2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

真田丸のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 真田丸 あらすじと感想一覧


NHK大河ドラマ、真田丸の第6話は「迷走」です。今回はまさにこのタイトル通りの展開でございましたね~。でもそれを言ったら、真田家、ひいては昌幸は、このドラマが始まってからず~っと迷走しているような気がしますがだからこそ、このテーマ曲がピッタリなんですよね~(褒めてます)。以下簡単なネタバレのあらすじです


まずは、心配されたまつと源次郎一行は、やはり明智兵に見つかって襲われてしまいました。茂誠と源次郎は、何とかしてまつを救おうとしましたが、まつは逃げきれぬと覚悟し、崖から川に飛び込んでしまいます


その後佐助が川に潜って捜したらしいのですが、まつの姿はついぞ見つからなかったそうです。茂誠は、せめてまつの側にいてやりたいと(自決を覚悟で)残ると言いだしますが、源次郎は、決して死んではならぬ、命あってこそだと引き留めました。どうやらまつは、どこかに流れ着いて百姓に助けられていたようなので、茂誠が早まったりしないことを願うばかりです


源次郎もまた三十郎にまつのことは諦めるよう促され、仕方なく真田の郷に戻ることにしました。その道すがら、森長可(谷田歩)の護衛をしていた出浦昌相に遭遇します。信長が明智に討たれるまでは信濃国衆を治めていた長可ですが、いざ敗戦の将となった途端、皆が彼を見捨てたというのに、昌相だけは彼を見捨てず、最後まで忠義を尽くしたのだそうです


ここで昌相は源次郎に「素波」(すっぱ~忍びの者)としての心得を説いて聞かせました


一度家臣になると決めたからには、最後まで筋を通すのがすっぱだ


源次郎が、戦乱の世でそのような生き方は難しいのではないかと尋ねると、昌相は、そのような時代だからこそ我らの流儀に価値があるのだと言いきります。昌相は武田のもとで甲州素波を統率したリーダーなのだそうです。そんな昌相ですから、これぞと見込んだ真田への忠誠も最後まで尽くすことは言うまでもありません


一方、真田の郷では、滝川一益から呼び出しがあり、昌幸はこれにどう対処するべきか、源三郎に意見を求めました。出浦昌相同様忠義深い源三郎は、再び、織田に加勢すべきだと訴えます。もう何度もそう申し上げておりまする!


ここで源三郎がこぼしていたように、昌幸はどのみち人の意見など(聞いても)聴かぬ男なのですが、そのような人間に限って、他人の意見を聞きながらでないと自分の意見がまとめられないという傾向があるのでござるよ


おまえは真っ直ぐな男だ


そうあらためて源三郎の姿勢に感心する風を見せた昌幸に、源三郎は、父上にそう育てられたと語っていたのが、また何とも皮肉でございましたね。源五郎、否、昌幸もまた、本心ではそうありたいと願っていたのでしょう。ただ、状況がそれを許さなかっただけで。


一益のもとを訪ねた昌幸は、信長が死んだのは初耳だと芝居しますが、一益はとっくにお見通しで、自分を裏切らない証に人質を差し出せと要求してきます。上杉や北条も心配だが、最も心配なのは国衆たち、中でも真田ほど信用できぬ人間はいないというのです。これまたもっともなご意見でござる


昌幸はこれを了承し、一益に明智を討つよう促しました。その上で、国衆たちの前で織田に与すると公言するも、室賀正武が早速反対します。室賀は北条に付くつもりでいたのです。この時の当主は北条氏直(細田善彦)ですが、実権を握っていたのは隠居したはずの氏政(高嶋政伸)です。


これで昌幸は前言を撤回して北条に付くと宣言しますが、本心はまだ決まっておらず、北条と滝川を天秤に掛けることにし、信伊に命じて氏政に、決して信濃を攻めぬよう約束させました。が、この氏政もまた昌幸同様相当の食わせ物で、そのような約束を守る男ではありません


~北条氏政に対するこれまでの印象は決して良い物ではないので、このドラマでそれがどう変わるのか(一層強まるのか)も楽しみです


その後、明智が羽柴秀吉に討たれたと聞くと、昌幸はまたしても、自分の読みが外れたことにショックを受けてしまいますわしが与する者は皆倒れる!。わしは疫病神か!?


源三郎はこれに対し「巡り合わせ」(仕方ない)と答えましたが、源次郎は別の視点から父の心を揺り動かします。源次郎は、真田の住む「信濃の郷」は日本国の真ん中に位置し、ここに生まれたことを誇りに思うと語ったのです。武田から織田に領主は変わっても、この信濃の景色が変わることは決してない


これで昌幸の腹が決まりました。織田も上杉も皆、この信濃がほしいのは、信濃が豊かで素晴らしい土地だからだ。今後は、この信濃に住むことを強みとし、大名たちと対等に渡り合う。この信濃を使って奴らを操ってみせる!もう奴らの顔色をうかがうのはごめんじゃ!


父の言葉に目を輝かせ、我が意を得たりと微笑む源次郎ですさすが父上!( `ー´)ノ。昌幸は、滝川と北条を戦わせている隙に、岩櫃と沼田の城、そしてその沼田城に人質に取られた母のとりたちを奪還するつもりなのです


いざ出陣じゃっ!!城とババ様を取り返す!


とりとともにきりを沼田に行かせた内記の声も高らかです。かしこまりました!!


息子たちよ、わしはどんな手を使っても真田を守り抜いてみせる!大ばくちの始まりじゃっ!!真田丸のネタバレです


いやいや実に楽しいですね~。この盛り上げ方がまた実に見事です


一方、先日の伊賀越えの疲れがまだ抜けぬという家康は、誰がどう動こうと知らぬ顔を決め込むつもりのようです。家康とは異なり、1日で疲れが抜けた、早く明智を討ちに行こうと誘いに来た本多忠勝のもどかしそうなことったらありませんでしたね。この忠勝と源三郎に共通点があるというのもまた心憎い布石でござる


また、姉のまつを死なせたと思い込んだ源次郎は、その苦しい胸の内を梅に打ち明けています。自分は兄より知恵者だから、その兄を助けるとうぬぼれていたのに、単なる役立たずの次男坊だったと嘆いたところ、梅は、源次郎が無事戻ってきてくれて嬉しいと慰めてくれます


おそらく源次郎は誰かにそう言ってほしかったものと思われまするが、先に相手をしたきりは、その意を素早く読み取って叱咤してしまったというのが、何とも気の毒でございましたね。きりは、誰よりも源次郎のことを理解しているが故に(強くなってほしくて)憎まれ口を聞いてしまうのですものきりが可哀想だ(;´・ω・)


来週は「奪回」だそうですよ~。真田丸は続きもとっても楽しみですね真田丸が面白い(^^)/


NHK大河ドラマ「真田丸」完全ガイドブック (東京ニュースムック)
とりあえずはこれから眺めてみますか


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.