2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

忽那汐里さん&萩原健一さん主演のプレミアムドラマ、【鴨川食堂】の5話は「おじいちゃんのハンバーグ」です。先週録画が上手く録れてなくて、見たら途中からだったのには心の底からガッカリしてしまいました。再放送があって本当によかったです。以下簡単なネタバレのあらすじですkaeru


今回の「尋ね味」は「ハンバーグ」でした。依頼人は、有名なフードライターだという竹田佳奈(酒井美紀)、そのハンバーグを作ったのは実父の竹田で今も健在なのだとか


でもまずは、お定まりの食事から参りましょうか。今回はまた美しく駕籠に盛られていたのが、またいかにも美味しそうでしたね


海老芋の炊き合わせ、揚げた湯葉とほうれん草の合わせ、ぐじのお造り、海老と鱚にあられをまぶして揚げたんに伏見唐辛子を添えたもの、ウズラのつけ焼き、おろした大和芋のくちこ※乗せ(※ナマコの卵巣の塩漬け)


今回は佳奈がフードライターということで、写真を撮ったり録音をしたりした後、一口食べた感想まですぐに書き始めますが、右手で箸を持ったまま左手でスマホを打ち出したのは、器用ではあっても「エレガント」ではないと流が指摘したのには大賛成です。大体、元々が取材目的ならともかく、食事の場でパチパチやるのは、決して上品とは言えませんよね


それも、せっかくこいしが折り紙で作った秋桜の箸置きを、何もかもが一流だと聞いたから有名な焼き物でも使っていると思った、などという方なら、その辺のところをわきまえていても良さそうなのに


が、佳奈は、自分の父が口うるさい人間だったので、男性からあれこれ注意されるのは好きではないと抗議します。だったら、最低限のマナーをわきまえなさいikari、とおばさんなら言っちまいそう、ああ、そうそう、あそこに妙がいたら、そう言い返してくれたに違いありませんね


その上、最初の話に戻りますが、佳奈がハンバーグの味を探してほしいのも、それを美味しく食べたいからではなく、その味を否定したいからというのが頂けませんでした。佳奈は自分を厳しく育てた父に反抗していたのに、ほんのひと時預けた息子の勇介が、その父(祖父)の作ったハンバーグが、高級ステーキより美味しいと評価したことがどうにも我慢できないのだそうです。


混ぜ物をするような低俗なハンバーグが、高級ステーキに劣るはずがない!


誰が聞いても異常に思えたこの話は、どうやら過去に原因があったそうです


その昔、たくさん鮎を釣った父の竹田に、佳奈がそれほどたくさん食べないから逃がしてほしいと言うと、竹田は、釣ったからには美味しくいただくのが礼儀だと聞き入れなかったため、佳奈はこっそり鮎を逃がしてしまったことがあったそうです。その時竹田はひどく怒って佳奈を殴ったらしく、佳奈はそれ以来ずっとこれを恨みに思っていたのだそうです


流は早速、青森にある佳奈の実家で竹田が営む、なんと100年以上も歴史のある食堂へと向かいました。佳奈は、カレーやラーメンも出す大衆食堂だとけなしましたが、それとて鴨川食堂も同じですよね。何から何まで感じ悪いわ~だから録画が録れんかったんやろか、などと思ったほど


竹田の話によると、佳奈の夫は、忙しい佳奈に代わって、上京した竹田を迎えに来る途中で事故に遭って亡くなったのだそうです。佳奈はそれも、どうして上京などしたのか、と竹田を恨んでいたそうですが、これまた言いがかりも甚だしいと思うのはおばさんだけでございましょうか。自分が行けなかった事をまず、反省するのがフツーじゃありませんかね


そして実際、竹田が上京したのは、佳奈に昔のことを謝りたかったからだったということが判明します。竹田はそれがそんなことになってしまったことをひどく後悔し、100年続いた店も1年間閉めるほど悩んでいたのだそうです


が、孫を預けると言われて嬉しくなり、その孫に、心のこもったハンバーグを作って食べさせたのだとか。勇介がそのハンバーグを気に入ったのは、値段や格式じゃなく、流が指摘した通り、祖父の愛情がその手を通して伝わったからに違いありません。津軽そばのつなぎに大豆を使うというのも初耳でした


ようやく父の本心を知った佳奈は、これまでとは別人のような笑顔を浮かべ、レシピを受け取って帰っていきました


こいしはそんな佳奈を見て、佳奈は本当は父親が大好きだったに違いないと推理します。娘にとって父親とはようわからん人種やな、と


一方、例の横峯(豊原功補)も鴨川食堂に姿を現します。横峯は、流と窪山が横峯を逮捕した際一緒にいた、妻の悠子(いしのようこ)を必死に捜しているようでした。ふたりはかなり花言葉に詳しいようでしたが、流もそうらしいというのが、また何とも意味深です。あの妙もこの横峯のことを知っているようでしたし。


もしかしたら横峯と掬子がその昔恋仲だったのかななどとも思ったのですが、それよりも、掬子と悠子が実は姉妹という線もあるかもしれませんね。(あくまでも妄想です


また今回は浩が、こいしと八百屋の仲に嫉妬するという楽しいシーンも見られました。こいし曰く単なる先輩だったようで一安心ですね


鴨川食堂は次回もとっても楽しみです




~エンディングに流れるイラストと、カサリンチュが歌う主題歌「風」たいせつなひと(期間生産限定盤))がまた実にマッチしていて可愛いですね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.