2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

韓国ドラマ、【私はチャン・ボリ!】は昨日放送分=42話まで見終わりました。いや~ようやく反撃が始まってくれましたね~ここまで実に長かった。以下ネタバレの簡単なあらすじ感想文です


まず、前回以降をごくごく簡単にまとめると、ジェファがついにオクスと再会し、それに伴い、ジェファのボリへの誤解も溶けてふたりは再びラブラブになりました。オクスはボリをピスルチェに送りこみ、何とかイナの悪事を暴こうとします。その過程において、ようやくオクスはボリをウンビではないかと疑うまでになったようです


一方で、ボリがウンビであることに気づいたミンジョンは焦り、何としてもピスルチェの養女になろうと画策しました。これにまんまと騙されるイナとスボンがまた実に間が抜けてましたよね。なんとか念願の養女の座を手に入れたミンジョンは、ジェヒをも籠絡し、その婚約者になってしまいます


このふたりが共謀してジェファとボリを中傷したため、ジェファはボリを守るため、検事を辞めざるを得なくなりました。でもジェファは却ってサバサバしていたようです。


が、そんななりふり構わぬミンジョンの行動は、実母であるヘオクの心をも変えてしまいます。最初ヘオクは、ミンジョンの命じるまま、ボリを妨害していましたが、血のつながらないピダンや自分への献身に心を打たれ、ついにはボリを慈しむようになったのです。42話では、ボリの味方をしてミンジョンを追いつめる手伝いもしてくれました


と、あっさりまとめてしまえばこんな感じでござったが、ここまでくるには大分イライラさせられてしまいました私はチャン・ボリ!の感想です。もう、ミンジョンがどうとか言う以前の問題です。どうして皆こうも真実から目を背けようとするのかがまったく理解できんのですよね


誰も何も気づいていないというのならまだしも、オクスが、ボリがウンビなのでは?と疑ったのなら、その時点で即DNA鑑定を依頼すれば済むことなのです。何せジェファは検事だったのですからね~。それをよくぞまあここまで引き延ばしてくれた~ともはや感心するほどですわもたもたしてイライラする


そのDNA鑑定、どうやら、ようやくオクスが重すぎる腰を上げて行動に移したらしいのですが、それに気づいたヘオクは、すばやくボリの歯ブラシを自分が使ったそれとすり替えたのだそうです。オクスもピダンにボリの歯ブラシがどれかを確認した時点で、それを持って来なくちゃダメよね~


でも、これにはヘオクなりの考えがあったというのは頷けます。ヘオクは、

ボリの実母であるイナがとんでもない性悪

であることを知り、あんな女のもとにボリを返すぐらいなら、自分が大切にする、と覚悟を決めてのことだったらしいのです。さっさとボリに見せろ~とやはりこれもイライラさせられたオクスの持っていたウンビと一緒の家族写真も、ヘオクがひそかに処分してしまいました。この抜け目のなさは、さすがに昔は優等生だっただけのことはありますね


ボリに真実を告げることやピスルチェの後継者問題はさておき、この考えにはおばさんも大賛成です


大体、ミンジョンも憎たらしいけど、このイナほどひどい人間は他にいませんよね。イナはミンジョンの悪事を百も承知でミンジョンを利用しているのですもの。その様子を見たヘオクが怒るのも無理はありません


今回ミンジョンは、スミとオクス、そしてボリを失脚させるために、スミの作った韓服をすり替えるという悪事を働きましたが、それに気づいたボリは、

「母親なら娘の悪事を正すべき!」

と言ってヘオクを目覚めさせてくれます。ずっとボリへの罪悪感を抱いていたヘオクも、それでようやくボリの味方をしてくれました。ミンジョンに頼まれて(すり替えようの)韓服を渡した


ここでまたミンジョンが、呆れんばかりに浅はかな言い逃れをしようとするのが実にみっともないですよね~。これはイナにも言えることですが、このふたりは実によく似ていて=いつもその場限りで、自分で思っているほど賢くないのが、見ているこちらが気恥ずかしくなるほどです


しかもイナは、自分達を追いつめたボリが許せず、ヘオクの前でその頬を殴りつけてしまいます。殴られたボリは気の毒だったけど、ここはちょっぴり胸がス~っとしてしまいました。() 目の前にいるのがウンビとも知らず、口汚くこき下ろした上、いかにもエラソーにミンジョンを庇っていた姿が、実に滑稽だったからです


こんな図々しい恥知らずのイナですから~前にも同じことを言ったので繰り返しになって恐縮ですが、もし真実を知ったら、あっさり掌を返してミンジョンを切り捨て、ボリに泣いてすがるんだろうな~と蔑まずにいられません。だから、

私はチャン・ボリ!

なのでしょうね~きっと。ボリは決して、あんなイナの娘のウンビに戻りたくはないのですよイナ、サイテー!。でもチャン家には戻ってピスルチェを継ぐから「チャン・ボリ」なのです


そのボリの力になってくれるジェファは文句なしで頼もしくなってきましたね~。ピダンのことも娘のように可愛がってくれて、ドンフにも、

「女性への責任の取り方は、妻が死んで間もないのに愛人を家に引き入れた父さんから学んだ」

とキッパリ言い放ったのには大笑い


その愛人=ファヨンは、やはり、ジェファ母を死に追いやった張本人のようです。卵を買いに行ったジェファの母は、お腹の大きなファヨンを見ただけじゃなく、何かひどいことを言われたに違いありません。それで慌てて駆けだした(もしくはショックでぼんやりしてしまった)ため車に轢かれてしまったのは、もはや間違いないようです。自分が母を殺したと思い込んでいるジェファに、早くこの事を知らせてあげたいですね


また、ミンジョンのせいで両親を失ったジサンも実に頼もしいですね。ジサンはミンジョンの悪事を1つずつ暴き、娘のピダンを育ててくれたボリに恩返しをしようとしています。ピダンがまたジサンを他人とは思えず、惹かれているらしいのがまたなんとも健気で泣かされます


ミンジョンには容赦なく天罰を下した上で、ジサンとピダンが親子として暮らせるようにはならんものかしらん。ボリにとってもピダンは無くてはならない存在でしょうが、個人的にはジサンが気の毒でなりません


復讐ドラマとしては展開が遅くてイライラのさせられ通しですがホームドラマやコメディの部分=ほのぼのシーンはなかなか可愛くて気に入っています。カウルとユチョン、そしてネチョンとジョンランも楽しいですし


でもあと32話もあるのですね~いやいや先が思いやられまするね


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.