまた外で美味しい物を食べながら、この計画の総仕上げを確認しました


月曜の9時を過ぎれば、達郎の銀行から連絡が来るはずですから、まずはカナコがそれにうまく受け答えをしなければなりません。夫に失踪された妻の動揺をうまく演じなければならないのです。当日はナオミもまた職場で何度も時計を確認し、手塚からそれを指摘されていたほどでした


でもカナコはこの役を実に見事に演じ切ります。達郎は土曜から家に戻ってきていない、前にもあったことだから黙っていたと答えると、ことぶき銀行の同僚は、実家に電話をして聞いてみてくれと言いだしました。


そこまでは想定外だったものの、カナコは早速義母の恵津子に連絡すると、恵津子は大騒ぎしてしまいます。達郎が外泊なんて、無断欠勤なんてするはずないじゃないっ!!カナコを責める姑


カナコはそんな恵津子に、実家に連絡があるかもしれないから自宅で待機するよう促し、ことぶき銀行からの追及に備えました。銀行からは、山本という達郎の同僚と支店長の森崎がやってきます。カナコが早速達郎のパスポートとキャッシュカードが無くなっていると告げると、彼らは血相を変えてパソコンで口座の状況を調べ始めました


金曜と土曜に100万ずつの引き落としと、木曜には1千万の振り込みがあったとの報告にも、カナコはまったく覚えがないと答えます。サイトウジュンコという方からです。


そして山本はすぐに「サイトウジュンコ」は最近達郎が新規開拓した顧客だと気づきました。それにキャッシュカードの暗証番号も、達郎が知っているかどうかを確認してきます。ええ、名義は私ですが、口座を開設したのは主人ですから


これで、予定通り、達郎には横領と逃亡の容疑が掛けられ、その事実は恵津子のもとへも知らされました。恵津子は早速陽子に連絡したらしいですが、陽子は確信ありげにこう答えます。達郎はそんなことしてないわ。するはずがないの


陽子からの留守電の内容からして、金曜の夜、達郎が「殺されるかもしれない」と打ち明けた相手はこの陽子だったらしいのですが、問題はその前にどんな会話を交わしていたのか、ということです。達郎はおそらく、誰が何のために達郎を殺そうとするのか、も告げていたに違いないからです。そしてそれは決してナオミとカナコの話ではない、おそらくは仕事関係の話に思えるのですが?


そして陽子はついにカナコのもとを訪ねてきました。さすがにカナコは動揺し、冷や汗を隠すことができません。ナオミを呼んで食事をしようと準備をしていたから尚更です。


あなた知っているんでしょう?達郎は殺されるって言ってたのよ!


一方ナオミはその頃、森崎と山本とともに斎藤順子の家を訪ねていました。そこでナオミは満を持して、口座を開設した当日は、達郎も同席しており、達郎はパソコンで投資信託の説明をしていた、と証言しました。が、肝心の斎藤が、服部達郎などという人物は知らないと言いだします


ここでドラマは終わってしまったので、またハラハラさせようという魂胆でしょうが、そうは問屋は降ろしません。それこそがナオミの狙いでもあるからです。きっとナオミはふたりに、斎藤順子は認知症を患っているということを明かすに違いありませんよね。でもって順子もまた、服部達郎は知らなくても

「お米と不燃物の人

なら思い出してくれるかもしれませんし


予告では陽子がナオミとカナコを呼び出していたようで、こちらはやはり心配です陽子は気づいたかもしれませんね。陽子はカナコの顔の痣も見ていたので、もしかしたら、DVへの報復だと感づいてしまうかもしれません達郎は出世する予定だったのかな?


また、お楽しみの朱美もまたなかなかイイ味を出していました。朱美はナオミを呼び出して

「トウトウヤリマシタネ

とニンマリ笑います。当然ナオミは、犯行を知られた、と仰天しますが、これは、朱美が美術品を扱うことにした、という意味だったのには大笑いです。しかも朱美はまたしてもナオミをヘッドハントしようとしていましたし、林が中国に帰ったことも知っていました。


「林サン、パスポートモテナイノニ、オカシイデスネ。ダーレ、テハイ、シタデスカネ


この時テレビで、30代の男の死体が山中から発見されたというニュースが流れたのにハッとして体をこわばらせていたナオミの様子も、朱美はシッカリ見逃しません。動揺しているナオミの横で煎餅を食べるのにも、無駄に「バリバリ音を立ててナオミを凝視している様子がまたたまりませんな。役者ばかりか音響効果(効果音)まで担当するとは、さすがにヤリテでゴザルネ~ナオミとカナコが面白い(^^)/


最初はこの李朱美に惹かれて見ておりましたが、今ではすっかりナオミとカナコを応援したい気持ちでいっぱいです。たとえ罪が発覚することになったとしても、是非情状酌量を!と今から願わずにはいられません。ナオミとカナコは続きもとぉ~っても楽しみです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はナオミとカナコのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング